横浜国際総合競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新横浜公園 > 横浜国際総合競技場
横浜国際総合競技場
"日産スタジアム"
NISSANSTADIUM20080608.JPG
施設情報
所在地 日本の旗横浜市港北区小机町3300
位置 北緯35度30分37.01秒
東経139度36分22.19秒
座標: 北緯35度30分37.01秒 東経139度36分22.19秒
起工 1994年
開場 1998年
所有者 横浜市
運用者 横浜市スポーツ振興事業団 他
グラウンド 天然芝(107m x 72m)
ピッチサイズ 105m × 68m
照明 1500ルクスから2000ルクス(ゴール前)
大型映像装置 2基
建設費 総工費約603億円
設計者 松田平田・東畑建築事務所共同企業体
建設者 竹中工務店、他7社JV
使用チーム、大会
横浜F・マリノス(Jリーグ、メイン本拠地)
横浜FC(Jリーグ、不定期)
サッカー日本代表
2002 FIFAワールドカップ
2019 ラグビーワールドカップ
収容能力
72,327人
アクセス
新横浜駅小机駅北新横浜駅
亀の甲橋付近より横浜国際総合競技場(日産スタジアム)全景。
横浜国際総合競技場(日産スタジアム)全景。手前は新横浜公園

横浜国際総合競技場(よこはまこくさいそうごうきょうぎじょう、International Stadium Yokohama)は、神奈川県横浜市港北区新横浜公園にある陸上競技場および球技場である。施設は横浜市が所有し、横浜市スポーツ振興事業団、横浜マリノス株式会社、管理JV(ハリマビステム、東京ビジネスサービス、シンテイ警備、西田装美、協栄ビルメンテナンス)共同事業体が指定管理者として運営管理を行っている。

なお、日産自動車命名権(ネーミングライツ)を取得しており、2005年3月1日より「日産スタジアム」(略称「日産ス」)の呼称を用いている(後述)。

概要[編集]

約4年の工期を経て、1998年(平成10年)に完成。日本最大規模の72,327席の観客収容能力を誇る屋外多目的競技場であり、2002 FIFAワールドカップでは決勝の舞台となった。 2002 FIFAワールドカップの決勝戦が開催され、同大会で日本代表がW杯初勝利を挙げた場所でもある。また、2019 ラグビーワールドカップの試合会場の1つに予定されている。

コンサートでの使用も可能であるが、会場の規模から利用するアーティストは年に1組程度である。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する横浜F・マリノスのホームスタジアムでありホームゲームの多くを開催する。Jリーグに加盟する横浜FCはホームゲームを開催する場合もある。またFIFAクラブワールドカップでは日本開催大会の全てで決勝戦を開催している。

日本陸上競技連盟第1種公認陸上競技場として各種陸上競技大会も開催される。


沿革[編集]

開場まで[編集]

  • 1980年 - 建設省(現国土交通省)が横浜市港北区内の鶴見川流域に多目的遊水池の整備を決定
  • 1990年 - 横浜市が多目的遊水池上に1998年秋季国民体育大会(国体)のメインスタジアムを含む総合運動公園の整備を決定
  • 1992年1月 - 用地買収に着手
  • 1993年1月 - 2002 FIFAワールドカップ(以後2002年W杯)の日本国内開催候補地に決定
  • 1994年1月 - メインスタジアムが着工
  • 1996年10月 - 横浜市が2008年夏季オリンピック開催都市への立候補を表明(横浜オリンピック構想
  • 1996年12月 - 2002年W杯の開催地に決定
  • 1997年3月 - 「横浜国際総合競技場」の名称が決定
  • 1997年4月 - スタジアムの運営を横浜市スポーツ振興事業団へ委託
  • 1997年8月13日 - JOCでの国内選考決選投票で大阪市大阪オリンピック)に敗れ、オリンピック開催を断念
  • 1997年10月 - スタジアムが竣工

開場からW杯まで[編集]

2002年6月9日 日本vsロシア

W杯以降[編集]

