眠狂四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

眠狂四郎(ねむり きょうしろう)は、柴田錬三郎の小説に登場する剣客。1956年5月から『週刊新潮』に連載された「眠狂四郎無頼控」で初登場した。

大菩薩峠』(中里介山著)の主人公机竜之助に端を発するニヒル剣士の系譜と、柴錬の作風を貫くダンディズムが融合した複雑な造形がなされているキャラクターである。

転びバテレンと日本人の混血という出自を持ち、平然と人を斬り捨てる残虐性を持つ。その生い立ちを背負い、虚無感を持ちつつ「円月殺法」という剣術を用いて無敵の活躍をし、以後剣豪ブームを巻き起こした。映画評論家の佐藤忠男が指摘するように歌舞伎の伝統では恋愛するのは二枚目で、立役は恋愛しないことになっているのが、西洋の騎士道と違うところだ。このシリーズは明らかに伝統を破っている。「女地獄」「人肌蜘蛛」「悪女狩り」など考えられなかったものだ。

毎週読み切りという形での連載で、初期の週刊誌ブームを支えた。新潮文庫で重刷されていたが、近年長編全点が改版され、後半3作品は1巻本だったが上下巻になった。

小説[編集]

長編[編集]

  • 眠狂四郎無頼控(全6巻) ※第6巻は元は「続眠狂四郎無頼控」で、独立した作品。
  • 眠狂四郎独歩行(上下巻)
  • 眠狂四郎殺法帖(上下巻)
  • 眠狂四郎孤剣五十三次(上下巻)
  • 眠狂四郎虚無日誌(上下巻)
  • 眠狂四郎無情控(上下巻)
  • 眠狂四郎異端状

短編[編集]

  • 贋者助太刀・眠狂四郎市井譚の内
  • 義理人情記・眠狂四郎市井譚の内
  • 眠狂四郎京洛勝負帖
  • 消えた兇器
  • 花嫁首
  • 悪女仇討
  • 狐と僧と浪人
  • のぞきからくり
  • ※『新篇眠狂四郎京洛勝負帖』(集英社文庫、2006年)再刊

映像化作品[編集]

映画[編集]

鶴田浩二版[編集]

鶴田浩二主演のシリーズ(1956年 - 1958年):東宝京都製作。全3作。

  1. 眠狂四郎無頼控(1956年公開)
    監督:日高繁明、脚本:小国英雄
  2. 眠狂四郎無頼控 第二話 円月殺法(1957年公開)
    監督:日高繁明、脚本:小国英雄、日高繁明
  3. 眠狂四郎無頼控 魔剣地獄(1958年公開)
    監督:川西正純、脚本:川西正純、木村武

市川雷蔵版[編集]

市川雷蔵主演のシリーズ(1963年 - 1969年):大映京都製作。全12作。映画化作品としては最も有名で、雷蔵の当たり役となった。

  1. 眠狂四郎殺法帖(1963年11月2日公開)
    監督:田中徳三、脚本:星川清司、音楽:小杉太一郎
    出演:中村玉緒城健三朗小林勝彦真城千都世、他
  2. 眠狂四郎勝負(1964年1月9日公開)
    監督:三隅研次、脚本:星川清司、音楽:斎藤一郎
    出演:藤村志保高田美和久保菜穂子加藤嘉須賀不二男、他
  3. 眠狂四郎円月斬り(1964年5月23日公開)
    監督:安田公義、脚本:星川清司、音楽:斎藤一郎
    出演:浜田ゆう子丸井太郎成田純一郎毛利郁子、他
  4. 眠狂四郎女妖剣(1964年10月17日公開) - 本作における狂四郎の円月殺法のシーンで初めてストロボ撮影が用いられ、以後象徴的に採り入れられた。
    監督:池広一夫、脚本:星川清司、音楽:斎藤一郎
    出演:藤村志保、久保菜穂子、城健三朗、春川ますみ根岸明美、毛利郁子、他
  5. 眠狂四郎炎情剣(1965年1月13日公開)
    監督:三隅研次、脚本:星川清司、音楽:斎藤一郎
    出演:中村玉緒、姿美千子島田竜三西村晃中原早苗、他
  6. 眠狂四郎魔性剣(1965年5月1日公開)
    監督:安田公義、脚本:星川清司、音楽:斎藤一郎
    出演:嵯峨三智子長谷川待子、須賀不二男、明星雅子稲葉義男、他
  7. 眠狂四郎多情剣(1966年3月12日公開)
    監督:井上昭、脚本:星川清司、音楽:伊福部昭
    出演:水谷良重中谷一郎五味龍太郎、毛利郁子、他
  8. 眠狂四郎無頼剣(1966年11月9日公開)
    監督:三隅研次、脚本:伊藤大輔、音楽:伊福部昭
    出演:天知茂、藤村志保、工藤堅太郎、島田竜三、遠藤辰雄、他
  9. 眠狂四郎無頼控 魔性の肌(1967年7月15日公開)
    監督:池広一夫、脚本:高岩肇、音楽:渡辺岳夫
    出演:鰐淵晴子成田三樹夫、久保菜穂子、金子信雄、遠藤辰雄、他
  10. 眠狂四郎女地獄(1968年1月13日公開)
    監督:田中徳三、脚本:高岩肇、音楽:渡辺岳夫
    出演:高田美和、田村高廣、水谷良重、小沢栄太郎伊藤雄之助渚まゆみ、他
  11. 眠狂四郎人肌蜘蛛(1968年5月1日公開)
    監督:安田公義、脚本:星川清司、音楽:渡辺宙明
    出演:緑魔子三条魔子川津祐介渡辺文雄寺田農、他
  12. 眠狂四郎悪女狩り(1969年1月11日公開)
    監督:池広一夫、脚本:高岩肇、宮川一郎、音楽:渡辺岳夫
    出演:藤村志保、江原真二郎、久保菜穂子、松尾嘉代小池朝雄朝丘雪路、他
ムック[編集]

松方弘樹版[編集]

松方弘樹主演の作品(1969年):大映京都製作。全2作。雷蔵死後、東映から松方をレンタル移籍させ、シリーズ継続を図ったがヒットには至らなかった。

  1. 眠狂四郎円月殺法
    監督:森一生、脚本:高田宏治、高橋稔
  2. 眠狂四郎卍斬り
    監督:池広一夫、脚本:依田義賢  
    狂四郎を襲う混血の虚無僧役で、後年、TV版狂四郎を当たり役にする田村正和が出演している。

テレビドラマ[編集]

パチンコ[編集]

漫画[編集]

週刊コミックバンチ」2001年創刊1号~2003年43号まで連載。漫画は柳川喜弘。バンチコミック全10巻、新潮社

舞台[編集]

  • 『眠狂四郎無頼控(NEMURI×GACKT PROJECT)』 2010年5月から、GACKT主演。