鬼平犯科帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬼平犯科帳
小説
著者 池波正太郎
出版社 文藝春秋
掲載誌 オール讀物
刊行期間 1967年 - 1989年
巻数 全19巻+番外編(単行本)
全24巻+番外編(文庫本)
話数 全135作
その他 作者の死去により未完
漫画:鬼平犯科帳
原作・原案など 池波正太郎
作画 さいとう・たかを
出版社 リイド社文藝春秋
掲載誌 コミック乱
発表期間 1993年 -
巻数 既刊90巻(2013年9月現在)
テンプレート - ノート

鬼平犯科帳』(おにへいはんかちょう)は、池波正太郎時代小説。略称は鬼平

オール讀物」に連載された。実在の人物である火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とする捕物帳で、同じ池波作である『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』とならんで人気を保っている。テレビドラマ化・映画化・舞台化・漫画化されている。

概要[編集]

元々、池波は後述のように、第1作発表以前から長谷川平蔵を主人公とする時代小説を書こうと考えていたが、諸般の事情で実現していなかった。

オール讀物1967年12月号に、長谷川平蔵が登場する単発物として「浅草・御厩河岸」が発表された時、担当編集者の花田紀凱に、池波が連載したい旨を伝えたところ、評判が良かったために次号から同誌の巻末を飾る作品としてシリーズ化された(単行本掲載時にはこの作に限って順番の入れ替えがある)。「鬼平犯科帳」の題名が付されるようになったのは翌1968年1月号掲載の「唖の十蔵」からである。題名を考案したのは花田で、幾つかの案の中から、当時池波が属していた時代小説研究会「新鷹会」で評判になっていた森永種夫の『犯科帳』(岩波新書)から思いついてつけたものを池波が気に入り、この題名となった[1]。当時同誌の編集長・杉村友一は、師の折口信夫の教えにより、折口が愛読していた野村胡堂の『銭形平次』のように、雑誌の巻末にあって「オール讀物」の顔となり、読み進んでも読者が失望しないような長期連載の作品が必要だと考えていた。「浅草・御厩河岸」の好評により、杉村は『鬼平犯科帳』の長期連載を池波に要望した[2]。こうして、長期にわたる時代小説の連載が行われたのである。

なお、テレビ版製作にあたっては原作をドラマ化するのみに限り、小説を使い尽くしたらそこで打切るようにというのが作者の意向であった[3]

1968年には文藝春秋から最初の単行本が刊行された。全部で135作で、ほか番外編が1作ある。このうち5作が長編、残りの130作が短編作品である。未完に終ったのは最後の『誘拐』1作のみで、これは作者急逝のためである。現在は文春文庫に収められ、全24巻(新装版)で刊行されている。

発表まで[編集]

「鬼平犯科帳」がオール読物に連載される前から、池波は長谷川平蔵という人物に興味を持ち、史料を調べ、何度か小説にしている。池波自身の回想や西尾忠久らの調査を元に時系列にそって記すと、

  • 1935年頃、当時勤務していた株屋の仕事で知り合った元盗賊の頭から色々な江戸時代の盗賊について話を聞く。
  • 1948年、長谷川伸に弟子入りし、江戸時代の歴史や風俗について学ぶ。
  • 1953年頃、長谷川の蔵書だった『寛政重修諸家譜』を読み、初めて長谷川平蔵という人物を知るが、この頃の自己の文章能力では書けないと思い、メモを作成して構想をねり続ける[4]
  • 1955年、『寛政重修諸家譜』を古書店で入手する。当時の金で20万円(大卒初任給が4万円程度だったので、現在の貨幣価値に直すと100万円程度か)という大金で、以前から欲しいと思っていた池波も覚悟を決めての購入であったようである。
  • 1960年、直木賞受賞。この頃、長谷川平蔵が登場する小説「看板」[5]・『江戸怪盗記』や、徳川家康関係の忍者小説を多数執筆、各種雑誌に発表する。『孫子』の「用間篇」から、長谷川平蔵が元盗賊の密偵を使う捕物帳の構想を思いついたと推測される。また、徳川家康の家臣酒井忠次(酒井小平次)から脇役の「沢田小平次」を思いつく[6]
  • 1967年、『鬼平犯科帳』連載開始。
  • 1969年10月7日、『鬼平犯科帳』テレビドラマ化。

なお、後にドラマ化された際には1960年から書かれた、「鬼平外伝」といわれる一連の小説群[7]も原作として同様に扱われた。これはドラマ化された時、『鬼平犯科帳』にまだドラマシリーズの原作として十分な量がなく、オリジナルの脚本を作る必要があったため、プロデューサーの市川久夫と池波の協議で決まったものである。ドラマ化された時には、池波が脚本に全て目を通し加筆したため、ドラマ脚本から原作小説に影響されることもあった[8]