最大観客数を記録した横浜FM-浦和の試合
  • 2005年
    • 2月26日 - ゼロックス・スーパーカップ 横浜FM対東京ヴェルディ1969を開催。
    • 3月1日 - 日産自動車との命名権契約開始に伴い、「日産スタジアム」に改称(契約期間は2010年2月28日まで)。また、併設施設である小机競技場及びスポーツコミュニティプラザもそれぞれ、日産フィールド小机、日産ウォーターパークに改称。
    • 6月12日 - プレシーズンマッチとして横浜F・マリノス対FCバルセロナ(スペイン)を開催。7月30日には同カードを再び開催。
    • 7月23・24日 - ゆずが「YUZU STADIUM 2005 GO HOME」を開催。
    • 8月6日・7日 - SMAPが「SMAPとイク? SMAP SAMPLE TOUR FOR 62DAYS.」の横浜公演を開催。
    • 8月17日 - 2006 FIFAワールドカップ アジア最終予選 日本対イランを開催(FIFAの規定により命名権は使用できず、元の名称「横浜国際総合競技場」として使用)。
    • 12月18日 - サッカーの第2回FIFAクラブ世界選手権であるFIFAクラブ世界選手権2005の決勝戦を開催。FIFAの規定により、この大会でも元の「横浜国際総合競技場」として使用され、以後は同名称での決勝・3位決定戦開催が2008年まで毎年継続。
  • 2006年
  • 2007年
    • 1月4日 - スタジアムや横浜市スポーツ医科学センターの施設を利用して陸上競技選手の育成や普及活動を行う「日産スタジアム・アスレティックスアカデミー」を開校(代表は高野進)。
    • 4月14日 - 横浜FCがJ1昇格後、初の公式戦開催(第6節、横浜FC 0-1 鹿島アントラーズ)。
    • 8月11日 - 同スタジアムでは9年ぶりに、Jリーグでの横浜ダービー開催(第19節、横浜FM 8-1 横浜FC)。
    • 9月8・9日 - Mr.Childrenが「Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-」の横浜公演を開催。
    • 12月1日 - J1最終節(第34節)、最下位(18位)の横浜FCが首位の浦和レッズを1-0で下す。J2降格が決まっていた横浜FCはJ1で21試合ぶりの勝利、敗れた浦和はJ1優勝を逃す。
    • 12月13日 - FIFAクラブワールドカップ2007の準決勝、同スタジアムでの試合に日本のクラブで初めて浦和レッズが出場。ACミランと対戦し、1-0でACミランが勝利。
    • 12月16日 - FIFAクラブワールドカップの3位決定戦、浦和対エトワール・サヘルは前後半2-2の引き分けの末PK戦4-2で浦和が3位に、また同日の決勝戦、ACミラン対ボカ・ジュニアーズは4-2でACミランが勝利。
  • 2008年
    • 4月12日 - 「日産スタジアムデー」として、開場10周年の記念イベントを開催(横浜F・マリノス対柏レイソルに合わせて実施)。同年には、これ以外にも10周年記念企画を実施。
    • 6月2日 - 2010 FIFAワールドカップ(W杯南アフリカ大会)のアジア3次予選、日本対オマーンを開催。同大会の予選開催は、この試合が最初。
    • 6月7日 - サッカーのチャリティーマッチ「TAKE ACTION! 2008 +1 FOOTBALL MATCH」が開催。提唱者の中田英寿は2006年の現役引退以来、初めて日本での有料試合でプレーした。
    • 8月16日・17日・23日・24日 - サザンオールスターズが「サザンオールスターズ 『真夏の大感謝祭』 30周年記念LIVE」を開催。スタジアム開場以来初となる同一ミュージシャンの4連続公演が行われた。
    • 9月20・21日 - B'zが「B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」の横浜公演を開催(当スタジアムでの「LIVE-GYM」自体は6年ぶりだが、「Pleasure」シリーズでは初開催)。
    • 10月10日 - 2008年に横浜オリンピックが実現していた場合の開会式実施日(1996年の記事を参照、閉会式は10月25日)。
    • 12月21日 - FIFAクラブワールドカップ2008の3位決定戦と決勝戦を開催。2005年以来の同大会決勝開催がこれで途絶える(同大会自体は2011年と2012年に日本で再び開催)。
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
    • 3月11日 - 東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生。スタジアム自体には大きな被害はなかったが、翌12日に予定されていた横浜F・マリノスのJ1ホーム開幕戦は延期。
    • 4月16日 - 横浜市民向けの企画として、「日産スタジアムの“芝生”でプレーしよう+東日本太平洋沖地震チャリティイベント」が開催[1]
    • 4月29日 - 横浜F・マリノス対清水エスパルス戦で、J1リーグ戦での使用が再開。
    • 11月23日 - 来場者も参加して、第九などを合唱するイベント「ウタジアム」を初開催。[2][3]
  • 2012年
    • 2月13日 - 2020年夏季オリンピックの東京招致本部(2020年東京オリンピック構想)、IOCに申請ファイルを提出。サッカー競技の会場として同スタジアム(横浜国際競技場名義)を含める。
    • 5月12・13日 - L'Arc〜en〜Cielが「20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL」の横浜公演を開催。
    • 9月1日 -矢沢永吉が「EIKICHI YAZAWA 40th ANNIVERSARY LIVE 『BLUESKY』」を開催。
  • 2013年
    • 3月1日 - 横浜市と日産自動車が契約金を減額した上で新たな命名権契約を締結し、「日産スタジアム」「日産フィールド小机」「日産ウォーターパーク」の名称使用が継続(契約期間は2016年2月28日まで)。
    • 6月8日 - AKB48が姉妹グループのSKE48NMB48HKT48と共に「AKB48 スーパーフェスティバル 〜日産スタジアム、小っちぇっ! 小っちゃくないし!!〜」を開催(女性初)。その第二部としてAKB48 32ndシングル選抜総選挙の開票イベント「AKB48 32ndシングル選抜総選挙 〜夢は一人じゃ見られない〜」を実施。
    • 8月4日 - ももいろクローバーZが「ももクロ夏のバカ騒ぎWORLD SUMMER DIVE 2013 8.4 日産スタジアム大会」を開催(女性単独初)。通常のコンサート時はアリーナ席として使用されるフィールド部分をステージ演出として使用[4]
    • 8月10日・11日 - サザンオールスターズが「SUPER SUMMER LIVE 2013『灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!』」の横浜公演を開催。
    • 8月17日・18日 - 東方神起が「LIVE TOUR 2013 〜TIME〜 FINAL in NISSAN STADIUM」を開催(海外アーティスト単独公演史上初)。
    • 9月8日(現地時間7日) - アルゼンチンブエノスアイレスで開催された第125次IOC総会で、2020年夏季オリンピックの東京開催が決定。サッカー競技で同スタジアム(横浜国際競技場名義)が使用される見込みとなる。
    • 9月21日・22日 - B'zが「B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」の横浜公演を開催。2日間合わせて15万人の観客が集結し、1公演の観客動員数(7万5000人)は日産スタジアム史上最多となった。[5]
    • 11月14日 - 日本サッカー協会が同日の理事会で、第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝戦を2014年12月13日に同スタジアムで開催すると決定[6][7]
    • 11月30日 - J1リーグ第33節、横浜F・マリノス対アルビレックス新潟戦の入場者が6万2632人を記録し、リーグ戦でのJリーグ最多入場者記録を更新[8]。F・マリノスは勝てば9シーズンぶりのJ1優勝だったが0-2で敗れ、最終順位は2位となる。2014年のACL出場権は獲得。

