斎藤孝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

斎藤 孝雄(さいとう たかお、1929年3月5日 - 2014年12月6日)は、日本の映画カメラマン、撮影監督

人物[編集]

  • 京都府出身。
  • 1945年に旧制巣鴨中学校卒業。
  • 1946年東宝に入社。撮影助手となる。
  • 1955年から1961年までチーフを務める。
  • 1962年黒澤明監督の映画『椿三十郎』で撮影監督としてデビューした。(黒澤作品には撮影助手として『素晴らしき日曜日』から参加している。Bキャメラ担当であった『用心棒』では「撮影」としてクレジットされたAキャメラ担当の宮川一夫の名前しか公式には出ていないが、使用されたフィルムは宮川一夫よりも斎藤孝雄撮影分の方が多い。)それ以後『まあだだよ』まで黒澤作品(『デルス・ウザーラ』を除く)には欠かせない撮影監督の1人であった。
  • 2014年12月6日、慢性リンパ球性白血病にて神奈川県座間市の病院にて死去[1]。85歳没。

代表作[編集]

関連人物[編集]

出典・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 斉藤孝雄氏死去 黒沢映画の撮影担当 日刊スポーツ 2014年12月8日閲覧