時代背景[編集]

長谷川平蔵が火付盗賊改方長官であったのは1787年天明7年)から1795年寛政7年)まで。1783年(天明3年)の浅間山大噴火や折からの大飢饉による農作物の不作により、インフレが起こる。各地で打ち壊しが頻発し、世情は酷く不穏であった。田沼意次の失脚(1786年(天明6年))を受けて1787年(天明7年)に松平定信老中に就任。寛政の改革が始まったが、このような経済不安から犯罪も増加し、凶悪化していった。長谷川平蔵が火付盗賊改の長官となったのは同年10月である。

各話題名[編集]

登場人物[編集]

用語[編集]

作中では主に盗賊たちが「盗み」のことを「つとめ」「おつとめ」「はたらき」などの言葉で表現する。これらの用語はほとんどが原作者の造語である。

盗みの三ヶ条
伝統的な「本筋・本格の盗人」(≒義賊)が守るべきこととされる掟で「人を殺めぬこと、女を手込めにせぬこと、盗まれて難儀をする者へは手を出さぬこと」の三か条からなる。劇中ではこれを縮めた形として「殺さず、犯さず、貧しきから盗らず」といったものもある。作品中ではこの掟を頑なに守る盗人や盗賊に対して、平蔵は比較的寛容な態度を見せる。ただし、妙義の團右衛門のように、市井の人間に危害は加えないが「お上の狗」と見抜いた相手は容赦なく殺害するような例外もあり、こちらについては平蔵も怒りを見せた。
急ぎ働き
入念な準備をする伝統的な「盗み」ではなく、押し入って奪い、役人の管轄外などの他所へ素早く逃げるやり方。手口が荒っぽく、証拠隠滅のために殺生を伴うことも多い。現代の強盗・強盗致死に相当。
畜生働き
殺生や強姦を伴う盗みのこと。強盗殺人・強盗強姦に相当。
独り働き
盗賊団に属さず、一人で盗み働きを行う者のこと。またはその盗み方。単独犯。
流れづとめ
依頼や紹介によって色々な盗賊団の下を移り渡る者のこと。またはその盗み方。流しの犯行。
鼠働き
大がかりな「盗み」とは対照的に、短時間で少額の窃盗を行うこと。盗人が小金稼ぎのために行うことが多いが、本格の盗人からは軽蔑される行為である。
狗(いぬ)
盗人稼業から足を洗いかつての盗賊仲間を「お上に売る」密偵(岡っ引、手先)を、盗賊たちが蔑んで言う言葉。狗であることが露見した密偵は殺害されることが多い。
口合人
盗賊と盗賊を結びつけ、人員を融通する斡旋人。信頼第一の商売のため、五郎蔵や宗平に言わせると江戸には10人もいないとのこと。多くは嘗役を兼ねていたという。
引き込み
盗みに入る家の内部関係者となって、いざ決行となれば内から鍵を外し、仲間を引き入れる。奉公人や出入りの商人として、数年かけて押し込み先での信頼を得る。伝統的な盗みには欠かせない役目。内通者。
誑(たら)しこみ
盗人が目をつけた家の男に対して色目を用いて近づき、金品の場所や家の間取りを調べる役目を負った女のこと。
逆の状態つまり男が女に近づく場合は「牝誑し」という。
嘗役(なめやく)
盗みに入る商家などの内情を探る役目の者。財産や間取り、奉公人の数など事細かく調べ上げる。外部から調べを行なうので引き込みとは異なる。
また、複数の商家に関してこれらの情報をまとめた冊子は「嘗帳(なめちょう)」と呼ばれており、内容によっては数千両の値で売買されることもある。
鍵師
盗み先の蔵などに掛っている錠前の合鍵を作成する職人。引き込みなどが事前に入手した蝋型を基に作業を行う。腕の良い鍵師には高額の報酬が出されることが多い。ロックスミスの犯罪関与。
盗人宿(ぬすっとやど)
盗賊団が隠れ家とする建物や商家のこと。商家に偽装している場合、真面目な商売をしている裏で盗人の寝泊りや盗品の保管を行っていることが多い。協力者の作ったアジト。
盗み細工
盗賊が大工となり、新築・改築中の建物に侵入するための細工を施すこと。壁の一部が一見それとわからない扉になっていたり、床下に抜け穴を施す等の方法がある。
繋ぎ
連絡を取り合う、伝言を届ける。

テレビ時代劇[編集]

映画[編集]

