水沼宏太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水沼 宏太 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ミズヌマ コウタ
ラテン文字 MIZUNUMA Kota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1990年2月22日(24歳)
出身地 神奈川県横浜市青葉区
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム サガン鳥栖
ポジション MF
背番号 8
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2012
2010.7-2011
2012
2013-
横浜F・マリノス
栃木SC(loan)
サガン鳥栖(loan)
サガン鳥栖
29 (0)
50 (7)
33 (5)
27 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年1月11日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

水沼 宏太(みずぬま こうた、1990年2月22日 - )は、神奈川県横浜市青葉区出身のプロサッカー選手Jリーグサガン鳥栖所属。ポジションはミッドフィールダー

父は元日本代表で、日産自動車・横浜マリノス(現:横浜F・マリノス)に所属した水沼貴史

来歴[編集]

横浜市出身で同市に拠点を置く横浜F・マリノスの下部組織で育った。金井貢史は同期。横浜FMユース在籍時の2006年AFCU-17選手権を戦う日本代表に選出され、キャプテンとして活躍。自ら4得点を挙げ、チームの12年ぶりのU-17アジアチャンピオン、3大会ぶりのFIFA U-17ワールドカップ出場権獲得に貢献した。

2007年、J1第30節甲府戦にて、ユース所属のまま横浜FMでJリーグデビュー。この年は17歳にしてJ1リーグ戦3試合出場を果たした。U-17ワールドカップの日本代表に引き続いて選出され、キャプテンとして3試合に出場した。

2008年、トップチームに昇格。2009年ナビスコカップ準決勝川崎戦のセカンドレグで、ゴールキーパー飯倉大樹がレッドカードで退場した際、既に交代枠を使い切っていたため、ゴールキーパーを務めた。

2010年7月、J2の栃木SCに期限付き移籍。9月5日、天皇杯2回戦FC岐阜戦で、前半3分にプロ初得点を決めた。代表では2010年アジア競技大会のメンバーに選ばれ、背番号10を付けた。大会では2得点を決めるなど金メダル獲得に貢献した。移籍期間満了により2011年限りで栃木を退団。ルーマニア1部リーグのウニヴェルシタテア・クルージュへの移籍を目指したが合意しなかった。

2012年サガン鳥栖に期限付き移籍。3月24日、古巣の横浜F・マリノス戦でJ1初得点を決め、勝利を拳げた。 オフに鳥栖に完全移籍[1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2007 横浜FM 38 J1 3 0 0 0 0 0 3 0
2008 20 10 0 4 0 0 0 14 0
2009 12 0 5 0 1 0 18 0
2010 4 0 2 0 - 6 0
栃木 38 J2 13 2 - 2 1 15 3
2011 14 37 5 - 2 0 39 5
2012 鳥栖 8 J1 33 5 4 2 1 0 38 7
2013 27 4 4 0 4 1 35 5
2014
通算 日本 J1 89 9 19 2 6 1 114 12
日本 J2 50 7 - 4 1 54 8
総通算 139 16 19 2 10 2 168 20
  • 2007年はユース所属

経歴[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 比嘉、横浜残留が決定!水沼は鳥栖に完全移籍

関連項目[編集]

外部リンク[編集]