フジテレビのアナウンサー一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フジテレビジョン > フジテレビのアナウンサー一覧

フジテレビのアナウンサー一覧(フジテレビのアナウンサーいちらん)は、フジテレビジョン編成制作局アナウンス室に所属するアナウンサーを一覧にしたものである。※印はアナウンス室長経験者。

アナウンサー以外の管理職[編集]

現職アナウンサー[編集]

入社年順に表記、●はニッポン放送からの移籍者。

歴代アナウンサー[編集]

五十音順に表記、部署・役職等は現在判明している最終の類。

他部署へ異動[編集]

丸かっこ内の数字は編成制作局アナウンス室在籍期間。

男性
  • 川原浩揮(旧姓岡田)(2001年 - 2005年、報道局報道センター)
  • 川端健嗣(1984年 - 2013年、BSフジ広報局専任局長)
  • 小泉陽一(1991年 - ?)
  • 近藤雄介(1979年 - 2006年、総合開発局メディア開発センターペイTV事業部ゼネラルプロデューサー)
  • 桜井堅一朗(1997年 - 2005年、スポーツ局スポーツ制作センターニュース制作部ディレクター)
  • 智田裕一(1989年 - 2005年、報道局取材センター経済部デスク・解説委員
  • 長坂哲夫(1990年 - 2009年、総務局総務サービスセンター総務サービス部)
  • 八馬淳也(1998年 - 2004年、報道局ディレクター)
  • 森下知哉(2001年 - 2009年、報道局取材センター社会部司法クラブ記者)
  • 横井克裕(1986年 - ?、総務局法務室統括担当部長)
  • 吉沢孝明(1984年 - 2002年)
  • 渡邉卓哉(2002年 - 2006年、人事局人事部)
女性
  • 青木美枝(1987年 - 1997年、経理局財務部謝金担当)
  • 小田多恵子(1985年、放送文化推進局長)
  • 木幡美子(1989年 - 2011年、放送文化推進局CSR推進室)
  • 田代尚子(1989年 - 2014年、国際開発局国際部)
  • 田代優美(元ニッポン放送、2006年 - 2011年、総務局兼適正業務推進室)
  • 冨田憲子(元ニッポン放送、2006年 - 2012年、報道局)
  • 本間淳子(1981年 - ?、総合メディア開発コンテンツ事業局コンテンツ事業部契約担当部長)
  • 山本麻祐子(元ニッポン放送、2006年 - 2012年、広報局広報室広報部)
  • 吉崎典子(1984年 - 2012年、秘書室副会長秘書役)

退社・退職者[編集]

丸かっこ内の数字はフジテレビ在籍期間。特記事項の無い人物は主にフリーアナウンサー(以下「フリーアナ」)やニュースキャスター司会者タレントとして活動している。

男性[編集]

局契約
(いずれもNHKより移籍)

女性[編集]

共同テレビジョン所属・フジテレビ専属契約(出向・局契約含む。下記は現在もフリーアナウンサーとして活動)
デジタルアナウンサー

備考[編集]

ニューヨーク支局にアナウンサーを1名交代で派遣(フジサンケイ・コミュニケーションズ・インターナショナルへ出向)しており、期間は2年~4年等と様々である。業務は、日本に向けて最新情報を伝えたり、ケーブルテレビを通じて「FCIモーニングEYE」で在米日本人向けに日本語でニュースを伝えるのが主である。

フジサンケイグループ共同テレビジョンに1993年に入社した関戸めぐみと、2000年に入社した相川梨絵安藤幸代滝川クリステルの3人は、同社にアナウンサー専門職として採用された後、フジテレビアナウンス室へ出向し、「専属契約アナウンサー」という形でアナウンス業務に当たっていた。

2006年4月にニッポン放送が放送事業を承継する新・ニッポン放送を分割設立し、社名変更したニッポン放送ホールディングスが親会社のフジテレビジョンに吸収されたことに伴い、11人のアナウンサーがフジテレビへと転籍した。転籍後はテレビ・ラジオ双方に出演していたが、同年9月末を以て担当番組から外れたが、小野浩慈のみはフジテレビからの出向という形で、2007年10月から2009年3月までニッポン放送のスポーツ中継で実況を担当していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

アナウンサー番組[編集]

ニッポン放送

関連項目[編集]

アナウンサーユニット[編集]

外部リンク[編集]