高松大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高松 大樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 ミスタートリニータ[1][2]
カタカナ タカマツ ダイキ
ラテン文字 TAKAMATSU Daiki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1981年9月8日(33歳)
出身地 山口県宇部市
身長 183cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 大分トリニータ
ポジション FW (CF)
背番号 13
利き足 右足[3][2]
ユース
1997-1999 多々良学園高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000- 大分トリニータ 330 (71)
2011 FC東京 (loan) 5 (00)
代表歴2
2003-2004  日本U-22/23 17 (3)
2006-2007 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月30日現在。
2. 2013年1月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高松 大樹(たかまつ だいき、1981年9月8日 - )は山口県宇部市出身[4]プロサッカー選手Jリーグ大分トリニータ所属。ポジションはフォワード(FW)。元サッカー日本代表

人物[編集]

小学校3年生(9歳)の時にサッカーを始める[5][6][7]1997年、多々良学園高校(現:高川学園高校)に進学。当時のポジションはディフェンダー(DF)で、在学中の3年間、総体(インターハイ)及び選手権に連続出場[6]。3年時の1999年、高校同期の中山元気と共にJ1(Jリーグ1部)サンフレッチェ広島強化指定選手として選手登録された。同年の総体では全国3位[5][6][7]

高校卒業の2000年、中山が広島に加入する一方、高松は当時J2に所属していた大分トリニータに加入。プロ2年目の2001年には小林伸二新監督の下で出場機会を増やし[5]2002年の大分のJ1昇格に貢献した。

2003年に大分でのレギュラーの座を掴み[5][6][7]、同年8月、翌年のアテネオリンピックを目指すU-22日本代表に初招集された。打点の高いヘディングを武器に中山悟志からポジションを奪い[6]、主力FWとして定着。平山相太とのポジション争い[7]を制し、オリンピック本大会では全3戦に先発出場。リーグ1勝2敗のグループリーグ最下位に終わったが、個人としては2試合目のイタリア戦で1得点を挙げる結果を残した。同年入籍[7]

2006年には自己最多、J1・J2時代を含めてもリーグ戦初の2桁得点となる12得点を挙げ[3]、同じく2桁の10得点を記録した松橋章太との2トップでこの年の大分の躍進に貢献。年末にはA代表にも初招集され[8]、11月15日のAFCアジアカップ2007最終予選・サウジアラビア戦で国際Aマッチ初出場も果たした。サポーターからは「ミスター・トリニータ」と呼ばれ、特別視されるようになった[9]2007年は一転、チームが低迷し高松自身も序盤戦は怪我の影響で調子が中々上がらなかったが、後半戦以降は正確なクロスが持ち味の鈴木慎吾の加入もありゴールを量産、8得点を挙げた。

2008年からはチームキャプテンに就任[2][10]。この年は両足首の負傷離脱が続き[1][10]、リーグ戦はプロ入り以来初の無得点となったが、11月1日のナビスコカップ決勝清水戦では、豪快なヘディングで[10]決勝点となる先制ゴールを決め、大会MVPに選出されると共にクラブに初のタイトルをもたらした[10]2009年も引き続きキャプテンを務めた。前年同様怪我に悩まされ、全体の得点数は3点にとどまりチームのJ2降格を食い止められなかったが、21節の名古屋戦ではロスタイムに同点弾、29節の清水戦では2得点の活躍で逆転勝利の立役者となるなど要所で活躍を見せた。2010年、J2降格に加え前年秋に発覚した経営問題の影響により多数の主力選手が移籍する中、大分に残留。高松にとっては8年ぶりのJ2でのプレーとなったが、この年も故障が続き得点は昨年と同じ3という成績に終わった。

2011年、自身の高年俸の影響などにより[11]、長身FWを求めていたFC東京に期限付き移籍[12]。負傷離脱した平山相太に代わるFWとして期待されたが[13][14]、5月14日の草津戦で、自身も右脛骨高原を骨折し離脱[15]。シーズン終盤に復帰するも[16][17]、平山・高松の不在に合わせた戦術変更が奏功したこともあり、レギュラーを奪取することはできなかった。移籍期間満了により同年限りで退団[18]

2012年は大分に復帰[19]。相変わらず故障に悩まされるも強行出場を続け、主にスーパーサブとしてリーグ戦32試合、プレーオフ1試合に出場し大分のJ1復帰に貢献した。2013年は4年振りにJ1でプレー。開幕戦こそ控えに回るも、第2節・川崎戦で森島康仁からCFのスタメンの座を奪取。以降シーズンを通し多くの試合でレギュラーとして出場した。しかし得点は第18節のアウェー・鳥栖戦を最後に途絶え、年間5得点という結果に終わった。大分はこの年限りで再びJ2降格となったが、シーズン終了してわずか5日後の12月26日西弘則松本昌也と共に契約更新がクラブから発表された。