施設[編集]

横浜国際総合競技場は主要な大会を行うメインスタジアムとして陸上トラックやフィールドなどが整備され、スタンドの内部や下部にも施設が整備されている。補助競技場などの付属施設も持っている。また、鶴見川の多目的遊水池機能を損ねないような設計がなされている。

階層[編集]

  • 7F 2階席スタンド
  • 6F 1階席・2階席の間のコンコース
  • 5F 1階席後方
  • 4F 1階席中段、観客席入場口、外周コンコース上層部
  • 3F トラック・フィールド(ピッチ)・スタジアム業務エリア・横浜市スポーツ医科学センターの上層・日産ウォーターパーク更衣室
  • 2F スタジアム業務エリア・横浜市スポーツ医科学センターの下層、日産ウォーターパーク、前記それぞれの入口、外周コンコース下層部
  • 1F 駐車場(ただしスタジアム施設直下部分は常時閉鎖)、異常気象時遊水地

競技場内[編集]

場内ピッチ
  • 陸上トラックは9レーンの1周400m、直線100mのコースがあり、日本陸連公認の第1種競技場の資格を持っている。全天候型のトラックはウレタン舗装がなされ、記録が出やすいように配慮されている。なお、サッカーの試合では人工芝によって隠される場合がある(日本代表の国際AマッチFIFAクラブワールドカップJリーグ ディビジョン1のマリノス開幕戦など。トラックを露出する場合でも、メインスタンド席の側には人工芝を敷く)。
  • フィールド部分は常緑の芝が整備され、ヒーティングシステムなどで凍結などを防いでいる。この部分では国際的に高い評価を得ている。Jリーグベストピッチ賞は2001年と2010-2012年の4回受賞。
  • 観客の乱入を防ぐため、トラックの外周には堀が作られ、スタンドと隔離されている。また、スタンドの最前列には樹脂ボードの壁があり、観客の転落を防いでいる。

スタンド・付属施設[編集]

場内スタンド

スタンド[編集]

