仁川文鶴競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仁川文鶴競技場
인천문학경기장
Incheon Munhak Stadium
施設情報
所在地 仁川広域市南区文鶴洞山8
位置 座標: 北緯37度26分06.5秒 東経126度41分26.9秒 / 北緯37.435139度 東経126.690806度 / 37.435139; 126.690806
起工 1994年7月20日
開場 2002年2月25日
運用者 仁川広域市施設管理公団
グラウンド
建設費 125.2 billion won
設計者 Adome Architects & Engineers Inc.
使用チーム、大会
仁川ユナイテッドFC (2004-2011)
仁川コレイル (2012-2013)/
2002 FIFAワールドカップ
JOMO CUP 2009
収容能力
50,256

仁川文鶴競技場(じんせんぶんがくきょうぎじょう、朝鮮語: 인천문학경기장、インチョンムナクきょうぎじょう)は、韓国仁川広域市にある陸上競技場・球技場。単に文鶴競技場とも呼ばれる。収容人員は52,200人。

韓国Kリーグ仁川ユナイテッドFCが2011年までホームスタジアムとしていた後、2012年から2013年までNリーグ仁川コレイルのホームスタジアムとして利用されていた(コレイルは2014年より大田広域市に本拠地を移転)。

仁川文鶴競技場は2002年日韓W杯では仁川ワールドカップ競技場とも呼ばれ、トルココスタリカ戦(6月9日)、フランスデンマーク6月11日)、韓国ポルトガル6月14日)の3試合が行われた。

2014年秋、仁川アジア大会のメイン会場として利用する計画もあったが、仁川広域市西区に大会用の新しいスタジアムを建設することになり立ち消えとなった。だが周辺には各種競技会場が建設され、東へ200mのところに水泳会場(朴泰桓水泳場)が2013年10月に会場した。

施設概要[編集]

帆船のマストを象徴した屋根が特徴的である。横105m、縦68mの天然芝。屋根は客席の98%を覆い、投光性が高い。屋根部分は2010年に襲来した台風7号によって大きな被害を受けたが、1年10ヶ月かけて修理工事を行なって元の姿を取り戻している。

  • 収容人員:50,256人
  • 建設費用:2,801億ウォン
  • 完成年:2001年9月
  • 特徴:

所在地[編集]

  • 仁川広域市南区文鶴洞山8
  • 仁川は首都ソウルの西28キロに位置する人口約280万人の韓国第3の都市。韓国で2番目に大きい港があることから、「韓国の横浜」とも呼ばれる。

交通アクセス[編集]

重要な試合[編集]

2002 FIFAワールドカップ グループラウンド[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]