大國魂神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大國魂神社
拝殿
拝殿
所在地 東京都府中市宮町3-1
位置 北緯35度40分02.87秒
東経139度28分44.19秒
座標: 北緯35度40分02.87秒 東経139度28分44.19秒
主祭神 大國魂大神
社格 武蔵国総社
官幣小社
別表神社
創建 (伝)第12代景行天皇41年
本殿の様式 三間社流造銅板葺
別名 六所宮
札所等 東京五社
例祭 5月5日
主な神事 くらやみ祭4月30日-5月6日
テンプレートを表示
大鳥居

大國魂神社(おおくにたまじんじゃ、新字体:大国魂神社)は、東京都府中市にある神社武蔵国総社旧社格官幣小社で、現在は神社本庁別表神社

東京五社の一社[注 1]。また、武蔵国の一之宮(一宮)から六之宮までを祀るため、「六所宮」とも呼ばれる。

概要[編集]

古代国司は各国内の全ての神社を一宮から順に巡拝していた。これを効率化するため、各国の国府近くに国内の神を合祀した総社を設け、まとめて祭祀を行うようになった。当社はそのうちの武蔵国の総社にあたる。

当社は府中市中心部に鎮座するが、「府中」の市名はかつて武蔵国の国府があったことに由来する。当社の境内地がかつての武蔵国の国府跡にあたり、境内地と市道を挟んで東側の市有地は「武蔵国府跡(武蔵国衙跡地区)」として国の史跡に指定されている。東側市有地は「武蔵国衙跡地区」として整備されており、柱跡が表示されて展示室が設けられている(「武蔵国府跡」も参照)。また、当社は府中宿の中心部近くにあり、大鳥居から武蔵国分寺や武蔵国分尼寺までの道が整備されていた。

当社の創建は景行天皇41年と伝えられ、源頼朝の安産祈願をし、また源頼義義家奥州戦に向かう際に戦勝祈願をするなどの伝承がある。

境内は多くの社殿からなるほか、重要文化財の木造狛犬を初めとした文化財を多数伝えている。駅近くの市街地中心部に位置するにも関わらず緑の森に囲まれており、参道の馬場大門のケヤキ並木は国の天然記念物に指定されている。

例大祭は「くらやみ祭」として有名で、関東三大奇祭の一つに数えられている。

祭神[編集]

本殿の祭神は以下の通り。武蔵国の総社として、当社創建当時の武蔵国一之宮から六之宮まで(通称:武州六社明神)を祀っている。

中殿
  • 大國魂大神 (おおくにたまのおおかみ) - 主祭神。大国主命と同神とされる。
  • 御霊大神 (ごりょうおおかみ)
  • 国内諸神
東殿
西殿

創立の初期には、創建日の5月5日に武蔵国中の神官が集まり祈祷を行っていたと伝えられる。

歴史[編集]

創建[編集]

社伝『府中六所社伝』などに記された伝承によれば、景行天皇41年5月5日に大國魂大神がこの地に降臨し、それを郷民が祀った社が起源という。その後出雲臣の祖神天穂日命後裔武蔵国造に任ぜられ社の奉仕を行ってから、代々の国造が奉仕してその祭務を行ったと伝承されている[1]。このときの社号は「大國魂神社」。

概史[編集]

大化元年(645年)の 大化の改新時、武蔵の国府が社有地内に置かれて社を国衙の斎場とし、国司が奉仕して国内の祭務を総轄する社となった。国司が国内社の奉幣巡拝・神事執行等の便により国内諸神を配祀し、武蔵総社の起源になった。このときに社号は「武蔵総社」となったという。

その後、武蔵国内の著名の神、六所(6社の神)を奉祀して、社号が「武蔵総社六所宮」と変わった。

康平5年(1062年)、前九年合戦平定の際に源頼義義家父子が、の苗千本を寄進した。これは現在、国の天然記念物に指定されている「馬場大門のケヤキ並木」の起源である。また、神前にすもも供物として供したことから、後年この日とされる7月20日に毎年「すもも祭り」が行われるようになった。