  • 全層二層式で、座席数は72,327席となっている。立ち見席はなく、全ての席に背もたれ付きの椅子が用意されている。
  • バックスタンドには水色地に赤色で文字が入っているが、開設当初は2階席のみに「YOKOHAMA」の文字が入っていた。しかし、命名権取得による名称変更で2階席に「NISSAN」、1階席には「STADIUM」の文字が入った。なお命名権が使用できない大会を開催する場合は、NISSAN部分の座席が通常の色の座席に取り替えられたり、並び替えたりして文字にならないようにする。
  • 低層スタンドの中央通路部分には車いす用の観戦スペースが用意され、バリアフリー対策もなされている。
  • 両サイドの高層スタンド上部には大型スクリーンが各1基設置され、ほとんどの客席から映像が確認できる。メインスタンド及びバックスタンドの低層後部は、大型スクリーンが二階席の陰になるが、頭上にモニターを設置してあるので、映像は確認できる。また、大型スピーカーによる音響設備も準備されている。
  • スタジアム全周を屋根が覆い、低層スタンドの奥と高層スタンドの大部分をカバーする。低層スタンド前部を除き、雨でも濡れない配慮をしているが、こけら落としの日韓戦では荒天になり、スタンドに吹き込んだ風によって多くの観客が強い風とみぞれにさらされた。
  • スタンド内には売店やトイレなどが多く設置され、観客サービスの充実が図られている。
  • 公衆無線LANは使えない。
  • サッカーの試合の開催時、メインスタンド前方の席はピッチの一部がベンチの死角になってしまう。
横浜F・マリノス主管試合での取り扱い
  • スタンドはメインスタンド(Wスタンド)から見て左側ゴール裏(Nスタンド)をホーム側とする。
  • Jリーグディビジョン1の試合では、Wスタンド・Nスタンドの全体及びバックスタンド(Eスタンド)のホーム側の2階席を必ず開放する。Eスタンドアウェイ側の開放エリアは入場券の売り上げにより増減する。使用しないスタンドは青・白・赤(F・マリノスチームカラー)の布で覆われる。
  • ビジター自由席はメインスタンドから見て右側ゴール裏(Sスタンド)に設定される。基本的にはSスタンド1階席のみが開放されるが、ビジター自由席の入場券の売り上枚数が増える浦和レッズや鹿島アントラーズなどとの試合では2階席を開放する場合がある。また、2階席を解放しない場合はEスタンド側にビジター自由席が広がることがある(2013年8月28日の浦和レッズ戦など)。
  • ホーム自由席の売り上げ枚数が増え、入場者が5万人を超えるような試合ではSスタンド2階をホーム自由席として使用する場合がある(2013年11月30日のアルビレックス新潟戦など)。
  • Jリーグヤマザキナビスコカップの試合では、スタジアム全体にわたり1階席のみの開放となる場合がある。
  • ビジター自由席のエリアは場内でその他のエリアとの行き来はできない。よってビジター自由席券所持者は場内のその他のエリアの売店などは利用できない。
  • Eスタンド~Nスタンド~Wスタンドのコンコースは場内で行き来できるが、Nスタンドのコンコースはビジターチームの応援グッズを着用しての通行はできない。
  • メインスタンドは西ゲート、ホーム自由席は北ゲート、バックスタンドの指定席は東ゲート、ビジター自由席は南ゲートが入場口である。ただし北ゲート列切れ後は東ゲートからもホーム自由席に入場可能となる。
  • 全ての入場口で再入場が可能である。当初はホームサポーターのスタジアムショップ利用の便宜のために東ゲートに限定していたが、場外フードコート・イベントの充実に伴い拡大された。
  • Jリーグ統一禁止事項によりビン類・缶類の持ち込みは禁止されているが、ペットボトルについての制限はない。
  • 2012年度から同スタジアムでのF・マリノス主管試合においては客席は全面禁煙となる。元々スタンドの5・7階コンコースに喫煙所があったが、神奈川県受動喫煙防止条例」に則り、特に子供や禁煙者などの健康被害抑制に努めるための処置として、スタジアム外の4箇所に喫煙所を設け、スタンド・コンコースは全面禁煙とすることを決めた。[9]
天皇杯など同クラブ主管でない場合は異なる対応になる場合があるため注意が必要。

スタンド下[編集]

  • 鶴見川の増水時には、スタジアム地下に準備された調整池に水を落とし込んで下流部の洪水を防止する。そのため、全てのスタジアム施設は地平から高く上がった人工基盤上に作られている。
  • バック低層スタンドの下にはスポーツ医科学センターが開設され、リハビリ医療機能を持つメディカルゾーンの他、器械体操やフィットネス施設、プールなどが設置されている。
  • 同じ場所には市民のレクリエーション施設としてスポーツコミュニティプラザも開設され、レジャープールやクアハウス機能が整備されている。

競技場周辺[編集]

