松井大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松井 大輔 Football pictogram.svg
T.mitsui-slavia.jpg
PFCスラヴィア・ソフィア所属時(2012年)
名前
愛称 ダイスケ、ダイ、ボーイ
カタカナ マツイ ダイスケ
ラテン文字 MATSUI Daisuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1981年5月11日(33歳)
出身地 京都府京都市
身長 175cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション MF / FW
背番号 22
利き足 右足
ユース
1997-1999 鹿児島実業高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2004 日本の旗 京都パープルサンガ 126 (16)
2004-2008 フランスの旗 ル・マン 120 (17)
2008-2009 フランスの旗 サンテティエンヌ 22 (1)
2009-2011 フランスの旗 グルノーブル 45 (5)
2010 ロシアの旗 トム・トムスク (loan) 7 (0)
2011-2012 フランスの旗 ディジョン 3 (0)
2012-2013 ブルガリアの旗 スラヴィア・ソフィア 11 (0)
2013 ポーランドの旗 レヒア・グダニスク 16 (4)
2014- 日本の旗 ジュビロ磐田 36 (6)
代表歴2
2002-2004  日本U-23 25 (2)
2003-2011[1] 日本の旗 日本 31 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年5月25日現在。
2. 2011年1月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

松井 大輔(まつい だいすけ、1981年5月11日 - )は、京都府京都市出身のプロサッカー選手Jリーグジュビロ磐田所属。ポジションMF(SH, OH)、FW(WG)。妻は女優加藤ローサ[2]。元日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

寺西幼稚園卒園。大宅小学校進学。同級生の兄がサッカーをやっていたこともあり、小学3年生より大宅サッカースポーツ少年団に18期生(大宅小学校の生徒のみのチーム)で入団。同チーム内には同級生の山崎雅人も在籍し、他にも後にJリーグや実業団で活躍した同級生も多く在籍していた。特に松井と山崎は多くの大会で優秀選手賞を受賞した。チームとして小学校時代に約400試合をこなし戦績が392勝8敗ほどという驚異的な強さのチームであったが、小学校5年生の時、京都アシックス杯において鈴木啓太擁する静岡県の清水FCに0-7で大敗。当時から府内でも有名な選手であり京都府選抜、関西選抜など数多く選抜チームに選ばれていた。

大宅中学校に入学し1年間を過ごすも、2年の進級と同時に安アパートに移り住み、関西選抜などで監督を務めていた牧戸万佐夫がいる藤森中学校に転校[3]。この当時から幅広くサッカー留学などを経験、パリ・サンジェルマンFCからテスト生としての誘いを受けた。

高校は地元の京都を離れ鹿児島実業高校に進学し、プレーとテクニックのレベルを上げていった。3年生時の全国高校選手権では2回戦で大久保嘉人擁する国見高校を、準々決勝では田中達也擁する帝京高校を破り、準優勝を経験。

同校の2年先輩に遠藤保仁、同級生に那須大亮、1年後輩には上本大海や後に京都で共にプレーする田原豊がいる。

京都パープルサンガ[編集]

2000年、複数のJクラブから打診があったが、憧れの三浦知良が当時在籍していた京都パープルサンガに入団し、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせる。プロ1年目からリーグ戦で22試合出場し、プロ初ゴールを挙げるなどの活躍を見せたものの、チームは年間順位で16チーム中15位と低迷しJ2へ降格してしまう。

2001年、背番号を前年の26から10へと変更。リーグ戦37試合出場7得点という結果を残し、チームのJ1復帰に貢献する。

2002年黒部光昭朴智星らと共に、クラブ初タイトルとなる同年度の天皇杯優勝に貢献する。

2003年6月22日コロンビア戦で日本代表デビューを果たす[1]。しかしこの年は3トップの一角であった朴智星の退団や黒部の故障離脱もありチームは低迷、再びJ2降格を経験した。

ル・マン[編集]

2004年アテネオリンピックではU-23日本代表背番号10を背負った。同年9月1日に京都からフランス2部リーグ・ドゥル・マンUC2005年6月までの契約でレンタル移籍。松井の加入後、ル・マンは2部の中位から一気に1部昇格圏の2位にまで浮上し、その中心となって活躍した松井は、『le soleil du Mans(ル・マンの太陽)』と呼ばれた。