寿永元年(1182年)、源頼朝葛西三郎清重を使節として、政子の安産の祈願が行われた。文治2年(1186年)源頼朝は武蔵守義信奉行として社殿を造営した。貞永元年2月(1232年)、執権北条泰時の代で社殿の修造が行われた。

天正18年(1590年)8月に徳川家康が江戸へ入城してからは、 武蔵国の総社として、社領500石が寄進されて社殿及びその他の造営が行われた。

正保3年(1646年)10月、類焼により社殿が焼失。寛文7年(1667年)、徳川家綱の命により、久世大和守広之が社殿を造営し現在に至る。慶応年間(19世紀中半)には、檜皮葺が銅板葺に改められた。

明治元年(1868年)、勅祭社に準ぜられた。明治4年(1872年)、社号を「大國魂神社」に改称。明治7年(1875年)、近代社格制度において県社に列せられた。明治18年(1886年)、官幣小社とされた。

平成23年(2011年)、齋館の新築、随神門の改築、手水舎の移設が行われた。

境内[編集]

祭神の「松は憂いもの杉ばかり」との謂れから、境内に松の木が植えられることはなく、地元の府中市では正月の門松に松を使わず「門竹」を使う事が多い。

本殿は一棟三殿、総朱漆塗で銅板葺。江戸時代の寛文7年(1667年)造営で、それ以前の三棟三殿から現在の形式となった。東京都の文化財に指定。

御旅所は「府中市役所前」交差点に所在する(位置)。例祭時に神輿が渡御する。隣接して府中宿の高札場(写真内、門の右手。東京都指定文化財)が残る。

そのほか、境内には授与所・待合所・神楽殿・宝物殿・手水舎・廻廊・社務所結婚式場・忠魂碑・日露戦役記念碑・軍艦多摩戦歿者慰霊碑・相撲場がある。

境内は全面禁煙で、自転車乗車も禁止されている。

摂末社・付属社[編集]

摂社[編集]

  • 宮乃咩神社 (みやのめじんじゃ)
  • 坪宮 (つぼのみや。坪宮社、国造神社とも)
    • 鎮座地:府中市本町(位置
    • 祭神:兄多毛比命 (えたもひのみこと)
    • 例祭:2月15日

末社[編集]

境内末社
元は市川にあった「市神社」。その社を大國魂神社の本殿から辰巳(南東)の方向に遷座し「巽神社」と改称した。
徳川秀忠による造営。家康の死後、駿河国久能山により下野国二荒山に祀り直された時に、武蔵野国府の斎場で一夜を明かした遺跡を後生に伝える為に造営された。
本社は大阪市の住吉大社
  • 大鷲神社 (おおとりじんじゃ)
    • 祭神:大鷲大神。例祭:11月酉の日(酉の市
本社は堺市の大鳥大社
  • 神戸稲荷神社 (ごうどいなりじんじゃ)
  • 水神社
境外末社

所管社[編集]

諸国府に設けられた八幡宮の1つ。聖武天皇時の創建とされる。

参道[編集]

参道には(ケヤキ)が植えられている。これは、源頼義公・義家の「前九年の役」と、徳川家康によるものとされている[3][出典無効][4]東京都立農業高等学校手前のけやき並木北交叉点まで伸びる「ケヤキ並木」は、正式には「馬場大門のケヤキ並木」といい、大正13年に日本で2番目の天然記念物として指定されており、ケヤキ並木としては日本で唯一の天然記念物である。古くは並木の両側が馬場となっており、過去には5月3日より9月晦日まで馬市が立った(詳細は「馬場大門のケヤキ並木」を参照)。

祭事[編集]

年間祭事[編集]