北東側の上空から見た競技場とその周辺。画面中央、白銀色の屋根がかかっている施設が横浜国際総合競技場。その右側にある茶色のトラックの施設が小机競技場。左上に新横浜駅周辺のビル群があり、競技場との間には鳥山川が流れる。右端中央部に小机駅。下端には鶴見川(右側が上流)とその河川敷。
  • 付属競技場として小机競技場(日産フィールド小机)が整備され、400mトラックやフィールドなどの施設がある。日本陸上競技連盟から第3種競技場として公認されている。横浜国際総合競技場での大規模な大会のサブトラックとしての利用に加え、単独でもサッカー(高校生年代のプリンスリーグなど)やラグビーなどの無料試合で使用されている。
  • 2004年にはスケートボード用の「新横浜公園スケボー広場」や人工芝コートの「しんよこフットボールパーク」も開場している。しんよこフットボールパークはJリーグや大規模イベント開催の際の駐車場を兼用している。
  • 北側を流れる鶴見川の増水時には、西側(上流側)の越水堤から水が流れ込む。
  • スタジアムの東側には、横浜市が総合保健医療センター、総合リハビリセンター、障害者スポーツ文化センター(横浜ラポール)を整備し、横浜労災病院とあわせてスタジアムの医療保健機能と連携している。

命名権[編集]

横浜市は2003年以来、総合競技場をはじめとする新横浜公園内各施設について命名権のスポンサー企業を募集していた。2004年10月7日、市は日産自動車と5年間総額23億5,000万円の条件で契約に合意し、公園内にある3施設の呼称を変更することが決まった。翌2005年3月1日から、総合競技場を「日産スタジアム」、隣接する補助競技場の小机競技場を「日産フィールド小机」、プール施設のスポーツコミュニティプラザを「日産ウォーターパーク」に、それぞれ呼称を変更した。市はこの命名権売却により、年間4~5億円にのぼる維持費の赤字解消を試みた。一方、日産は本社機能を2010年までに横浜市中心部のみなとみらい地区へ移転するため、命名権の取得によって、総合競技場をホームとする横浜F・マリノスとの相乗効果による地域密着のアピールを狙った。

通常、これら3施設については命名権により付与された呼称が使用されるが、国際大会など大会・興行のスポンサー以外の企業名称が使用できない場合は、正式名称である「横浜国際総合競技場」を使用する。一例として、この横浜国際では2002年以降、トヨタ自動車がスポンサーとなっているトヨタカップが開催されていたが、前述の通り呼称を「日産スタジアム」としたことで、FIFAの「企業名が入った競技場ではFIFA公式戦を開催することができない」という規定に抵触することから、2005年秋、トヨタカップを改組して行われることになったFIFA世界クラブ選手権(現FIFAクラブワールドカップ)を開催する場合、この規定をクリアする必要が生じた。これに対応するため、市及び主催者は選手権期間中については呼称に正式名称を使用することとした上で、新横浜公園内に掲出されている全ての「日産」・「NISSAN」と表示される掲示を覆い隠すなどの措置をとった。FIFAクラブワールドカップ開催中は、補助競技場は「フィールド小机」、スポーツコミュニティプラザは「ウォーターパーク」と単に呼ばれることとなる(この措置は「クリーンスタジアム」と呼ばれる。もちろん、トヨタと日産はライバル企業同士であり、ライバル会社の名前が出ることは問題だが、仮に自動車会社ではない別の会社がスポンサーであっても、同様の措置がとられる)。これにより、同年の選手権は豊田スタジアム国立霞ヶ丘陸上競技場、そしてこの横浜国際の3会場を使用することが決定。横浜では3位決定戦と決勝戦が行われた。この他、FIFAワールドカップアジア最終予選のホームゲームも同様に「横浜国際総合競技場」の名義を使用した。このような措置は、同じく命名権により呼称を「九州石油ドーム」(現在は「大分銀行ドーム」)とした大分スポーツ公園総合競技場でも行われた[10]。なお、サッカー日本代表の親善試合が行われる場合、現在こそ同様の措置を採っているが、かつては日産自動車が日本代表オフィシャルスポンサーだったため「日産スタジアム」をそのまま使用していた。

なお、新横浜公園外はクリーンスタジアムの対象とはならないため、新横浜駅をはじめ近隣街路の表示、及びバス停名は変更されない。

2009年8月、日産自動車は2010年3月以降の新規契約進捗状況について「厳しい経営環境により、現在の契約金額では(契約を)更新できない」と発表した。市は同年9月から命名権のスポンサーを募ったが〆切りまでに応募した団体・企業がなかった為、同年10月下旬より契約希望額を9月時に提示していた半額である(年間)1億5千万円に引き下げて再公募を行った結果、11月25日に日産自動車が再公募に参加したことを明らかにした。他に参加した企業はなく、日産自動車の命名権が更新される見通しとなった。従来の契約の終了日の翌日に当たる2010年3月1日、横浜市と日産自動車は年額1億5000万円の3年契約を新たに交わし、「日産フィールド小机」「日産ウォーターパーク」とともに「日産スタジアム」の名称が継続される事になった[11]。 2012年9月、日産自動車が2013年以降の「日産スタジアム」「日産フィールド小机」「日産ウォーターパーク」の命名権を3年契約で更新することを明らかにした。契約延長によりこれらの名称は2016年2月29日まで使用される[12]

