今井良晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今井良晴
今井良晴の画像
2012年2月26日
大日本プロレス後楽園ホール大会
プロフィール
リングネーム 今井良晴
タイガー今井
本名 今井良晴
身長 168cm
体重 63kg
誕生日 1959年10月16日
死亡日 2013年7月29日(満53歳没)
出身地 東京都板橋区
所属 マルプロ
(代表取締役・リングアナウンサー)
デビュー 1991年4月21日
テンプレートを表示

今井 良晴(いまい ながはる、1959年10月16日 - 2013年7月29日)は、日本リングアナウンサープロモーター、株式会社マルプロ代表取締役社長。東京都目黒区出身。

経歴[編集]

1991年4月21日全日本女子プロレス後楽園ホール大会の高橋美華神谷美織組対長谷川咲恵山元真由美組戦で初コール(デビュー)。全日本女子プロレス後期のメイン・リングアナウンサーとして活躍し、リング外では広報を担当して経営を支えた。クラッシュギャルズ解散後の低迷期、団体対抗戦ブーム、新生全女、全女の解散と、1990年代以降の全女を知る人間の一人である。会長であった松永高司とは、全女解散後も公私ともどもの付き合いが続いていた。

全女に関わる傍らで、2001年4月に設立した株式会社マルプロの代表取締役社長となり、総合格闘技のプロモーター業も行なうようになる。

2004年にはマルプロジムを設立してジムの運営を始めた。リングアナウンサーとしてもさまざまな団体でリングアナウンサーを行っている。

また『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の企画『山崎 VS モリマン』のリングアナウンサーを6度目の対決から全て担当している。

2011年、知人でもある大日本プロレス登坂栄児社長の誘いを受け、8月20日後楽園ホール大会にゲスト参加。以降大日本では後楽園・横浜文体を中心に、不定期で地方大会にも帯同し、スタッフとしても活躍するようになる。大日本以外では2012年1月8日ブル中野引退興行、2013年4月29日スターダム両国国技館大会(脇澤美穂 vs 豊田真奈美の特別リングアナ及び愛川ゆず季引退セレモニー)に参加している。

2013年1月に自身のtwitter上で胃癌であることを公表し闘病を続けていたが、 6月30日の大日本・後楽園ホール大会を最後[1]に入院し、7月29日の午後6時[2]に永眠。享年53[3]6月23日に最愛の母を亡くしたばかりだった。

追悼興行[編集]

今井良晴追悼興行
イベント詳細
シリーズ  
主催 今井良晴追悼興行実行委員会
(実行委員長:ブル中野
開催年月日 2013年10月1日
開催地 日本の旗 日本東京都文京区
会場 後楽園ホール
開始時刻 午後7時
試合数 全7試合

概要[編集]

2013年10月1日に大日本が中心となり、国内女子団体及び複数の女子レスラー協力の下、後楽園で追悼興行が開催された[4][5]

実行委員会[編集]

協力団体及び参戦選手[編集]

太字は元全女所属)

ゲスト[編集]

試合結果[編集]

【第一試合】 タッグマッチ

桜花&×春日(ダイビングギロチンドロップ)○春山&勝

リングアナ:松丸

【第二試合】 3WAYタッグマッチ

○渋谷&チェリー(タイムマシンに乗って)華名&×美央 ※もう一組は志田&藤本

リングアナ:安藤

【第三試合】 大日本プロレス提供試合

○関本&池田&稔(ジャーマンスープレックス)×岡林&石川&橋本

リングアナ:新土裕二

【第四試合】 追悼バトルロイヤル

○乱丸(横入り十字固め 十文字姉妹を二人同時にフォール)×チサコ&×幸子

リングアナ:田原

※退場順:神取→貴子→吉田→浜田→遠藤→倉垣→ラビット→さくら→十文字姉妹

【インターミッション】

ハヤブサ、矢口らによる追悼ライブが行われた。

【第五試合】 全日本女子プロレス選抜 vs ジャパン女子プロレス選抜 6人タッグマッチ

○アジャ&堀田&下田 (ダイビングエルボードロップ)尾崎&×GAMI&ボリショイ

※下田のセコンドに三田英津子が参加

リングアナ:沖田

【第六試合】 6人タッグマッチ

奈苗&○脇澤&夏樹(フィッシャーマンズバスター)イオ&世IV虎&×岩谷

リングアナ:氏家

【第七試合】 6人タッグマッチ

ジャガー&ダンプ&○京子(パワーボム)豊田&伊藤&×渡辺

リングアナ:氏家・今井

※メインイベントは大日本のものの下に敷かれた全日本女子プロレスのキャンバスシートが使用され、豊田組は今井リングアナのリングコール音源でコールされた。

人物[編集]

  • キャロルの大ファンである。
  • 全女最後の2年間は一度も給料が出なかったため、早朝に豆腐配達をするなどで生計を維持した。

脚注[編集]

  1. ^ 全女などで活躍 今井リングアナ死去 デイリースポーツ 2013年7月29日
  2. ^ 今井良晴さんのご臨終を看取ってきました 須山浩継伯爵の身勝手日記 2013年7月29日
  3. ^ 元全日本女子プロレスリングアナウンサー・今井良晴さん死去 ガキ使人気対決でもコール ORICON STYLE 2013年07月29日
  4. ^ 元全女リングアナ今井さん追悼興行10.1開催東京スポーツ2013年9月12日
  5. ^ 10/1(火)今井良晴追悼興行 後楽園ホール大会 全対戦カード決定のお知らせ大日本プロレス大会情報2013年9月26日
  6. ^ 当初は中島安里紗の予定だったが、負傷のため欠場。
  7. ^ 当初は佐々木義人の予定だったが、負傷のため欠場。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]