祭事暦
1月 1日 歳旦祭 年祝祭 6月 1日 東照宮例祭
2日 海幸・山幸祭 夏至の日 夏至
3日 元始祭 30日 大祓式
15日 日吉神社例祭 7月 12日 青袖祭
2月 3日 節分 宮乃咩神社
11日 紀元節祭 13日 杉舞祭
15日 坪宮例祭 20日 すもも[注 6]
17日 祈年祭 8月 1日 相撲
25日 天神社例祭 7日 風祭
3月 4日 氷雨祭 15日 国府八幡宮例祭
神戸稲荷神社例祭 9月 13日 松尾神社例祭
10日 春季祭 秋分の日 秋季皇霊祭遙拝式
春分の日 春季皇霊祭遙拝式 24日 忠魂碑慰霊祭
4月 1日 巽神社例祭 27日 秋季祭(くり祭)
滝神社例祭 28日
30日 品川海上禊祓式







10月 1日 住吉神社例祭
5月 1日 祈晴祭 11月 3日 文化祭
2日 御鏡磨式 酉の日 酉の市
3日 競馬式 15日 七五三詣り
4日 御綱祭 23日 新嘗祭
5日 動座祭 12月 冬至の日 冬至祭
御輿渡卸 23日 天皇誕生祭
6日 還御の儀 27日 煤払祭
鎮座祭 31日 大祓式・除夜

例大祭(くらやみ祭)[編集]

大國魂神社の例大祭は、関東三大奇祭の一つであるくらやみ祭りである。この祭りは毎年4月30日から5月6日にかけて行われており、本来歌垣の性格を帯びていたが、明治時代になってその淫靡な風習は改められた。また、夜間に実施されていた祭礼の行事も昭和34年(1959年)より夕刻の実施となった。

宵宮となる5月3日には、参道であるケヤキ並木において古式競馬式と府中囃子の競演、5月4日には旧甲州街道にて20台あまりの山車行列が行われる。例大祭当日となる5月5日には、6張の大太鼓に先導されて、8基の神輿が御旅所まで渡御する。神輿が御旅所に到着したのち神事を行い、一夜あけて6日早朝より神社への還御が行われる。

5日の神輿渡御が深夜に町中の灯を消して闇の中で行われたため、くらやみ祭りと呼ばれる。以前は東京競馬場の開催を自粛していたが、平成19年(2007年)は競馬が開催された。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 木造狛犬 (玉眼 漆箔) - 本殿と拝殿の間にあった中門に置かれていたもの。昭和24年指定。

天然記念物(国指定)[編集]

東京都指定文化財[編集]

その他[編集]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス
周辺
武蔵国府跡(武蔵国衙跡地区)
  • 武蔵国府跡 - 国の史跡。当社の境内は国府跡の範囲に重複している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 他の四社は東京大神宮靖国神社日枝神社明治神宮
  2. ^ a b 当社では、当社創建当時の一宮として小野神社を祀っているが、歴史を通しては氷川神社や氷川女体神社を一宮とする説もある(「武蔵国#一宮以下について」・「氷川神社#一宮・三宮に関する議論」参照)。
  3. ^ 現府中市内の小野神社は現多摩川の水害を受け、現多摩市の小野神社に遷された。
  4. ^ a b 当社では、当社創建当時の二宮として二宮神社を祀っているが、歴史を通しては五宮の金鑚神社を二宮とする説もある(「武蔵国#一宮以下について」参照)。
  5. ^ 当社では六宮を緑区西八朔町の杉山神社としているが、武蔵国六宮の杉山神社には複数の論社がある(「杉山神社」参照)。
  6. ^ すもも祭において、の絵が描かれた「からす団扇・からす扇子」の頒布が特別に行われる。
出典
  1. ^ 東京府 (編) 「大國魂神社」『東京府西多摩郡南多摩郡北多摩郡名所旧蹟及物産志』 東京府、1912年、pp. 92f。
  2. ^ 滝神社(猫のあしあと[個人サイト])より。
  3. ^ 国天然記念物:馬場大門欅並木と八幡太郎義家銅像
  4. ^ 府中市役所[リンク切れ]

参考文献[編集]

  • 桜井信夫著 大国魂神社監修『大国魂神社の歳時記』ネット武蔵野 2002 ISBN 4-944237-08-1
  • 神社由緒書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]