レンタル期間終了後、2005年7月にル・マンに完全移籍。1部リーグリーグ・アンでのデビュー戦となった2005-06シーズン初戦の対リヨン戦で先制ゴールをアシスト、第12節の対RCストラスブール戦では鮮やかなミドルシュートを決めて初ゴールを記録。サイドアタッカーとしてル・マンの攻撃陣を牽引し続ける。日本代表でも11月16日アンゴラ戦で代表Aマッチ初得点を記録し、チームの勝利に貢献した[1]2006年1月にはトロワAC戦での2ゴールなどが認められた形で、日本人初、ル・マンUCのチーム史上初である月間MVPを受賞する[4]。このシーズンには、リーグ・アンのアシストランキングで3位の8アシスト[5]を記録するなど、チームの残留に大きく貢献する。

2006-07シーズンは、初戦のニース戦でアシストを記録したもののサッカー選手の職業病とも言える腰痛に苦しめられ、2007年1月にはトロワ戦で2得点を記録したものの、シーズン後半は6試合連続で欠場した。しかし腰の状態が上向き、よりゴールの位置に近いセカンドトップ気味のポジションに配されてからは、最後の4試合では2ゴール1アシストを記録した。一方、選出を有力視されていた2006年ドイツW杯メンバーに落選。更にはケガなどにも苦しんだリーグ・アン2年目のシーズンではあったが、「今までで一番、プレーについて考え、自分のプレーについて研究したシーズンだった」[6]と本人は振り返った。

2007-08シーズンでは第2節で早々に初アシストを記録し、第5節の対ASモナコ戦では月間ベストゴールに選ばれるゴールを決めるなど好調を維持し(なお、このゴールはフランスの全国プロサッカー選手連合とCanal+が共同で選定する、リーグ・アンでのシーズンベスト5ゴールに選ばれた)、その後もチームのチャンスメーカーとして攻撃陣を牽引し、リーグ・カップの準々決勝ではリヨンを撃破するゴールを決め、アフリカネイションズカップで主力が軒並み不在な中でも存在感を発揮。大きなケガもなく安定して出場を続け、リーグ戦34試合に出場し5ゴールを記録した。

サンテティエンヌ、グルノーブル[編集]

2007-08シーズン終了後にル・マンとの契約を更新せず、リーグで10度の優勝を誇るASサンテティエンヌへの移籍を決め、2008-09シーズンよりクラブとの3年契約を交わした[7]。シーズン序盤は充分に起用されなかったものの、シーズン途中に監督が交代すると徐々に出場機会を増やしていった。

2009年6月に翌年南アフリカで開催されるワールドカップ出場を目指すため、出場機会を求めてグルノーブル・フット38に移籍した。背番号は移籍前と同じ「22」を与えられた。しかし、クラブは序盤から敗戦を重ね最終的にはリーグ最下位で2部への降格が決定した。

2010年6月に南アフリカW杯日本代表メンバーに選出され、全4試合にスタメン出場。グループリーグ第1戦カメルーン戦においては決勝ゴールとなる本田圭佑のゴールを右サイドからのクロスでアシストするなど攻守に活躍し日本代表の決勝トーナメント進出に貢献。決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦でもバー直撃のミドルシュートを放つなど活躍し、PK戦で失敗した駒野友一を泣きながらに慰めるなどあらゆる面で主力選手としての役割を果たした。後に公表されたFIFAの技術研究グループが作成したW杯南アフリカ大会の報告書では、本田圭佑と共にドリブル技術が高いと評価された[8]

グルノーブルの2部降格決定後は1部リーグでのプレーを目指して移籍先を模索。欧州の相当数のクラブが獲得に興味を持ったと報じられる中、松井自身はフランス1部への移籍にプライオリティを置いていた[9]。また、ポルトガル・スーペル・リーガの強豪スポルティング・リスボンと移籍寸前まで交渉が進んだが破談[10][11]。移籍期間終了間際になってロシア・プレミアリーグFCトム・トムスクに2010年末までの期限付きで加入することが発表された[12]。ロシア移籍後、欠場も多く目立った活躍もないままレンタル期間を終え、Jリーグの複数のクラブから獲得オファーを受けるも、海外でのプレーを希望する本人の希望もあり、グルノーブルへ復帰した。しかし、チームは2部リーグでも最下位となり、3部リーグへ降格。

2010-11シーズン終了後、グルノーブルが経営難により、プロ選手との契約ができない4部リーグへの2段階降格が決まったことで、フリートランスファーでの移籍が可能となった。

ディジョン[編集]

2011年7月27日、この年クラブ初のリーグ・アン昇格を果たしたディジョンFCOへ完全移籍し2年契約を結んだ[13][14]。しかし、ディジョンでは左足首の怪我とパトリス・カルテロン監督との確執もあり、ほとんど出場機会に恵まれずリーグ戦の出場はわずか3試合に留まりチームも2部に降格した。

