桜の森の満開の下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桜の森の満開の下
In the Forest, Under Cherries in Full Bloom
著者 坂口安吾
発行日 1947年6月15日
発行元 暁社雑誌『肉体
ジャンル 短編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

桜の森の満開の下』(さくらのもりのまんかいのした)は、坂口安吾短編小説。坂口の代表作の一つで、傑作と称されることの多い作品である[1][2]。ある峠の山賊と、妖しく美しい残酷な女との幻想的な怪奇物語。の森の満開の下は怖ろしいと物語られる説話形式の文体で、花びらとなって掻き消えた女と、冷たい虚空がはりつめているばかりの花吹雪の中の男の孤独が描かれている。

1947年(昭和22年)6月15日、暁社雑誌『肉体』創刊号(第1巻・第1号)に掲載され[注釈 1]、同年5月15日に真光社より刊行の単行本『いづこへ』に収録された。文庫版は講談社文芸文庫岩波文庫などで刊行されている。翻訳版はJay Rubin訳(英題:In the Forest, Under Cherries in Full Bloom)で行われている。

1975年(昭和50年)5月31日には、本作を原作とした映画が公開された。

作品背景[編集]

安吾が後に書いたエッセイ『桜の花ざかり』[3]には、東京大空襲の死者たちを上野の山に集めて焼いたとき、折りしも桜が満開で、人けのない森を風だけが吹き抜け、「逃げだしたくなるような静寂がはりつめて」いたと記されており、それが本作執筆の2年前に目撃した「原風景」となっているという[4]

あらすじ[編集]

昔、鈴鹿峠山賊が棲み着いた。通りがかった旅人を身ぐるみ剥がし、連れの女は気に入れば自分の女房にしていた。山賊はこの山のすべて、この谷のすべては自分の物と思っていたが、桜の森だけは恐ろしいと思っていた。桜が満開のときに下を通れば、ゴーゴーと音が鳴り、気が狂ってしまうのだと信じていた。

ある春の日、山賊は都からの旅人を襲って殺し、連れの美女を女房にした。亭主を殺された女は、山賊を怖れもせずにあれこれ指図をする。女は山賊に、家に住まわせていた七人の女房を次々に殺させた。ただ足の不自由なビッコの女房だけは女中代わりとして残した。わがままな女はやがて都を恋しがり、山賊は女とともに山を出て都に移った。

都で女がしたことは、山賊が狩ってくる生首をならべて遊ぶ「首遊び」であった。その目をえぐったりする残酷な女は次々と新しい首を持ってくるように命じるが、さすがの山賊もキリがない行為に嫌気がさした。山賊は都暮らしにも馴染めず、山に帰ると決めた。女も執着していた首をあきらめ、山賊と一緒に戻ることにした。出発のとき、女はビッコの女に向って、じき帰ってくるから待っておいで、とひそかに言い残した。

山賊は女を背負って山に戻ると、桜の森は満開であった。山賊は山に戻ったことがうれしく、忌避していた桜の森を通ることを躊躇しなかった。風の吹く中、桜の下をゆく山賊が振り返ると、女は醜い鬼に変化していた。全身が紫色の顔の大きな老婆の鬼は山賊の首を絞めてきた。山賊は必死で鬼を振り払い、鬼の首を締め上げた。

我にかえると、元の通りの女が桜の花びらにまみれて死んでいた。山賊は桜吹雪の中、声を上げて泣いた。山賊が死んだ女に触れようとするが、女はいつのまにか、ただの花びらだけになっていた。そして花びらを掻き分けようとする山賊自身の手も身体も、延した時にはもはや消えていた。あとに花びらと、冷めたい虚空がはりつめているばかりだった。

作品評価・解説[編集]

『桜の森の満開の下』は坂口安吾の作品の中でも評価が高いだけでなく、その幻想的な作風からも人気があり、翻案作品も多いが、初出当時はあまり注目されておらず、安吾の死後に讃辞されるようになった作品である[2]

奥野健男は、『白痴』、『青鬼の褌を洗う女』、『夜長姫と耳男』と共に『桜の森の満開の下』を挙げ、「これは天才でなければ絶対に書けぬおそろしい傑作であり、坂口文学の最高峰といえよう」と述べている[1]。また、坂口の全作品でどれか一つを選べと言われれば、『桜の森の満開の下』を挙げるとし、「芸術の神か鬼」が書いたとしか思えず、世界の文学の中でもこれほど「美しく、グロテスクで恐ろしい作品」は稀だと評している[5]

『桜の森の満開の下』の主題について福田恆存は、「人間存在そのものの本質につきまとう悲哀」を追求しようとして、安吾は執筆に至たり、素材のもつ現実性を避けるために説話形式をとったと解説している[2]

