北川悠仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北川悠仁
基本情報
出生名 北川悠仁
出生 1977年1月14日(37歳)
出身地 日本の旗 日本, 神奈川県横浜市磯子区
血液型 A型
学歴 横浜高等学校
ジャンル J-POPフォーク
職業 ミュージシャン歌手俳優
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1997年 -
レーベル セーニャ・アンド・カンパニー
共同作業者 寺岡呼人
岩沢厚治
公式サイト ゆず OFFICIAL WEB SITE

YOSHIKI
ビートルズ
ローリング・ストーンズ
ジャニス・ジョプリン

北川 悠仁(きたがわ ゆうじん、本名同じ、1977年1月14日 - )は、日本のミュージシャン歌手俳優岩沢厚治と組んだゆずリーダー愛称は、「悠仁」「悠ちゃん」「仁くん」。母は宗教法人かむながらのみちの教主北川慈敬フリーアナウンサー高島彩

人物[編集]

音楽活動について[編集]

  • 兄が使っていた昔のドラムセットを出してきて叩き始めたのが、音楽の入口である。
  • 初めて作った歌は「種」ということになっているが、実際には「マリア」という歌を作っている(ただしゆずになる前であり、ゆずとしては「種」である)。布団の中で家族にバレないようにこっそり録音した曲で、「他人にはとてもじゃないけど聴かせられない」と語っている。
  • ゆず結成前はX JAPANYOSHIKIに憧れ、バンドドラマーとして活動していた。
  • 北川が影響を受けたアーティストは多く、ビートルズローリング・ストーンズジャニス・ジョプリンなどが挙げられるが、中でもジョン・レノンから受けた影響はかなり大きく、それは彼の音楽性にも現れている。
  • アコースティックな楽曲が多かったゆずにエレクトリックギターを取り入れるなど、彼による新たな試みも多い。ギターはジョンも生涯愛用していたギブソンJ-160Eなどを愛用している。
  • 関ジャニ∞に「T.W.L」(『クレヨンしんちゃん』主題歌)を書き下ろしたことが彼らのラジオ番組で発表された。ゆずが他のアーティストに楽曲を提供するのはこれが初めてである(アーティストではないが過去にネプチューンに楽曲を提供している)。

好きなもの[編集]

  • 好きなアイスは「あずきバー」(昔は嫌いだったがしばらくして好きになったらしい)。また、ラジオなどで「あずきバーが好き」と言い続けていたところ、8月27日の放送で井村屋から大量のあずきバーが送られてきた。その回の放送で北川はそれを食べながら放送していた。その後、井村屋が正式に「ゆずのオールナイトニッポンGOLD」のスポンサーになることが発表された。
  • 大の風呂好きで、本人曰く「ドラえもんに出てくる静ちゃん並に入る」とのこと。
  • 過去に公式サイトで、趣味をAV(機器)と表記していた。

家族[編集]

  • 姉が三人と、兄がいる。兄とは17歳離れている。
  • 小学生の頃、姉と喧嘩している間に家に泥棒が入り、次の日に学校から帰って来たら家の前が大騒ぎになっていた事がある。
  • 2011年10月20日、かねてより交際していたフリーアナウンサーの高島彩と結婚したことを発表。かむながらのみちの総本山である山梨県の身曾岐神社で挙式[1]。「結婚は悠仁が35歳になってから」という、北川の母親のアドバイスを2人で守り続けていたと言うのは週刊誌のデマであり、[要出典]実際は悠仁が34歳の時に結婚している。
  • 2013年2月17日、北川が出産に立ち会い、妻の高島彩が長女を出産[2]

その他[編集]

  • 中学生までは太っていたが高校でバスケ部に入部してからみるみる痩せていき、友人たちに驚かれたという。ちなみに、高校バスケ部の顧問は美空ひばりの甥。
  • ミュージシャンになる前は俳優として活動していた。当時の出演作品は後述。
  • 2008年にフジテレビ月9ドラマ『イノセント・ラヴ』で、連続ドラマのレギュラー出演に初挑戦。堀北真希演じる秋山佳音の相手・長崎殉也役で出演した。

音楽活動[編集]

出演[編集]

北川のみの出演について記述する。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他テレビ番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]