工藤壮人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
工藤 壮人 Football pictogram.svg
名前
カタカナ クドウ マサト
ラテン文字 KUDO Masato
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1990年5月6日(24歳)
出身地 東京都杉並区[1]
身長 177cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 柏レイソル
ポジション FW (CF, WG) / MF (RSH)
背番号 9
利き足 右足
ユース
2000-2008 柏レイソル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009- 柏レイソル 121 (49)
代表歴2
2013- 日本の旗 日本 4 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月7日現在。
2. 2013年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

工藤 壮人(くどう まさと、1990年5月6日 - )は、東京都杉並区出身のプロサッカー選手Jリーグ ディビジョン1柏レイソル所属。ポジションはフォワード日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

兄の影響で3歳頃からボールを蹴り始め、小学4年生から柏レイソルの下部組織に所属[2]

吉田達磨の指導の下、工藤、酒井宏樹指宿洋史仙石廉武富孝介山崎正登比嘉厚平島川俊郎畑田真輝という計9名のプロ選手を輩出した柏レイソルユース「黄金世代」の一員として、地中海国際サッカートーナメント、ビジャレアル国際ユースサッカー大会といった海外遠征を経験[3]第32回日本クラブユースサッカー選手権では決勝まで勝ち進み、自身も大会得点王に輝いた。

柏レイソル[編集]

2009年、酒井、仙石、武富、山崎、比嘉と共にトップチームへ昇格[注 1]。U-10世代から9年間一貫して下部組織に所属した選手の昇格は、柳澤隼に次いでクラブ史上2人目であった[1]。同年10月7日J1第29節FC東京戦で公式戦初出場。

2010年3月21日J2第3節アビスパ福岡戦で公式戦初得点を記録。同年、U-21日本代表に選出され、広州アジア競技大会で金メダルを獲得した。リーグ戦では計10得点を記録し、得点を挙げた試合では不敗だった(8試合7勝1分)[4]

チームがJ1へ復帰した2011年は、序盤こそ北嶋秀朗田中順也ら好調なフォワード陣の陰に隠れたが、シーズン後半戦から出場機会を増やし、リーグ戦計7得点を記録。Jリーグ史上初となる昇格初年度でのJ1優勝に貢献した。2011 FIFAクラブワールドカップでも3試合に出場し、オークランド・シティFC戦で得点を挙げた。

2012年U-23日本代表としてロンドン五輪アジア最終予選バーレーン戦に招集されたが、出場機会はなく、五輪代表メンバーにも選出されなかった。一方、クラブではエースとしての地位を築き、J1第19節セレッソ大阪戦でハットトリックを達成するなど、チームトップのリーグ戦計13得点を挙げる活躍を見せた[5]第92回天皇杯でも準々決勝大宮アルディージャ戦、準決勝横浜F・マリノス戦と立て続けに決勝点を挙げ、決勝ガンバ大阪戦は累積警告のため出場停止となったが[6]、クラブ37年ぶりの天皇杯優勝に大きく貢献した。

2013年、自ら直訴する形で北嶋秀朗の背番号「9」を受け継いだ[7]。先制点を挙げたJ1第12節セレッソ大阪戦で逆転負けを喫し、デビュー以来続いていたリーグ戦の「不敗神話」記録は28試合でストップしたが[8]、リーグ中断期間を前に12試合8得点(ACLを含め20試合13得点)と開幕から好調なパフォーマンスを続け、同年5月23日日本代表に初選出された[9]。リーグ戦、国内カップ戦、ACLを並行して戦い、代表戦を含めた総出場時間は9月の時点で既に前年を上回るという過酷なスケジュールを強いられる中[10]、各大会でゴールを量産。ヤマザキナビスコカップ決勝浦和レッズ戦では、自らの決勝点によりクラブを優勝へ導き、大会MVPに選出された[11]。リーグ戦でも累積警告による出場停止1試合を除く全33試合に出場し、得点ランキング5位タイの19得点を記録(カップ戦、代表戦を含めると、56試合出場29得点)。北嶋が保持していたクラブ日本人最多得点記録(18得点)を更新した[12]

日本代表[編集]

2013年7月21日東アジアカップ2013中国戦で国際Aマッチ初出場。後半16分に初得点を記録した[13]。同大会では全3試合に出場し、日本代表の初優勝に貢献した。

プレースタイル[編集]

高い決定力と多彩なゴールパターンを持つストライカー[14]。プロサッカー選手としては平均的な体格(177cm)であり、パワー、スピード、テクニックといった面で際立った長所はないため、自らも「武器は何ですか?という問いを投げられると困ってしまう」と語っているが、その分鋭い洞察力と戦術眼でゲームの情勢を読み取り、相手ディフェンスとの駆け引きの中から得点機会を作り出す能力に長けている[14][15]。ストライカーらしい屈強なメンタリティの持ち主でもあり、時として自らにプレッシャーを掛けることも厭わない[15][16]

