久保菜穂子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

久保 菜穂子(くぼ なおこ、本名:久保 忠子(くぼ なおこ)、1932年9月24日 - )は、日本女優東京府豊多摩郡代々幡町上原(現東京都渋谷区上原)出身。身長163cm、体重56kg。

来歴[編集]

柳生新陰流剣道場主の娘として育ち[1]山脇学園高等学校を卒業。1952年、新東宝に一期スターレットとして入社[1]。若手スターの相手役として清純な色気で人気が出た。スタイルの良さは日本映画界随一で洋装姿が抜群であった。1958年、田口哲監督のもと、女賭博師・お竜に扮した「女王蜂」に主演。続いて女組長・ゆりに扮した石井輝男監督の「女王蜂の怒り」に主演。彼女の長身で日本人離れしたスタイル、きりっとした姿勢と演技は後の女性スターや女性任侠映画に大きな影響を与えることになる。

主演スターの地位を築こうとしていたが、新東宝の経営が苦しくなり、1959年に新東宝を退社[1]。「殺されたスチュワーデス 白か黒か」(大映配給)に主演後、東映に入社。脇に回り年10本以上の映画に出演。1963年にはフリーとなり大映、松竹等で時代劇、現代劇問わず多数の映画に出演。1970年に引退。1977年にTVドラマでカムバック。カムバック後は舞台にも出演した。

2013年4月27日、都内のシネマヴェーラ渋谷で開催された特集「復活!!久保菜穂子」のトークショーに出演。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 「罠」(PARCO劇場
  • 「お市と三姉妹」
  • 小林幸子特別公演
    • 女ねずみ小僧 子ノ刻参上
    • 女ねずみ小僧異聞 天命(いのち)燃ゆ
    • 御存知幸子七変化 お役者小僧・佐渡に現わる
    • 御存知幸子七変化 お役者小僧・日光街道を往く(1995年
  • 川中美幸特別公演「江戸版 滝の白糸

ラジオドラマ[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 東京ヤッチャバ娘(作詞:川内康範 / 作曲:利根一郎。1955年1月発売)
  • 君ひとすじに(作詞:山口素一 / 作曲:利根一郎。1955年8月発売)
  • 港に独り泣く女(作詞:吉川静夫 / 作曲:吉田正。1956年1月発売)
  • 白百合の歌(作詞:井田誠一 / 作曲:利根一郎。1956年3月発売)
  • ひとり静かに(作詞:山口素一 / 作曲:利根一郎。1956年6月発売)
  • 嘆きの女王蜂(作詞:松井由利夫 / 作曲:近江俊郎。1959年1月発売)
  • 風は知っている(作詞:松井由利夫 / 作曲:原六朗。1959年3月発売)
  • 黒猫マンボ(作詞:松井由利夫 / 作曲:原六朗。1959年5月発売)
  • こころの日記帳(作詞:松井由利夫 / 作曲:近江俊郎。1959年5月発売)
  • 横顔(作詞:石坂まさを / 作曲:藤原重信。発売日不明)

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「Pickup Interview 久保菜穂子」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、48頁。ISBN 978-4-8003-0209-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]