菅沼駿哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
菅沼 駿哉 Football pictogram.svg
名前
愛称 シュンヤ
カタカナ スガヌマ シュンヤ
ラテン文字 SUGANUMA Shunya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1990年5月17日(24歳)
出身地 大阪府豊中市
身長 182cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム ジュビロ磐田
ポジション DF (CB)
背番号 2
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012
2011
2012
2013-
ガンバ大阪
ロアッソ熊本 (loan)
ジュビロ磐田 (loan)
ジュビロ磐田
0 (0)
17 (0)
21 (1)
16 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年1月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

菅沼 駿哉(すがぬま しゅんや、1990年5月17日 - )は、大阪府豊中市出身のプロサッカー選手Jリーグジュビロ磐田所属。ポジションディフェンダー

来歴[編集]

3歳上の兄の影響を受け、地元豊中市の小学校チームに入団しサッカーを始める。ガンバ大阪ジュニアユースからガンバ大阪ユースを経て、2009年よりガンバ大阪のトップチームに昇格した(同期昇格は宇佐美貴史大塚翔平)。

2010年2月24日ACLグループリーグ第1節・水原三星戦で公式戦初出場を果たす。

2011年、シーズン途中の8月に出場機会を求めてJ2ロアッソ熊本へ半年間の期限付き移籍で加入した[1][2]。移籍直後の8月6日、J2リーグ第3節の岡山戦でJリーグ初出場を果たし、リーグ後半戦の20試合のうち17試合すべてで先発出場した。移籍期間満了につき同年限りで熊本を退団[3]

2012年ジュビロ磐田へ期限付き移籍で加入した[4][5]。序盤は出番は少なかったが、中盤以降は怪我人が多く出たこともあり、徐々に出場機会を増やし、後半戦はレギュラーとなった。

2013年、そのまま磐田への完全移籍が発表された[6][7]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 G大阪 28 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 0 0 0 0 1 0 1 0
2011 0 0 0 0 - 0 0
熊本 J2 17 0 - 1 0 18 0
2012 磐田 22 J1 21 1 6 0 3 0 30 1
2013 2 16 1 4 0 2 0 22 1
2014 J2 -
通算 日本 J1 37 2 10 0 6 0 53 2
日本 J2 17 0 - 1 0 18 0
総通算 54 2 10 0 7 0 71 2

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2009 G大阪 28 0 0
2010 1 0
2011 0 0
通算 AFC 1 0

経歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース
ガンバ大阪

代表歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DF菅沼駿哉選手 ロアッソ熊本へ期限付き移籍のお知らせ”. ガンバ大阪オフィシャルサイト (2011年8月2日). 2012年1月7日閲覧。
  2. ^ [2011-08-02] 菅沼駿哉選手、ガンバ大阪より期限付き移籍加入のお知らせ”. ロアッソ熊本 公式サイト (2011年8月2日). 2012年1月7日閲覧。
  3. ^ [2012-01-05]菅沼駿哉選手、期限付き移籍期間満了のお知らせ”. ロアッソ熊本 公式サイト (2012年1月5日). 2012年1月7日閲覧。
  4. ^ DF菅沼駿哉選手 ジュビロ磐田へ期限付き移籍のお知らせ”. ガンバ大阪オフィシャルサイト (2012年1月7日). 2012年1月7日閲覧。
  5. ^ 菅沼駿哉選手 ガンバ大阪より期限付き移籍加入のお知らせ”. ジュビロ磐田 Jubilo IWATA (2012年1月7日). 2012年1月7日閲覧。
  6. ^ 磐田 宮崎、菅沼駿を完全移籍 日刊スポーツ 2012.12.16付ニュースリリース
  7. ^ 菅沼駿哉選手ガンバ大阪より完全移籍加入 ジュビロ磐田公式サイト 2013.1.8付

外部リンク[編集]