体を張ったポストプレーや献身的な守備も持ち味で、チーム事情によってはサイドハーフも務める[14][17]柏レイソルの指揮官・ネルシーニョは工藤の守備意識と戦術理解度の高さを理由に、右サイドバックのポジションで起用したこともある[18]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 2000年 - 2002年 柏レイソルU-12(足立区立保木間小学校)
  • 2003年 - 2005年 柏レイソルU-15(足立区立六月中学校)
  • 2006年 - 2008年 柏レイソルU-18(柏日体高等学校
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 36 J1 3 0 0 0 2 0 5 0
2010 19 J2 27 10 - 2 1 29 11
2011 J1 25 7 2 0 3 2 30 9
2012 33 13 4 2 5 3 42 18
2013 9 33 19 4 2 2 0 39 21
2014
通算 日本 J1 94 39 10 4 12 4 114 47
日本 J2 27 10 - 2 1 29 11
総通算 121 49 10 4 14 5 143 58

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2011 19 - 3 1
2012 6 0 -
2013 9 12 6 -
通算 AFC 18 6 3 1

タイトル[編集]

代表[編集]

U-21日本代表
日本代表

クラブ[編集]

柏レイソル

個人[編集]

経歴[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 2得点(2013年 - )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2013 4 2
通算 4 2

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2013年7月21日 韓国ソウル 中華人民共和国の旗 中国 △3-3 東アジアカップ2013
2. 2013年9月6日 日本大阪 グアテマラの旗 グアテマラ ○3-0 キリンチャレンジカップ2013

脚注[編集]

注釈
  1. ^ ユースから6人がトップチームへ昇格したのは、クラブ史上最多(2013年現在)。
出典
  1. ^ a b 柏レイソルU-18所属 酒井宏樹、比嘉厚平、工藤壮人、山崎正登、武富孝介 5選手新加入内定 - 柏レイソル公式サイト 2008年11月25日
  2. ^ ~足立大好きインタビュー~ 柏レイソル 工藤壮人さん - 足立区公式ホームページ 2012年7月21日
  3. ^ 史上初の「兄弟対決」が示した明るい未来 -スポーツナビ 2012年9月12日
  4. ^ 柏、“不敗弾”で逆転! 初制覇へ王手!! - スポニチ Sponichi Annex 2011年11月21日
  5. ^ 【柏】工藤“不敗神話弾”継続誓った - スポーツ報知 2013年3月2日
  6. ^ 柏・工藤、2戦連続V弾も出場停止で号泣 / 天皇杯 - サンケイスポーツ 2012年12月30日
  7. ^ 「“北嶋魂”を継承、柏の新9番・工藤「すべての責任を負う」 - ゲキサカ 2013年1月17日
  8. ^ 【柏】工藤弾も逆転負け! 不敗神話28でストップ - スポーツ報知 2013年5月19日
  9. ^ 工藤、サプライズ代表初選出! ザック、得点力に期待 - スポーツ報知 2013年5月24日
  10. ^ 柏・工藤、猛虎魂で“倍返し”誓う - デイリースポーツ 2013年9月25日
  11. ^ ナビスコ杯MVPの柏FW工藤「全ての気持ちを酌んで、優勝できてよかった」 - サッカーキング 2013年11月2日
  12. ^ 柏・工藤が今季19点目 熊本・北嶋の記録上回る - サンケイスポーツ 2013年11月30日
  13. ^ 工藤デビュー弾!アシストも / 東アジア杯 - 日刊スポーツ 2013年7月22日
  14. ^ a b c 待望の新戦力、初招集の柏FW工藤壮人とはどんなプレーヤーか - サッカーキング 2013年5月23日
  15. ^ a b 初招集!異能のストライカー工藤壮人が「日本代表」を語る - web Sportiva 2013年5月23日
  16. ^ プレー・生きざま、理想の「9」に J1柏・工藤壮人 (中) - 日本経済新聞 2013年7月6日
  17. ^ どんなポジションも演じきる J1柏・工藤壮人 (上) - 日本経済新聞 2013年7月6日
  18. ^ 小6以来の右SBを務めた柏FW工藤「本職の選手より結果を出したい」 - ゲキサカ 2012年8月25日
  19. ^ a b 虎党の柏・工藤、阪神とのW優勝誓った - デイリースポーツ 2012年1月31日)
  20. ^ 柏・工藤「アンチ巨人なので楽天に勝ってほしい」/ナビスコ杯 - サンケイスポーツ 2013年11月2日
  21. ^ 【J2日記】柏:目指すはロンドン! - J's GOAL 2010年9月30日
  22. ^ 「人-ひと-」 熊本日日新聞 2013年11月3日朝刊
  23. ^ 工藤壮人選手が入籍 - 柏レイソル公式サイト 2013年9月11日
  24. ^ The AFC Champions League Dream Team - AFC Champions League (Official) Facebook 2013年11月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]