今矢直城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今矢直城 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イマヤ ナオキ
ラテン文字 IMAYA Naoki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1980年6月18日(34歳)
出身地 兵庫県
身長 179cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF
監督歴
2010- 早稲田ユナイテッド
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

今矢 直城(いまや なおき、1980年6月18日 - )は日本のサッカー指導者、教育関係者、元サッカー選手。ポジションはミッドフィルダー(右サイドのMF、またはボランチ)。

経歴[編集]

兵庫県生まれ、大阪府育ち。親の仕事の関係で、10歳からオーストラリアシドニーで過ごす。18歳で一時帰国し、サンフレッチェ広島の練習に参加するも入団は果たせなかった。19歳の時、シドニーのあるニューサウスウェールズ州のプレミアリーグ(en)に所属するブラックタウン・シティー(en)でデビューし、右サイドのMFとして活躍する。25試合出場、6得点、15アシスト、リーグ優勝、リーグベスト11、決勝戦MVPを獲得。オーストラリアン・ナショナルサッカーリーグ(NLS)のキャンベラ・コスモスに在籍していた2001年には、ヴァンフォーレ甲府の練習生として、入団を目指していたこともある。その後もオーストラリア各州で開催されるプレミアリーグ(1部相当)でプレーを続けた[1]

2003年には自身初の欧州挑戦としてスイス・スーパーリーグ(1部)所属のヌーシャテル・ザマックスに移籍し、2003-04シーズンUEFAカップ1回戦のAJオセール戦に出場している。2004年にはヌーシャテル・ザマックスから2部のFCラ・ショー・ドゥ・フォンに移籍し、2005年にはオーストラリアに戻って古巣のブラックタウン・シティーでプレーした後、NLSを改組して発足したAリーグにニュージーランドから参加したニュージーランド・ナイツFCでもプレーした。

2007年7月、ドイツのVfBリューベックレギオナルリーガ所属、3部相当)と契約。同年12月クラブ倒産危機の為、リューベックを退団した。

2008年に日本へ帰国し、ジュニア層を対象としたサッカーの指導を開始。2010年10月には東京都品川区に株式会社「Naocastle」を設立して代表取締役となり、英語での実技指導やオーストラリアへの現地研修を含めた「英語とサッカーを同時に学べるスクール」の運営を行っている[2]。また、2010年からは東京都社会人リーグ早稲田ユナイテッドにて監督を務め、同年にクラブを2部から1部へ昇格させている。

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時のNSLには財政面などでの問題が多い不安定なリーグで、実際にキャンベラ・コスモスも2001年限りで解散した。
  2. ^ これらの活動はJ SPORTSで放送されているサッカー番組「Foot!」で紹介された(初回放送は2012年1月19日)。
  3. ^ 今矢 直城 〜折れない心で〜 - サッカーナビ (2011年08月28日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]