林容平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
林 容平 Football pictogram.svg
名前
愛称 もやし[注 1]
カタカナ ハヤシ ヨウヘイ
ラテン文字 HAYASHI Yohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1989年7月16日(25歳)
出身地 埼玉県狭山市
身長 177cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム 大分トリニータ
ポジション FW
背番号 33
利き足 右足[3]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012- FC東京 4 (0)
2014 ファジアーノ岡山 15 (1)
2014- 大分トリニータ 20 (7)
代表歴2
2008  日本 U-19 4 (1)
2010  日本 U-21 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月23日現在。
2. 2013年4月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

林 容平(はやし ようへい、1989年7月16日 - )は、埼玉県狭山市出身のサッカー選手Jリーグ大分トリニータ所属。ポジションはフォワード(FW)中央大学文学部[4]卒。

来歴[編集]

2005年浦和レッドダイヤモンズの下部組織に加入。2007年7月開催のクラブユース選手権では、チームトップの5得点を挙げた。同年8月にはスペインに遠征し、国際ユース大会「ビジャレアルユーストーナメント」に参加[5]9月開催の高円宮杯ユース選手権では3位に終わった。

2008年に中央大学に進学し、サッカー部に入部。2010年にはU-21日本代表としてトゥーロン国際大会に参加。前線での豊富な運動量と得点力から[6]全日本大学選抜のエースとも目された[6]。しかし、その後の自身の不調[7]などにより、翌年開催のユニバーシアードには選外となった。2011年の総理大臣杯では、3戦連続得点を挙げ、チームを30年ぶりの決勝戦へ導いたが[8]、出場停止により決勝戦を欠場。林を欠いた中央大学は得点を挙げられず[9]、準優勝に終わった。同期には大岩一貴。4年時には大岩が主将、林が副将を務めた[10]。関東大学1部リーグ、通算63試合31得点[11]

古巣浦和も獲得を図っていたが[12]2012年からFC東京へ加入[13]。同年5月26日の浦和戦でJリーグ初出場。ゴール前での嗅覚と敏捷性を武器に[14]、相手の背後を突く動き出しでアピールを続け[15]2013年の天皇杯準々決勝では延長戦後半終了間際に値千金の決勝点を挙げた[16]

2014年、ファジアーノ岡山期限付き移籍[17][18]キャンプで抜群の得点力を発揮し[19]シャドーストライカーとして[20]J2第1節富山戦で早速先発出場を果たした。しかしその後は得点量産を果たせず、同年7月より大分トリニータへ期限付き移籍[21][22]。尚、移籍元クラブは引き続きFC東京[23]。サイドハーフやセンターフォワードで起用され[24]、巧みな動き出しでパスを呼び込み[1]得点への嗅覚を発揮[25]。シーズン途中加入ながらチーム最多得点を記録した。

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2012 FC東京 23 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2013 3 0 1 0 2 1 6 1
2014 岡山 24 J2 15 1 - 1 1 16 2
大分 33 20 7 - - 20 7
通算 日本 J1 4 0 1 0 2 1 7 1
日本 J2 35 8 - 1 1 36 9
総通算 39 8 1 0 3 2 43 10
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2012 FC東京 23 2 0
通算 AFC 2 0

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 名字と身体の細さから[1][2]
出典
  1. ^ a b 月刊J2マガジン 2014年10月号』 ベースボール・マガジン社2014年、87頁。
  2. ^ 大分:Bone(骨)to be wild - ウェイバックマシン(2014年8月27日アーカイブ分) J's GOAL (2014年8月27日)
  3. ^ a b c 2012年 J1選手名鑑 FC東京 林 容平 - ウェイバックマシン(2012年8月16日アーカイブ分)
  4. ^ a b 中央大学の近況 vol.4 スポーツ (PDF) 中央大学 (2010年)
  5. ^ 浦和レッズユース スペイン遠征の件 J's GOAL (2007年8月10日)
  6. ^ a b [MOM98]中央大FW林容平(3年) 全日本学生選抜のエースFW ゲキサカ (2010年7月28日)
  7. ^ [MOM110]関東大学選抜FW林容平(3年) 再び全日本大学選抜へ。意地の2ゴール ゲキサカ (2010年12月9日)
  8. ^ [総理大臣杯]中央大が林&奥山ゴールで逆転勝利!!浜松大を退け、30年ぶりの決勝進出 ゲキサカ (2011年7月8日)
  9. ^ [総理大臣杯]大阪体育大が大学日本一!!3年ぶりに夏の王者に返り咲く!! ゲキサカ (2011年7月9日)
  10. ^ 林容平、天皇杯・千葉戦で中央大同級生対決なるか blogola (2013年10月9日)
  11. ^ 通算得点ランキング (2008年-2011年) 関東大学サッカー連盟 (2012年11月25日)
  12. ^ 中大FW林を獲得…F東京 - ウェイバックマシン(2011年9月26日アーカイブ分) スポーツ報知 (2011年9月11日)
  13. ^ a b c 林 容平選手(中央大学) 来季新加入内定のお知らせ FC東京 (2011年10月5日)
  14. ^ 林 チャンスは逃さない 東京中日スポーツ (2013年11月13日)
  15. ^ 主力組で長くプレーした林容平、ここでチャンスをつかめるか blogola (2013年12月4日)
  16. ^ 公式記録 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝【83】 (PDF) 日本サッカー協会 (2013年12月22日)
  17. ^ 林容平選手 ファジアーノ岡山へ期限付き移籍のお知らせ FC東京 (2014年1月7日)
  18. ^ 林 容平選手 期限付き移籍加入のお知らせ ファジアーノ岡山 (2014年1月7日)
  19. ^ ファジ、新戦力のFW林4得点 J1大宮と練習試合 - ウェイバックマシン(2014年3月2日アーカイブ分) 山陽新聞 (2014年2月11日)
  20. ^ 【J2:第1節 岡山 vs 富山】影山雅永監督(岡山)記者会見コメント J's GOAL (2014年3月2日)
  21. ^ 林容平選手 期限付き移籍のお知らせ FC東京 (2014年7月23日)
  22. ^ 林容平選手 大分トリニータへ期限付き移籍のお知らせ ファジアーノ岡山 (2014年7月23日)
  23. ^ 林 容平選手 FC東京より期限付き移籍加入のお知らせ 大分トリニータ (2014年7月23日)
  24. ^ 前線からの守備で貢献する林容平、「でも4試合無得点は僕の力量不足」 blogola (2014年10月15日)
  25. ^ 週刊サッカーダイジェスト No.1304』 日本スポーツ企画出版社2014年、74頁。
  26. ^ サッカーマガジン増刊 2012J1&J2リーグ選手名鑑 P.154
  27. ^ U-19日本代表チーム ベルギー・オランダ遠征(5/4~14)選手入れ替え 日本サッカー協会 (2008年4月28日)
  28. ^ U-21日本代表 フランス遠征メンバー (第38回トゥーロン国際大会) 日本サッカー協会 (2010年5月12日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]