三田友梨佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みた ゆりか
三田 友梨佳
プロフィール
愛称 ミタパン
出身地 日本の旗 日本東京都
生年月日 1987年5月23日(26歳)
血液型 A型
最終学歴 青山学院大学国際政治経済学部
勤務局 フジテレビ
部署 編成制作局アナウンス室
活動期間 2011年 -
ジャンル バラエティ番組情報番組
家族 祖父・三田政吉
父・三田芳裕
母(女将)・三田啓子
公式サイト フジテレビ・三田友梨佳
出演番組・活動
現在 めざましテレビ
ワイドナショー
森田一義アワー 笑っていいとも!
とんねるずのみなさんのおかげでした
プロ野球ニュース2013」
過去 ミタパンブー
おかっちM.C.〜THE MANZAI 応援宣言!〜
めざにゅ〜
めざましどようび

三田 友梨佳(みた ゆりか、1987年5月23日 - )は、フジテレビアナウンサー

来歴[編集]

東京都の出身で、青山学院高等部を経て、青山学院大学国際政治経済学部国際経済学科・国際コミュニケーションコースへ進学。高校時代には1年間、米国ワシントン州シアトルに留学していた。

大学時代には、青山学院大学硬式野球部マネージャーとして[1]東都大学野球リーグの公式戦などで場内アナウンス(ウグイス嬢)を経験。4年生だった2010年には、日本で開催された第5回世界大学野球選手権大会の学生スタッフとして、英語での場内アナウンスなどを担当した[2]。また、2年生だった2008年には、学業成績・人物とも優秀な学生を対象にした「青山学院大学学業奨励賞」を受賞。三田以外に受賞した国際経済学科の学生は、わずか2名であった[3]

大学卒業後の2011年に、アナウンサーとしてフジテレビに入社。2012年1月9日から10月3日まで、パンシリーズの7代目に当たる深夜番組『ミタパンブー』で、パンクブーブーと共にMCを務めた。これを機に、番組のタイトルにも使われた「ミタパン」という愛称が、広く知られるようになった。

2012年8月8日には、「恋のミタパン」でCDデビュー[4]。同日のフジテレビ夏のイベント「お台場合衆国」では、CD発売記念イベントを開くとともに、ステージで同曲を披露した[5]

2014年には、ソチオリンピックの期間中に、フジテレビ系列の現地中継キャスター兼リポーターを担当。また、日本テレビ徳島えりかテレビ朝日竹内由恵TBS枡田絵理奈テレビ東京須黒清華(いずれも同オリンピックの中継キャスター)と共に、日本民間放送連盟のキャンペーンCM「ソチをウチで 見るなら民放で!」へ出演している。

人物[編集]

実家は料亭玄冶店 濱田家』を経営。実母は、「濱田家」の女将を務めている[6][7]。なお、玄冶店「濱田家」の若女将には三田巳恵が就任した。このような環境の下で三田がアナウンサーを志したのは、自身の留学中に永眠した祖父が、生前に「友梨佳がアナウンサーだったら、離れていても会えるのに」と言っていたことがきっかけであるという[8]

趣味は、スポーツ観戦・映画鑑賞[9]。所持資格は、英検準1級・TOEIC850点・日本舞踊名取り漢検2級[9]血液型A型[9]。歌と運動が苦手なことを自認しているが、フジテレビへの入社後に、バラエティ番組で数回披露している。

高校時代にアメリカへ1年間留学したうえに、前述の資格を取得したこともあって、通訳抜きでも会話ができるほど英語が得意。大学の卒業論文も、「the benefit of hosting the Olympics」をテーマに、全て英文で仕上げた[10]。論文のテーマに取り上げたolympics(オリンピック)については、フジテレビへ入社後の2014年に、ソチ大会で初めて取材に携わっている。

マネジャーを務めた青山学院大学硬式野球部の同期部員からは、小池翔大下水流昂冨田康祐といったプロ野球選手を輩出。4年生の時には、いずれも第5回世界大学野球選手権大会へ出場した。ちなみに、卒業後にHonda硬式野球部を経て2013年に広島東洋カープへ入団した下水流は、「プロで活躍して三田のインタビューを受けること」を目標の一つに挙げている[11][12]

ラブライブ!』や『けいおん!』など、ガールズアニメのファン。ただし、いずれもフジテレビ以外の放送局が制作するアニメであるため、同僚には内緒にしている。

かつて『ピカルの定理』に出演していた夏菜とは、誕生日が同じという縁もあって仲が良い。『迷Qポワロ』で夏菜が2回目の放送の司会に起用された際は、「三田さんに後継者として指名されました。『ミタパンブー』懐かしいです」と公言した。

現在の出演番組[編集]

不定期出演[編集]

過去の出演番組[編集]

同期入社[編集]

CD[編集]

シングル

  • 「恋のミタパン」(2012年8月8日)
作詞 hiroyuki suezaki
作曲・編曲 浅田将明

その他[編集]

  • アナマガplemium「ネットでアナガチャ」 音声での出演

脚注[編集]

  1. ^ フジのお嬢様アナ・三田友梨佳 ソチ五輪現地キャスター抜てきで大化けするか?”. リアルライブ. @niftyニュース. 2011年11月2日閲覧。
  2. ^ 第5回パナソニック世界大学野球選手権大会閉幕 青山学院大学硬式野球部・マネージャー日記
  3. ^ 2008年度給付奨学金・学業奨励賞”. AGUニューズ第44号[2008年11月~12月号]. 青山学院大学. 2013年11月4日閲覧。
  4. ^ フジテレビ新人アナウンサー、ミタパン、CDデビュー - BARKS 2012年7月12日(7月13日閲覧)。
  5. ^ ミタパンCDデビュー「オリコン上位に」 - nikkansports.com 2012年8月8日(2012年8月9日閲覧)
  6. ^ ミシュランも評価の玄冶店「濱田家」女将三田啓子氏 博多っ子の心意気で、江戸の伝統をまもる、東京福岡県人会/ 会報(抜粋)/ 2010年11月号、2013年7月28日閲覧。
  7. ^ 「ヒ・ミ・ツのにゅ~ストーリー」、2012年3月16日、めざにゅ〜
  8. ^ アナウンサーのお仕事”. 採用2013. フジテレビ. 2013年6月3日閲覧。
  9. ^ a b c 公式プロフィール”. アナマガ. フジテレビ. 2013年5月12日閲覧。
  10. ^ ゼミ生紹介2010”. 青山学院大学国際政治経済学部 中川浩宣ゼミ. 青山学院大学 (2010年8月21日). 2013年5月12日閲覧。
  11. ^ 広島下水流「能見撃て」CS第2戦起用へ - プロ野球ニュース”. 日刊スポーツ nikkansports.com (2013年10月10日). 2013年11月4日閲覧。
  12. ^ 下水流が同級生ミタパンに「会いたい」 - プロ野球ニュース”. 日刊スポーツ nikkansports.com (2013年1月19日). 2013年11月4日閲覧。
  13. ^ 高校3年の時に1年間米国ワシントン州シアトル留学していたため、英語が得意であり、番組内のスポーツコーナーでは、ウラディミール・バレンティン(プロ野球選手)やノバク・ジョコビッチ(テニス選手)等に流暢な英語でインタビューしている。
  14. ^ 紅組司会前任中野美奈子7月31日をもって退社したことにより後継で紅組司会に就任
  15. ^ 中野美奈子の後任
  16. ^ 地方局のみの裏送り放送
  17. ^ サンケイスポーツ2013年3月7日付け紙面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]