王愛武は、『桜の森の満開の下』は、『堕落論』や『白痴』に引き続き、安吾が「反逆の筆」を取り、メタファーの手法を用いて、「孤独と虚無」を描写していると述べ[6]、安吾の言う「救いがないということ自体が救いである」(『文学のふるさと』)という言葉を引きながら、そこに老子とほぼ同じ思想が見られるとし[6]、「自然は人間の力を借りずに物事をその軌道に乗せるものである。孤独は救いのないものなら、救いのないままにすれば、自然に救われる。孤独は人間の本質なので、人間を人間らしくするものではないだろうか」と論考している[6]。そして終結部での、山賊はもはや孤独を怖れず、「彼自らが孤独自体」という箇所に触れ[6]、それは安吾の一連の作品に共通する「堕ちるを堕ちきる」べきである主題と通じ、人間の孤独を強調して描いていると解説している[6]

七北数人は、『桜の森の満開の下』と『夜長姫と耳男』を、「年々人気も評価も高まり、幻想作家としての一面を鮮烈に印象づけている」作品だと評し[7]、「残酷で気高い女王の歓心を買うため、命をすりへらす下賤の男」というその構図は、泉鏡花の『高野聖』や谷崎潤一郎の諸作とも通底し、西洋の説話文学の『雪の女王』『石の花』『タンホイザー』などにも多くみられる話型である解説し[7]、「安吾作品では、女が残酷であればあるほど無垢な聖性がきわだち、血みどろの世界にふしぎな透明感が漂う。マゾヒズムに陶酔境を見いだす谷崎とはこのあたりが決定的に違う」とし[7]、「(安吾には)恋するがゆえに死を賭してでも被虐に堪えようとする、恋の苦しみのほうに関心があったように思われる」と考察している[7]

映画化[編集]

桜の森の満開の下
In the Forest, Under Cherries in Full Bloom
監督 篠田正浩
脚本 富岡多恵子、篠田正浩
原作 坂口安吾
製作 芸苑社
製作総指揮 佐藤一郎市川喜一
出演者 若山富三郎岩下志麻
音楽 武満徹
撮影 鈴木達夫
編集 山地早智子
配給 東宝
公開 日本の旗 1975年5月31日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

桜の森の満開の下』(さくらのもりのまんかいのした)は、同名小説を原作に1975年(昭和50年)製作、同年5月31日に公開された篠田正浩監督による日本の長篇劇映画である。製作芸苑社、配給東宝

プロデューサーの佐藤一郎は、安吾の作品の映画化は2度目で、前作の『負ケラレマセン勝ツマデハ』(1958年)以来、17年ぶりである。

桜の場面はヤマザクラの名所である奈良の吉野山で、それ以外の場面は大阪の四天王寺などで撮影が行われた[8](作品の時代にはソメイヨシノは存在しない)。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

戯曲化[編集]

テレビドラマ化[編集]

おもな刊行本[編集]

漫画化[編集]

その他派生作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 雑誌『肉体』は雑誌『曉鐘』の改題誌であるが、1948年(昭和23年)8月に全5冊で廃刊となった。当初は雑誌『新潮』に掲載されるはずであったが、残酷な人殺しの場面があるために、GHQ言論統制を危惧した編集長に断られ、三流カストリ雑誌からの発表となった。

出典[編集]

  1. ^ a b 奥野健男「坂口安吾――人と作品」(文庫版『白痴二流の人』)(角川文庫、1970年。改版1989年、2012年)
  2. ^ a b c 織田淳子「坂口安吾『桜の森の満開の下』研究 : 花の下に見る時空間」(富山大学比較文学会、2012年12月)
  3. ^ 西日本新聞 1953年4月5日号に掲載。『明日は天気になれ』に所収。
  4. ^ 七北数人「紹介文」(『桜の森の満開の下 坂口安吾デジタルミュージアム』) [1]
  5. ^ 「『桜の森の満開の下』と『花妖』」(『坂口安吾』)(文藝春秋社、1972年)
  6. ^ a b c d e 王愛武「坂口安吾における 『絶対の孤独』 と 『郷愁』」(福井工業大学研究紀要、2012年8月3日)
  7. ^ a b c d 七北数人「解説」(文庫版『桜の森の満開の下・白痴 他十二篇』)(岩波文庫、2008年)
  8. ^ 朝日新聞第一面 2006年3月31日付夕刊

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 櫻の樹の下には - 梶井基次郎の短編。桜の花に得たいのしれない不安や狂気を見るという、本作と通底するモチーフがあるため、引き合いに出されて論じられることが多い。

外部リンク[編集]