  • 映画「鬼平犯科帳」
1995年11月18日公開。キャストは二代目中村吉右衛門以下、テレビシリーズの面々。対するゲストは大阪の元締白子の菊右衛門藤田まこと、江戸の女盗賊の頭、荒神のお豊に岩下志麻。盗賊2代目狐火勇五郎には、ロックバンドツイストのボーカル世良公則。平蔵の息子辰蔵には、NHK連続ドラマ春よ、来い』に出演した東根作寿英

舞台[編集]

  • 鬼平犯科帳
  • 狐火
  • 鬼平犯科帳 狐火
  • 本所・桜屋敷
  • 五年目の客
    • 1992年2月、新橋演舞場
    • お吉:波乃久里子、関宿の利八:国広富之
    • 「五年目の客」「山吹のお勝」2話を一つにしたもの。原作では逃げ延びるお勝と関宿の利八が、本作では殺される。
  • むかしの女
    • 1993年2月、新橋演舞場
    • 蓑火の喜之助:二代目中村又五郎、岸井左馬之助:五代目中村富十郎
    • 平蔵が今は落ちぶれた昔の女おろくと再会する代表作「むかしの女」に「老盗の夢」を絡ませている。1994年6月に京都南座で再演。
  • 炎の色
    • 1994年2月、新橋演舞場
    • おまさ:波乃久里子、お園:藤山直美
    • 長編「炎の色」と「隠し子」2話を一つにしたもの。
  • 血闘
    • 1995年3月、新橋演舞場
    • おまさ:水谷良重、五郎蔵:四代目市川左團次
    • 「鯉肝の里」「むかしの男」「血闘」3話を一つにしたもの。1995年6月に京都南座で再演。
  • 大川の隠居

漫画[編集]

さいとう・たかを作画・久保田千太郎の脚色による漫画劇画[9]。『コミック乱』(リイド社)より1993年から連載されており、リイド社、文藝春秋より単行本が発行されている。基本的に原作に忠実であるが、中には「盗賊婚礼」のように、原作と大きく異なる作品もある(2代目傘山の弥兵衛が本格の盗賊ではない、鳴海の繁蔵と瓢箪屋勘助が同一人物である、など)。次第に『鬼平』以外の池波作品からの借用など、オリジナルストーリーも加わっている。話数カウントは「仕置きの○」。

朗読[編集]

時代劇専門チャンネルでは『朗読 鬼平犯科帳』として、イラストとともに原作を朗読する番組を放送している。主な語り手はアナウンサーの野間脩平。一回の放送は10分間程度であり、一話を数回に分けて放送する。放送時間は毎週日曜9:48~10:00、再放送は同日17:48~18:00、平日16:50~17:00だが、平日は直前の番組の影響で放送されないこともある。ゲストとして黒木瞳(スペシャル「5年目の客」)や池上季実子(28話「敵」)などが登場する話もある。

また、商品としては橋爪功二木てるみ版、古今亭志ん朝版、神谷尚武版、安原義人版が発売されている。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 花田紀凱『池波正太郎作品集 月報』(朝日新聞社、1976年)による。西尾忠久『鬼平犯科帳who's who』[1]では、『長谷川伸全集 第十巻』(朝日新聞社、1971年)所収の『私眼抄 法刑・犯科篇』に基づくとしているが、一般的には花田の話が定説となっている
  2. ^ 杉村友一『柱になる小説』 新人物往来社「実録鬼平犯科帳の全て」所収
  3. ^ 市川久夫の回想による。新人物往来社「実録『鬼平犯科帳』のすべて」所収
  4. ^ 文庫本3巻の池波の回想によるが、西尾忠久(2002年)では、数十巻に及ぶ大部の著作である寛政譜を池波が突然読み始めたとは考えにくく、『江戸会誌』や三田村鳶魚『捕物の話』、松平太郎『江戸時代制度の研究』等の、史料・研究書類を読んで長谷川平蔵を知ったあとで、寛政譜を読んだのであろうと推測している。
  5. ^ 後に「白浪看板」と改題する。後に制作された時代劇『鬼平犯科帳』で脚色された。また、『鬼平外伝・夜兎の角右衛門』の原作である。
  6. ^ 孫子と酒井忠次の件は西尾の推測。池波自身は述べていない。
  7. ^ 単行本としては『にっぽん怪盗伝』(角川文庫)、『江戸の暗黒街』(新潮文庫)、『殺しの掟』(講談社文庫)、『剣客群像』(文春文庫)などに収められている。
  8. ^ 密偵の一人、伊三次はドラマ脚本で初登場しており、その後小説の重要な脇役となった。
  9. ^ 2008年の久保田の死去により、「コミック乱」2008年5月号掲載分が久保田による最後の脚色作品となった。以後は大原久澄が脚色を担当している。

外部リンク[編集]