トピックス・問題点[編集]

  • 日本最大の陸上競技場であり、同スタジアムの40年前(1958年)に開場した国立霞ヶ丘競技場と比較すると運営設備や取材施設の環境が整っている。
  • ただし、観客席が7万を超えるスタジアムであるため、サッカーの国際大会やコンサートを除けば満員になることはほとんどなく、客席の一部が閉鎖されることも多い。
  • サッカー専用スタジアムである埼玉スタジアム2002に対し、陸上競技場というこの競技場の構造に対しては臨場感などの点で劣っており、特に低層スタンドでは傾斜が緩かったり、メインスタンドではそれに加えてピッチがベンチの死角になって見えにくく、トラックのためにスタンドとピッチの距離が離れている部分もあり、2006 FIFAワールドカップの1次予選では日本国内で行われる(ホーム)3試合は、いずれも埼玉スタジアム開催となった。これは、当時の日本代表監督ジーコの意向とも言われている。同大会最終予選、2010 FIFAワールドカップの3次及び最終予選では当スタジアムで1〜2試合を開催した。2014 FIFAワールドカップは3次・4次(最終)予選を通して当スタジアムでは開催されなかった。
  • 一方、同スタジアムはオリンピック開催を前提に作られた事情もあり、全ての観客席から陸上トラックの全周が展望出来る点で、サッカーなどのフィールド競技よりも陸上競技の観戦に適したスタジアムである。ただし、現在の日本で陸上競技大会に集まる観客数と比較するとあまりにも巨大で、国際大会でもスタンドの多くが空席となる。使用料の問題もあり、必ずしも利用頻度は高くない。
  • 2001年6月7日、日韓コンフェデ杯準決勝第1試合日本オーストラリア戦の会場となったが、試合は雨で視界が遮られるほどの集中豪雨の中[13]、行われた。日本代表主力MF稲本潤一が「目を開けていられなかった」と後に語っている。しかし、ピッチは、水がたまらず良好なピッチコンデションを保ち続けたため、FIFAを始め世界中から「最高レベルの国際的競技に相応しい会場」と称賛を浴びた[14]
  • 総工費が札幌ドーム並みの約600億円であるため、Jリーグや陸上などのスポーツ大会だけでは、維持費も捻出出来ない。そこで、芝への影響を考慮して、ワールドカップまで控えていたコンサート開催の再開、スタジアムツアーやウェディングの開催などで、収益の向上や市民への認知を進めている。
  • 観戦客からは供食設備への不満も強く、以前は鰻丼で用いられるウナギの蒲焼きのタレのみを白米にかけた「うなタレ丼」がやり玉に挙げられる事もあった。この不満の解消に向け、場内売店の入れ換えやF・マリノス主催試合開催時での場外フードコート設置が進められている。
  • 1999年7月30日、J2第19節で川崎フロンターレが主催試合を行った。対戦相手は、大宮アルディージャで、試合は2-1でフロンターレが勝利を収めている。この試合が唯一横浜市外に本拠地があるチームが主催したJリーグ公式戦の開催例である。
  • 平成16年台風第22号では、調整池の機能が発動された。鶴見川から150万m³を貯水し、同川下流域の水位を1.5m下げて洪水防止に効果を発揮した。この時、横浜国際総合競技場の地下駐車場、小机競技場、しんよこフットボールパークなどが水没した。
  • 2006年4月からの4年間、日産スタジアムを含む新横浜公園は、横浜市より指定管理者として、横浜市スポーツ振興事業団・横浜マリノス株式会社・管理JV(ハリマビステム・東京ビジネスサービス・シンテイ警備・西田装美・協栄ビルメンテナンス)共同事業体が指定され管理運営をしている。
  • SEGAのサッカーゲーム「WORLD CLUB CHAMPION FOOTBALL」で、日産スタジアムが登場している。

大会・競技会・記録会・公演など[編集]

通年開催[編集]

過去の開催実績[編集]

公演・イベント実績[編集]

競技場をコンサート会場として使用する場合、要する面積の差から、アリーナ席を設ける。既存席に臨時のアリーナ席を足した収容人数が既設会場では国内最大の7万5000人規模となるため、アーティストには非常に高い集客力が求められる。また芝生保護の観点から、コンサート開催翌週まではJリーグ公式戦を実施しない(その期間の横浜F・マリノスのホームゲームはニッパツ三ツ沢球技場での開催となる)。 当スタジアムでコンサートを開催したアーティストは、以下の通りである。

アクセス[編集]

