高須光聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかす みつよし
高須 光聖
本名 同じ
別名義 御影屋 聖(ペンネーム)
生年月日 1963年12月24日(50歳)
出生地 日本の旗兵庫県尼崎市
国籍 日本の旗日本
血液型 B+
職業 放送作家
脚本家
作家
ラジオパーソナリティ
ジャンル テレビ(バラエティ)
映画
活動期間 1987年-現在
活動内容 1987年:「4時」で放送作家デビュー
1991年:「ごっつ」を担当
2007年:「大日本人」で映画脚本
配偶者 増田みのり
公式サイト 御影屋
主な作品
ダウンタウンDX
リンカーン
HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
ジャンクSPORTS
めちゃ×2イケてるッ!
ロンドンハーツ
やりすぎコージー
虎の門
新堂本兄弟
いきなり!黄金伝説。
恋するハニカミ!
備考
2003年:「日経エンタテイメント」放送作家ランキング1位

高須 光聖(たかす みつよし、1963年12月24日 - ) は、兵庫県尼崎市出身の放送作家。他に、作詞家脚本家ラジオパーソナリティなど、幅広いジャンルで活躍している。自ら運営する会社・カイト所属。

妻はニッポン放送所属のアナウンサー増田みのり

経歴[編集]

ダウンタウンの2人とは幼少時からの付き合いであり、浜田雅功と同じ幼稚園、浜田・松本人志と同じ小・中学校に通った後、兵庫県立尼崎小田高等学校を経て龍谷大学経済学部を卒業。学生時代のインド旅行の際に知り合った東京の輸入雑貨店への就職が決まっていたが、その店長が肝炎で倒れ閉店することになったため、上京したものの就職を断念。東京で無為の日々を過ごしていた。

1987年、ダウンタウンがニッポン放送の仕事で上京。暇を持て余していた松本から食事に誘われ、その際に近況を語ったところ、それなら新しく始まる番組(『4時ですよーだ』)のスタッフになればいいと勧誘され、大阪に戻り、放送作家としてのキャリアを積み始める。浜田尊弘の台本を見ながら台本の書き方を学んだとのことで非常に影響を受けたという。

裏方の仕事のみならず、ダウンタウンの番組にも数多く出演。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』では人間不信に陥るようなドッキリにかけられたこともある。

2001年にダウンタウンの松本とラジオ番組『松本人志の放送室』を始めたのをきっかけに急速に知名度を上げ、2003年には日経エンタテインメント放送作家ランキング1位(当時、19時から23時までの時間帯で最も多くの番組を担当していたため)となった。

2010年10月10日に、ニッポン放送所属のアナウンサーである増田みのりと結婚した。ちなみに、忙しい高須が覚えやすい日付にした。

出演番組[編集]

  • 松本人志の放送室』(TOKYO FM製作・JFN系列) - 松本と共にパーソナリティを務める。幼馴染みならではの昔話の他、会話の中で自然とミニコントが発生したり、最近のバラエティ番組に対する考察などを聞くことができ、笑いに対する2人の姿勢が垣間みえる。2003年12月には「高須ちゃん生誕40周年祭り」と称し、ラジオ番組としては異例の日本武道館での公開録音が行われた。2001年10月4日から2009年3月28日まで放送。全391回。
  • 『御影のツボ』(ヨシモトファンダンゴTV) - 「第三のツボ」からリニューアル。吉本の芸人を招いて、ゲストにまつわるDVDを見ながらトークする番組。サウナ風呂のロビーなど、トーク番組なのにロケが多い。ゲストは、若手芸人が多い。最初のゲストだった板尾創路は、出演以後レギュラーパーソナリティとなった。
  • THE 放送サッカーズ』(ニッポン放送) - 月曜日担当パーソナリティ。現在の妻である増田みのりと競演。2006年10月2日から2007年3月29日まで放送。全25回。
  • 『松本人志の大人間論』(NHK)2007年7月放送の特別番組。前述の「松本人志の放送室」収録終わりから登場。松本と劇場で、出身地の尼崎市潮江の映像写真を鑑賞。写真によると、潮小学校には高須の楷書体のネームプレートがあった。
  • 『ドキュメント考える〜クリエイティブディレクター・箭内道彦〜』(NHK総合)2008年5月9日放送の特別番組。2008年5月3日、翌日5月10日放送分のラジオ番組『風とロック』(TOKYO FM)のゲスト出演収録の様子。
  • R30』(TBS)2008年7月10日ゲスト出演。
  • 『高須光聖の御影流』(TOKYO FM)
  • トップランナー』 -TOP RUNNER-(NHK総合)2010年12月11日ゲスト出演。
  • THE MANZAI 2011(フジテレビ,2011年12月17日放送)では審査員の一人として出演。
  • オトナノの!』(TBS 2012年2月1日・2月8日放送分)に河村隆一と供にゲスト出演。
  • 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』(日本テレビ)2013年3月9日ゲスト出演。
  • お笑いバイアスロン2013(琉球朝日放送 2013年8月31日放送)では審査員の一人として出演。

担当番組[編集]

ダウンタウンの出演番組[編集]

ダウンタウン以外の番組[編集]

「御影屋聖」名義の担当番組[編集]

御影屋 聖(みかげや ひじり)とは、高須のペンネームである。元々は、実家の果物屋の屋号「御影屋」に由来するもので、『めちゃモテ』で使い始めた。

2005年4月7日に、『サルヂエ』と『いきなり! 黄金伝説。スペシャル』の放送時間がかぶった時は、サルヂエは通常とは違い「御影屋聖」、黄金伝説は通常通り「高須光聖」名義だった。

これまでの担当番組[編集]

脚本[編集]

監督作品[編集]

CM[編集]

連載[編集]

著書[編集]

  • 『御影屋』(糸井重里ウルフルズテイトウワ近藤サト電気グルーヴ、ダウンタウンなどとの対談集。ビクターブックス、1996年7月、ISBN 4893891170
  • 『友達(ツレ)』(書き起こしエッセー。竹書房、1996年6月、ISBN 4812401682
  • 『放送作家になろう!』佐竹大心とポトマックス・著(同文書院)※インタビュー収録
  • 『放送室の裏』(松本との共著。ワニブックス、2003年7月26日ISBN 4847015150
  • 『放送室 その2』(同上。TOKYO FM出版、2005年2月、ISBN 4887451199
  • 『放送室 その三』(同上、2006年4月22日、ISBN 488745158X
  • 『あまりかん。』(KKベストセラーズ、2007年4月10日)「放送室」で、松本が放った「アマリカンドリーム」というフレーズにインスパイアされたタイトル。

作詞[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]