お上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

お上御上(おかみ)とは、貴人主君に対する尊称である。転じて、公儀権力を示す。

なお、「おうえ」と読んだ場合は、主婦あるいは座敷居間を意味する。

歴史[編集]

四等官筆頭の長官がカミと呼ばれるように、日本では古来より最上位の権力者をカミと称してきた。武家政権時代であれば、庶民にとってのオカミは領主であり、武士にとってのオカミは主君であり、公家にとっての主上(おかみ)とは天皇であった。明治に入り一君万民論の浸透とともに、狭義には天皇一人を、広義には「天皇の政府」としての公権力一般を指すようになった。第2次世界大戦後は「お上」をもって天皇を指すことは一般的にはなくなり、揶揄的に役所・政府ないし政府機関、省庁を指す俗用のみが残っている。

女将[編集]

また旅館食堂などを取り仕切る女性を「女将(おかみ)」「女将さん」と呼ぶ。ただし、本来は「御上さん」が正しい表記である。

御上家[編集]

貴族や貴族の家、貴族的(上品)な様子のことを「御上家(おかみけ)」とも言う。

上様[編集]

「上様」は、江戸時代には将軍の尊称として用いられた。現在領収書などで客の名前の代わりに「上様」と書くことはここからきているとされるが、異説もある。