脛骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
骨: 脛骨
Gray260.png
脛骨
名称
日本語 脛骨
英語 Tibia
ラテン語 Tibia
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
MeSH Tibia
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

脛骨(けいこつ、ラテン語:tibia、英語:shin bone)とは、四肢動物の後肢を構成する長骨の一つである。腓骨とともにから足首の間を構成し、脚の内側前面にある。大腿骨に次いで2番目に長い骨である。

およびの脛骨側を脛側(けいそく)という。医学用語の内側(ないそく)および日常語の内側(うちがわ)と同じである。脛側の反対側を腓側(ひそく)と呼ぶ。

脛骨と関節する骨[編集]

ここでは人間の脛骨の特徴について述べる。近位端は、大腿骨、膝蓋骨とともに膝関節を形成する。近位端の内側には内側顆、外側には外側顆が大きく張り出しており、その上面に2つの上関節面がある。上関節面は大腿骨の内側上顆と外側上顆に対応する。上関節面と大腿骨端の間には半月があり、クッションの役割を果たす。前面の脛骨粗面には膝蓋靱帯が付く。

脛骨の骨体の断面は三角形となっており、前縁、骨間縁、内側縁の3つの稜線に区切られている。前縁は鋭く、皮膚の上から触れる(弁慶の泣き所)。後面の上部にはヒラメ筋線があり、ヒラメ筋が付く。

遠位端は、腓骨、距骨とともに足首の関節を形成する。内側に内果が張り出しており、皮膚の上から触れる(うちくるぶし)。下関節面が上から、内果関節面が側面から距骨に向かっている。

脛骨の近位端。左右に上関節面がある。

脛骨から起始する筋肉[編集]

右足の脛骨と腓骨(腹側面)、太いほうが脛骨
右足の脛骨と腓骨(背側面)

脛骨に停止する筋肉[編集]

参考文献[編集]

  • Tibia(脛骨) - 慶應義塾大学医学部解剖学教室
  • H. F. Frickほか『ヴォルフ人体解剖学アトラス』内野滋雄ほか監訳、西村書店、2001年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 脛骨 - 慶應医学部解剖学教室 船戸和弥