複数の鉄道駅から徒歩圏内にある上、東急東横線田園都市線の駅からもバスでアクセスできる。2002年W杯の決勝戦誘致においては、仮に6万人以上がスタジアムに集まったとしても、利用路線が多いためにイベント終了後の観衆が分散して比較的スムーズな帰宅輸送ができるとの見込みが大いに評価され、浦和美園駅から埼玉高速鉄道を利用する以外はバス輸送を介する必要がある埼玉スタジアムとの競争で勝利を収める要因の一つとなった。

主要な最寄り駅は新横浜駅小机駅の2つとなる。新横浜駅はスタジアムから約1kmと徒歩圏内にあり、3路線(下記参照)が集中するターミナル機能を備え、かつ東海道新幹線の全列車が停車する横浜市の玄関口でもあるため、遠方からの観戦者にとっても便利な駅で、利用者が多い。ただし、同駅周辺にはビジネス街が形成され、横浜アリーナなど他の大規模集客施設もあるため、スタジアムとアリーナで大規模イベントが重複する日などでは1面2線しかないJR横浜線ホームやその改札口を中心に混雑が激化し、利用者からの不満が寄せられている。これに対し、2008年2月には北口(新幹線口)に駅ビルとなるキュービックプラザ新横浜が開業し、駅のコンコースと直結して環状2号線にかかる巨大な歩道橋が整備される[15]など、混雑の改善策が採られている。新横浜駅周辺には新横浜プリンスホテルなどの宿泊施設も複数存在し、日本国外からの利用者にとっても便利な場所となっている。

一方、スタジアムからの距離では小机駅が約600mと最も近く、特にサッカーではホームチームのサポーターが集まる北サイドスタンド、及びメインスタンドの入口になる西ゲートではより近くなる。また、小机競技場では明らかに小机駅の方が近いが、新横浜駅と比較すると小机駅は小さく、快速列車は通過し[16]、駅周辺の商業施設もほぼ皆無である。東海道新幹線や市営地下鉄の利用客にとっては新横浜駅での乗換という手間もかかるため[17]、小机駅を利用する観戦客の比率は低い。混雑緩和策の一環として、横浜市やJR東日本では小机駅の利用を呼びかけているが効果は出ていない。

鉄道利用[編集]

  • 新横浜駅 - JR東海道新幹線、JR横浜線横浜市営地下鉄ブルーラインの駅。横浜国際総合競技場までは約1km、徒歩12~14分[18]とやや距離がある。なお、この駅から羽田空港へ向かう直行バス路線もある。スタジアムへのメインルートとして位置付けられ、鳥山川を渡った地点からメイン・バック両スタンドへ上がる専用歩道などが整備されている。
  • 小机駅 - JR横浜線の駅。約600m、徒歩7分と最も近い。スタジアムの南側を通る道路をスロープ付きの歩道橋で超える。北サイドスタンド(ホーム側)や日産フィールド小机(小机競技場)に近く、JR側も日産スタジアム最寄り駅と位置づけている。小机駅には「日産スタジアム下車駅」と大きな看板がある。
  • 北新横浜駅 - 市営地下鉄ブルーラインの駅。徒歩で約15分程かかる。鶴見川を渡り、スタジアムが満員時でも比較的空いているルート。
  • 菊名駅 - JR横浜線、東急東横線の駅。横浜F・マリノス公式戦の試合終了後などではアクセス駅として案内される。しかし、直線距離で2km以上、徒歩なら20分以上と遠いため、徒歩でのアクセスに利用する者はほとんどいない。東急東横線利用者は、新横浜駅や小机駅からJR横浜線を利用して菊名駅で東急東横線に乗り換える、あるいは綱島駅まで路線バス(下記参照)を利用する場合が大半となる。

バス利用[編集]

上記のように、FIFA主催の国際大会などでは「日産スタジアム」の名称は使われず「横浜国際総合競技場」として利用されるが、バス停の名称は「日産スタジアム」のままのため、公式プログラムなどではバスによるアクセスの案内はなされない。バス自体は通常のイベント開催時と同様に運行され、臨時便も増発される。

また、横浜駅との間を結ぶ臨時バスが運行されることもあった。

自動車利用[編集]

競技場の下層部に駐車場が設けられている。また、競技場付近にコインパーキングも多くある。

横浜F・マリノスのホームゲームの場合は各試合ごとに「駐車券」を販売し、その所持者のみにスタジアム内の駐車場利用を認めている。また、車いす利用者席とSSS席(最高額席)の年間席購入者には別途スタジアム駐車券を配布している。サッカー日本代表戦などでは、車いす利用者かプレミアムシート(高額席)の購入者のみにスタジアム内の駐車場利用を認めている。 駐車場が利用出来る時でも、帰りは最寄りの港北ICまでの道1キロ弱が激しい渋滞となる場合がある。これは、日産スタジアム方面からICに入る車は第三京浜港北IC入口交差点の右折信号を待たなくてはならないことに起因する渋滞である。

