野津田岳人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野津田 岳人 Football pictogram.svg
名前
愛称 ガクト、PG
カタカナ ノツダ ガクト
ラテン文字 NOTSUDA Gakuto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1994年6月6日(19歳)
出身地 広島県広島市
身長 175cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム サンフレッチェ広島
ポジション MF
背番号 24
利き足 左足
ユース
シーガル広島FC(井口小)
2007-2009 サンフレッチェ広島Jr.ユース(井口中)
2010-2012 サンフレッチェ広島ユース(吉田高)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2012 サンフレッチェ広島(2種登録 5 (0)
2013- サンフレッチェ広島 20 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

野津田 岳人(のつだ がくと、1994年6月6日 - )は、日本プロサッカー選手広島県広島市西区出身。Jリーグサンフレッチェ広島所属。ポジションはミッドフィールダー広島県立吉田高等学校卒。

来歴[編集]

幼稚園の頃から地元クラブのシーガル広島FCでプレーし、小学生年代6年生のときにはキャプテンを務めた[1][2]

2007年、サンフレッチェ広島ジュニアユースに入団する。2008年、JFAプレミアカップ決勝進出に貢献している[3]

吉武博文率いるU-16日本代表候補にも選ばれていたが、最終的には落選し、2011 FIFA U-17ワールドカップ出場は叶わなかった。

2009年からユースに参加し、2010年正式にユースに昇格する。同年高1のときからレギュラーに抜擢され[4]、2011年高校2年時にはチームの中心選手となり、高円宮杯3連覇(第21回高円宮杯2011年高円宮杯プレミア2012年高円宮杯プレミア)に貢献、自身もチャンピオンシップで2度MVP(2011年・2012年)を受賞した[5]FUJI XEROX SUPER CUP NEXT GENERATION MATCHでは2年連続でU-18Jリーグ選抜に選ばれている。吉田靖率いるU-19日本代表には初期から選ばれている。

2011年高2からトップチームに2種登録選手として登録され、2012年高3時も引き続き登録される。この年から監督に就任した森保一に評価され[1]、同年3月にJ1デビューを果たしている。2013年トップチームに昇格、同期入団は朴亨鎮浅野拓磨金廷錫

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2012 広島 29 J1 5 0 2 0 0 0 7 0
2013 24 20 4 1 0 3 0 24 4
2014
通算 日本 J1 25 4 3 0 3 0 31 4
総通算 25 4 3 0 3 0 31 4
  • Jリーグ初出場 : 2012年3月17日J1第2戦対清水エスパルス戦(アウスタ
  • Jリーグ初得点 : 2013年5月19日J1第12戦対ヴァンフォーレ甲府戦(Eスタ)
    • 85分、佐藤寿人と途中交代出場、86分ゴール
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2012 広島 29 - 0 0
2013 24 5 0 -
2014
通算 AFC 5 0 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サンフレッチェ広島

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “ヒデ2世”広島ユースMF野津田が躍動”. 日刊スポーツ (2012年2月15日). 2012年5月14日閲覧。
  2. ^ 運命的な再会・・・”. サンフレッチェ・ラジオ・サポーターズクラブ “GOA〜L” (2012年3月22日). 2012年5月14日閲覧。
  3. ^ JFAプレミアカップ2008決勝公式記録 (PDF)”. 日本サッカー協会 (2008年5月5日). 2012年5月14日閲覧。
  4. ^ 広島ユースMF野津田岳人(1年)_茨城で見せた“サンフレ劇場”!”. ゲキサカ (2010年9月13日). 2012年5月14日閲覧。
  5. ^ 高円宮杯2年連続MVPの広島・野津田「サポーターの皆さんに恩返し」”. ゲキサカ (2013年1月15日). 2013年1月18日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]