榎本達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
榎本 達也 Football pictogram.svg
名前
愛称 エノタツ
カタカナ エノモト タツヤ
ラテン文字 ENOMOTO Tatsuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1979年3月16日(35歳)
出身地 東京都練馬区
身長 190cm
体重 83kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2006
2007-2010
2011-2012
2013-2014
横浜マリノス/横浜F・マリノス
ヴィッセル神戸
徳島ヴォルティス
栃木SC
112 (0)
107 (0)
14 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年11月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

榎本 達也(えのもと たつや、1979年3月16日 - )は東京都練馬区生まれ、埼玉県蕨市育ちのサッカー選手。ポジションはGK。

来歴[編集]

1997年横浜マリノスに入団。2001年10月に、正GKの川口能活が国外クラブに移籍したことによって定位置を得た。直後にあったジュビロ磐田とのナビスコカップ決勝戦では、PK戦で相手PK3本を止める活躍を見せ、大会MVPに輝いた。その後も、2003年(1stステージは怪我)、2004年と2回のリーグ優勝を経験。

2005年以降は榎本哲也とのポジション争いで出場機会が減り、2007年ヴィッセル神戸へ完全移籍。2008年からは副キャプテンを務めた。神戸では不動の守護神として活躍していたが、2010年はJ1第20節山形戦で退場処分、さらに出場停止明けのJ1第22節京都戦で2試合連続の退場処分を喫した[1]。さらにチームが降格圏内に低迷していたこともあって和田昌裕監督の信頼を失い、23節以降は徳重健太にポジションを奪われて出場機会がなかった。同シーズンを以て、契約満了により神戸を退団。

2011年徳島ヴォルティスに完全移籍。背番号は23。しかし、2月19日の練習中に左アキレス腱を断裂し全治6ヶ月の負傷[2]を負う。復帰後もオ・スンフンの後塵を拝し、結局4試合の出場にとどまった。上野秀章が引退した2012年より背番号を1に変更。オに変わって開幕から正GKを務めたが、チームの状態が上向かず中盤戦にはベンチに降格。終盤戦は第2GKの座も長谷川徹に奪われ、ベンチ外となった。シーズン終了後に退団した。

2013年、神戸時代の指揮官である松田浩監督が率いる栃木SCに完全移籍。

2014年11月26日栃木SCの公式サイトで契約満了が発表された。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 1985年 - 1990年 蕨市北町サッカースポーツ少年団
  • 1991年 - 1993年 蕨市立第二中学校
  • 1994年 - 1996年 浦和学院高等学校
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1997 横浜M 32 J 0 0 0 0 0 0 0 0
1998 16 0 0 4 0 0 0 4 0
1999 横浜FM J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 3 0 2 0 0 0 5 0
2001 5 0 3 0 1 0 9 0
2002 1 30 0 5 0 2 0 37 0
2003 15 0 4 0 2 0 21 0
2004 30 0 4 0 0 0 34 0
2005 11 0 2 0 1 0 14 0
2006 18 0 2 0 0 0 20 0
2007 神戸 31 0 1 0 0 0 32 0
2008 25 0 6 0 0 0 31 0
2009 34 0 2 0 0 0 36 0
2010 17 0 1 0 0 0 18 0
2011 徳島 23 J2 4 0 - 1 0 5 0
2012 1 10 0 - 0 0 10 0
2013 栃木 37 36 0 - 1 0 37 0
2014 -
通算 日本 J1 219 0 37 0 6 0 262 0
日本 J2 86 0 - 3 0 89 0
総通算 305 0 37 0 9 0 351 0

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2004 横浜FM 1 5 0
2005 2 0
通算 AFC 7 0

その他の国際公式戦

エピソード[編集]

  • 横浜F・マリノス所属時のチームメイトで同じGKの榎本哲也は名前が似ているだけで血縁関係はない。ただ、当時より二人を兄弟であると勘違いしていたファンは多く、ヴィッセル神戸移籍加入時にもファンから兄弟対決について質問を受けた。その際に榎本はファンの発言を否定はせずに、発言の中で哲也のことを「哲也君」と呼ぶことで兄弟ではないことを遠回しに主張した。

タイトル[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ どちらも3人の交代枠を使い切った後に退場処分を受けており、山形戦ではFW都倉賢、京都戦ではDF河本裕之が急遽GKのポジションに回っている。
  2. ^ 榎本選手の負傷について J's GOAL

関連項目[編集]

外部リンク[編集]