黒い雨 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒い雨』(くろいあめ)は、井伏鱒二の小説である。

概要[編集]

雑誌「新潮」で1965年1月号より同年9月号まで連載され[1]1966年に新潮社より刊行された。連載当初は『姪の結婚』という題名であったが、連載途中で『黒い雨』に改題された。1966年に第19回野間文芸賞を受賞した。

被爆者・重松静馬の『重松日記』と被爆軍医・岩竹博の『岩竹手記』を基にした作品であり、主人公の名前も重松静馬の名を基にしている[2]。『重松日記』は井伏の死後、2001年筑摩書房から刊行された。

あらすじ[編集]

広島市への原子爆弾投下より数年後の広島県東部、神石郡小畠村。閑間重松とシゲ子の夫妻は戦時中広島市内で被爆し、その後遺症で重労働をこなすことができない。養生のために散歩や魚釣りをすれば、口さがない村人から怠け者扱いされる。やるかたない重松は、村在住の被爆者仲間を説得し、の養殖を始めようとする。

一方で重松は、同居する姪・矢須子のことで頭を痛めていた。婚期を迎えた彼女だが、縁談が持ち上がるたびに被爆者であるという噂が立ち、縁遠いままなのである。昭和20年8月6日朝、重松は広島市内横川駅、シゲ子は市内千田町の自宅でそれぞれ被爆したものの、矢須子は社用で爆心地より遠く離れた場所におり、直接被爆はしていない。しかし、縁談が持ち上がるたびに「市内で勤労奉仕中、被爆した被爆者」とのデマが流れ、破談が繰り返されていた。そんな折、矢須子にまたとない良い縁談が持ち上がる。この話をぜひともまとめたい重松は、彼女に厳重な健康診断を受けさせた上、昭和20年8月当時の自身の日記を取り出して清書しようとする。矢須子が原爆炸裂時、広島市内とは別の場所にいた=被爆者ではないことを証明するためだった。

しかし実際には、矢須子は重松夫婦の安否を確かめるため船で広島市に向かう途中、瀬戸内海上で黒い雨を浴びていた。しかも再会した重松らと燃え上がる広島市内を逃げ回ったため、結果として残留放射能も浴びていた。この事実を重松が書くべきか悩んでいる折、矢須子は原爆症を発病。医師の必死の治療もむなしく病状は悪化し、縁談も結局破談になってしまう。

昭和20年8月15日までの日記を清書し終えた重松は、空にかかるに矢須子の回復を祈るのだった。

ドラマ[編集]

1983年8月20日日本テレビ系列で放送された『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の中で、『黒い雨・姪の結婚』という題名で単発ドラマ化された。

(スタッフ)

  • 脚本:高橋玄洋
  • 演出:真船禎
  • 音楽:宮川奏

(出演者)

(その他の出演者)

映画[編集]

1989年に今村昌平監督で映画化された。

脚注[編集]

  1. ^ 河上徹太郎 『『黒い雨』について』、1975年 新潮文庫版 (井伏鱒二 『黒い雨』 新潮社〈新潮文庫〉、1970年。ISBN 97841034065。)所収
  2. ^ 猪瀬直樹は、『文學界』2001年8月号「『重松日記』出版を歓迎する――『黒い雨』と井伏鱒二の深層」で、井伏が『重松日記』を引き写したことを示す実例を挙げ、『黒い雨』は『重松日記』のリライトにすぎない、とまで言い切っている[1]