なお、鶴見川の北岸には首都高速道路株式会社が横浜環状道路横浜環状北線を建設中で、2016年度に予定される港北インターチェンジ~生麦ジャンクション首都高速神奈川1号横羽線首都高速神奈川5号大黒線に接続)間完成時には新横浜出入口が設置され、横浜生田線と接続する。スタジアムから見ると鶴見川にかかる亀甲橋の対岸に位置し、スタジアムに最も近い有料道路の出入口となる。

自転車・二輪車利用[編集]

スタジアムの管理駐車場横など、周辺5カ所に駐輪場が設けられている。日本代表戦などの大規模試合時でも各駐輪場の利用規制はされていない。

備考[編集]

  1. ^ 公益財団法人横浜市体育協会、「ハマスポニュース」2011年4月16日付の「http://www.hamaspo.com/sportsblog/2011/04/bmid_2011041616311800009.html イベント名記事]、2014年12月15日閲覧。
  2. ^ 「ウタジアム」Webサイト
  3. ^ 参加者数は1万人の第九を圧倒的に上回っている。
  4. ^ ももクロ6万人日産スタジアムライブに布袋、猫、武井壮 - ナタリー、2013年8月5日。
  5. ^ デビュー25周年のB'z、日産スタジアム史上最多観客動員記録し全国ツアー完走、オリコン、2013年9月23日。
  6. ^ 国立霞ヶ丘競技場から新国立競技場への全面建て替え、同スタジアムが開催に名乗りを上げていた。国立競技場以外での同大会決勝戦開催は第46回大会駒沢陸上競技場)以来、48大会ぶり。
  7. ^ Yahoo!ニュース、川端暁彦(前エル・ゴラッソ編集長)執筆、2013年11月14日付、「2014年度天皇杯の日程が確定。決勝は12月13日、横浜に変更。大会開幕は7月5日!
  8. ^ Jリーグ公式サイト ニュースリリース2013年11月30日付、「J1第33節 横浜FM vs 新潟(日産ス)62,632人 J1リーグ戦最多入場者数試合記録更新!」。Jリーグ公式戦自体の最多入場者試合は、2004年のチャンピオンシップ(上記)のまま。
  9. ^ マリノス公式サイト・「喫煙について、他、2012シーズンの試合運営について」 (2012年3月13日)
  10. ^ 日本国外でも同様の処置がとられている(例:ドイツW杯ではアリアンツ・アレーナを「FIFA WM-シュタディオン・ミュンヒェン」(FIFAワールドカップ・ミュンヘンスタジアム)として使用)
  11. ^ MSN産経ニュース 2010年3月1日付記事
  12. ^ 日産スタジアム命名権、3年延長 - 朝日新聞、2012年9月15日配信
  13. ^ 後藤健生「日本サッカー史 日本代表の90年 1917→2006」2007年、P338~P342
  14. ^ 横浜とサッカーの歴史-SPORTSよこはま2008年2月1日
  15. ^ これにより、スタジアムやアリーナの観客、及びビジネス街の利用者は、6車線道路である環状2号線の横断歩道での信号待ちが不要となり、混雑が軽減された。
  16. ^ 臨時停車する場合もある
  17. ^ ただし、菊名駅東急東横線へ乗り換える乗客を含む東神奈川駅(直通運転の横浜駅桜木町駅方面を含む)方面の乗客には、新横浜駅より小机駅を利用する場合の不利は少なく、八王子駅方面の乗客にとっては小机駅の方が近くなる。(新横浜から乗ってきた乗客がいるため、電車はかなり混雑している)
  18. ^ 横浜F・マリノス及び日産スタジアムホームページには、市営地下鉄より12分、JRより14分と記載

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
先代:
長居スタジアム
大阪市
国民体育大会
主競技場

かながわ・ゆめ国体
次代:
K.K.WING
熊本市
先代:
エスタディオ・アステカ
メキシコシティ
FIFAコンフェデレーションズカップ
決勝戦会場

FIFAコンフェデレーションズカップ2001
次代:
スタッド・ド・フランス
サン=ドニ
先代:
エスタジオ・ド・マラカナン
リオデジャネイロ
FIFAクラブワールドカップ
決勝戦会場

2005200620072008
次代:
シェイク・ザイード・スタジアム
アブダビ
先代:
シェイク・ザイード・スタジアム
(アブダビ)
FIFAクラブワールドカップ
決勝戦会場

20112012
次代:
スタッド・ド・マラケシュ
マラケシュ