エピソード[編集]

  • 大分スタジアム(現:大分銀行ドーム)のオープン後初ゴール、2003年1stステージ第3節・ガンバ大阪戦で大分のJ1初ゴール、2007年第29節・柏レイソル戦で大分のJ1ホーム戦通算100ゴール[20]、そして2008年のナビスコカップ決勝・清水エスパルス戦での決勝点となるゴールなど、節目となるゴールを決めることが多い選手である。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1997 多々良学園高 - - - 1 0 1 0
2000 大分 29 J2 6 1 0 0 1 0 7 1
2001 22 8 2 1 0 0 24 9
2002 13 33 6 - 3 0 36 6
2003 J1 26 4 3 1 0 0 29 5
2004 24 8 2 1 2 0 28 9
2005 21 5 3 1 1 0 25 6
2006 29 12 5 1 2 0 36 13
2007 30 8 4 1 2 2 36 11
2008 16 0 5 2 0 0 21 2
2009 21 3 0 0 1 1 22 4
2010 J2 18 3 - 1 0 19 3
2011 FC東京 30 5 0 - 0 0 5 0
2012 大分 13 32 5 - 1 0 33 5
2013 J1 28 5 1 0 1 0 30 5
2014 J2 24 3 - 2 1 26 4
通算 日本 J1 195 45 23 7 9 3 225 55
日本 J2 140 26 2 1 8 1 150 28
日本 - - 1 0 1 0
総通算 335 71 25 8 18 4 388 83
  • 強化指定選手としての公式戦出場はなし

その他公式戦

代表歴[編集]

出場大会など[編集]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2006 1 0
2007 1 0
通算 2 0

タイトル[編集]

個人[編集]

  • JリーグカップMVP (2008年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大分高松3年契約まだまだ「ミスター」 日刊スポーツ (2008年12月28日)
  2. ^ a b c 選手名鑑 (2008年版) - ウェイバックマシン(2008年10月11日アーカイブ分) スポーツニッポン
  3. ^ a b PLAYER'S DATABASE - ウェイバックマシン(2007年10月24日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2007年2月13日)
  4. ^ サッカー五輪代表メンバーに高松選手 (cache) 宇部日報 (2004年7月17日)
  5. ^ a b c d e f Interview No.931 (1/2) - ウェイバックマシン(2006年12月31日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2003年7月9日)
  6. ^ a b c d e アテネの星だ! 高松が一発回答の強烈ヘッド弾 サンケイスポーツ (2003年9月18日)
  7. ^ a b c d e 高松先制弾、FWは平山だけじゃない! サンケイスポーツ (2004年2月12日)
  8. ^ a b 06.11.15 19:10キックオフ 北海道・札幌ドーム AFCアジアカップ2007予選大会 グループA 日本代表 対 サウジアラビア代表 - 日本サッカー協会
  9. ^ 高松大樹[選手情報]- Jリーグチームデータ集 [リンク切れ] Number web
  10. ^ a b c d 高松ヘッドで決めた! 大分悲願の初タイトル スポーツニッポン (2008年11月2日)
  11. ^ 大分・高松 F東京移籍へ 1年間の期限付き - ウェイバックマシン(2011年1月19日アーカイブ分) 西日本スポーツ (2010年12月26日)
  12. ^ 高松 大樹選手 期限付き移籍加入決定のお知らせ FC東京 (2011年1月9日)
  13. ^ 高松2発、平山の穴埋める東京の救世主だ 日刊スポーツ (2011年4月17日)
  14. ^ 平山代役・高松2発!「一丸で頑張りたい」 [リンク切れ] サンケイスポーツ (2011年4月17日)
  15. ^ 高松大樹選手の検査結果について FC東京 (2011年5月17日)
  16. ^ 【トリニータ】高松の復帰濃厚に 大分合同新聞 (2011年12月22日)
  17. ^ 高松 復帰後初の先発フル出場 東京中日スポーツ (2011年10月10日)
  18. ^ 高松大樹選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ FC東京 (2012年1月4日)
  19. ^ 高松大樹選手 大分トリニータ復帰のお知らせ 大分トリニータ (2012年1月4日)
  20. ^ 【J1:第29節 大分 vs 柏】レポート J's GOAL (2007年10月21日)
  21. ^ 【キリンチャレンジカップ2007 〜ALL FOR 2010!〜】日本代表 選手追加招集のお知らせ (8/22 対 カメルーン代表@大分・九州石油ドーム) - 日本サッカー協会 (2007年8月18日)
  22. ^ 日本代表候補メンバーを発表 - 日本サッカー協会 (2008年4月17日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]