山崎亮平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山崎亮平 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヤマ、ギュンギュン
カタカナ ヤマザキ リョウヘイ
ラテン文字 YAMAZAKI Ryohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1989年3月14日(25歳)
出身地 新潟県南魚沼市
(旧南魚沼郡大和町
身長 171cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム ジュビロ磐田
ポジション FW
背番号 9
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007- ジュビロ磐田 76 (10)
代表歴


日本の旗 日本 U-20
日本の旗 日本 U-21
10 (9)
7 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年12月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山崎 亮平(やまざき りょうへい、1989年3月14日 - )は、新潟県南魚沼郡大和町(現在南魚沼市[1]出身のジュビロ磐田所属のサッカー選手である。ポジションはFW。

来歴[編集]

幼時千葉県に移る。高円宮杯全日本ユースサッカー選手権 (U-15)大会ではベスト4、2006年の第85回全国高等学校サッカー選手権大会ではベスト4に進出している。なお、ジュニアユース及び高校では米倉恒貴とチームメイトだった。

高校卒業後、ジュビロ磐田に入団し、すぐにU-18日本代表に立ち上げから招集され、AFC U-19選手権2008 (予選)では5試合5得点と活躍、2008年カタール国際ユーストーナメントでも得点王とMVPとなる活躍でU-19代表を優勝に導き中心選手として期待され、U-23日本代表にも選ばれたが、AFC U-19選手権2008は怪我のため、選出されなかった。

2008年は左足骨折でシーズンを棒に振り、2009年シーズンに再起を誓ったが再度骨折してしまい、復帰を目指してリハビリを行なっていた。しかし、同年3月26日に体調不良を訴え検査を行なった結果、甲状腺機能亢進症と診断され、治療に専念するため、長期離脱した。このような怪我や病気などの影響もあり、北京五輪日本代表からは直前の合宿には呼ばれたものの落選した。

2010年、復帰後は主に途中出場ながら徐々に出場機会を得、ナビスコカップ準決勝川崎フロンターレ戦ではチームを決勝へと導くアウェイでの逆転ゴール、決勝サンフレッチェ広島戦では結果的に決勝点となる4点目を挙げ(スコアは2-2から延長戦の末5-3)、優勝に大きく貢献した。またU-21日本代表にも選ばれ、ナビスコカップ直後の第16回広州アジア競技大会では第1戦での先制点など通算2得点を挙げ、代表の優勝にも大きく貢献した。

2011年7月、甲状腺機能亢進症が再発し離脱したが、同年8月20日の第22節横浜F・マリノス戦にてベンチ入り復帰。

2012年は、背番号が25から9となり、磐田では2009年まで在籍した中山雅史以来の9番をつける選手で、2人目となった。

2月5日に行われたロンドン五輪アジア最終予選第4戦のシリアとの試合にスタメン出場をしたが、相手選手との競り合いでの着地の際に、バランスを崩し、左橈骨(とうこつ)を骨折してしまい、負傷退場となった。その後、全治2ヶ月との診断結果が出た[2]

評価・エピソード[編集]

高校選手権に出場したとき、ジュビロの先輩である中山雅史(山崎が出場した高校選手権のイメージキャラクターを務めていた)が、山崎の力強いドリブルで突破しゴール前で積極的にシュートを狙っていくプレースタイルを見て「ギュンギュンいくよ、山崎くん!」と言った。そこから主に磐田サポーターから"ギュンギュン"という愛称で呼ばれている[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2007 磐田 29 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2008 6 0 1 0 0 0 7 0
2009 25 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 4 0 5 2 2 0 11 2
2011 19 4 4 1 2 0 25 5
2012 9 26 2 3 1 3 2 32 5
2013 21 4 4 3 1 1 26 8
2014 J2 - 2 2
通算 日本 J1 76 10 18 7 8 3 102 20
日本 J2 - 2 2
総通算 76 10 18 7 10 5 102 20

記録等[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジュビロ磐田の公式サイトやサッカー誌におけるプロフィールでは千葉県出身。
  2. ^ 山崎亮平選手の負傷について ジュビロ磐田公式サイト 2012.2.9付ニュースリリース
  3. ^ 2012年1月9日に放送されたやべっちFCにて、ゲストに呼ばれ、ファンからの質問に対し、山崎本人が中山につけられたのが元で、サポーターの方からギュンギュンと呼ばれていると発言している。2012年1月9日放送 テレビ朝日 やべっちFC[出典無効]
  4. ^ ジュビロ磐田公式サイト 2013 ヤマザキナビスコカップ vs.清水エスパルス