PFCスラヴィア・ソフィア[編集]

2012年9月11日、ブルガリアプロサッカーリーグPFCスラヴィア・ソフィアへの移籍が決定した[15]。しかし、怪我の多さが響きリーグ戦の出場は11試合、フル出場は4試合のみに留まった。2013年6月16日、国立競技場で開催された東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチにゲストプレイヤーとして出場し、同点ゴールを決めた。

レヒア・グダニスク[編集]

2013年7月3日、ポーランド1部のレヒア・グダニスクへ移籍[16]。7月22日、開幕戦のポドベスキジェ戦でスタメン出場し2ゴールを決めた。

ジュビロ磐田[編集]

2014年からジュビロ磐田へ移籍[17]。10年ぶりのJリーグとなる。

開幕からゲームキャプテンを担当していた[18]が、ペリクレス・シャムスカが解任後に新監督となった名波浩の指名で前田遼一がゲームキャプテンを担当することになっている。それについて名波は、長年クラブに在籍する前田にチームを引っ張って行ってほしいということと「(松井)大輔がもともと巻いていましたが、キャプテンを交代してころころ代えるのはみっともないなというのもあったので。キャプテンマークは90分間出るであろう人間が巻くべきだと思うので、前田にしました。それは大輔も了承済みです。」と話している[19]

人物[編集]

  • 私生活では、タッキー&翼今井翼と仲が良く、その縁で2005年9月号のアイドル雑誌『Myojo』に今井と共に登場し、女子中高生からも人気を集める。また、2010年6月11日放送のミュージックステーションで、試合前に聞く「勝ち歌」に今井翼のソロ曲「BACKBORN」と答えている。今井はワールドカップ南アフリカ大会期間中には松井の日本代表ユニホーム型キーホルダーを愛用して応援していた[20]。この他、Dragon Ashとも親交がある。
  • JRA騎手高田潤と仲が良く、シーズンオフ等で松井が日本に戻っている際には必ず一緒に食事に行くという。状況によってはそこに朴智星が合流することもある[21]
  • 2010 FIFAワールドカップパラグアイ戦(2010年6月29日)のPK戦で駒野友一が外し結果として敗戦となった際には、肩を組んで涙を溜めながら励ました[22]
  • 同級生にモデルの畑田亜希(松浦亜希)がおり仲のいい友達であった。現在も親交が深い友達として松井が紹介されている[23]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1998 鹿児島実業高 - - - - 2 0 2 0
2000 京都 26 J1 22 1 7 1 1 0 30 2
2001 10 J2 37 7 2 0 4 0 43 7
2002 J1 23 4 2 0 5 4 30 8
2003 27 2 2 0 1 0 30 2
2004 J2 17 2 - - 17 2
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
2004-05 ル・マン 22 リーグ・ドゥ 25 3 1 0 0 0 26 3
2005-06 リーグ・アン 33 3 2 0 0 0 35 3
2006-07 27 4 2 0 0 0 29 4
2007-08 34 5 3 2 2 0 39 7
2008-09 サンテティエンヌ 22 1 1 0 2 0 25 1
2009-10 グルノーブル 29 4 1 0 2 1 32 5
ロシア リーグ戦 ロシア杯 オープン杯 期間通算
2010 トム・トムスク 33 ロシア・プレミア 7 0 - - 7 0
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
2010-11 グルノーブル 22 リーグ・ドゥ 16 1 - - 16 1
2011-12 ディジョン 28 リーグ・アン 3 0 - - 3 0
ブルガリア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2012-13 スラヴィア・ソフィア 7 A PFG 11 0 - 0 0 11 0
ポーランド リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2013-14 レヒア・グダニスク 22 エクストラクラサ 16 4 - 2 0 18 4
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2014 磐田 22 J2 36 6 - 3 0 39 6
通算 日本 J1 72 7 11 1 7 4 90 12
日本 J2 90 15 2 0 7 0 99 15
日本 - - 2 0 2 0
フランス リーグ・アン 148 17 9 2 6 1 163 20
フランス リーグ・ドゥ 41 4 1 0 0 0 42 4
ロシア ロシア・プレミア 7 0 - - 7 0
ブルガリア A PFG 11 0 - 0 0 11 0
ポーランド エクストラクラサ 16 4 - 2 0 18 4
総通算 385 47 23 3 24 5 432 55

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
UEFA UEFA EL
2008-09 サンテティエンヌ 22 2 0
通算 UEFA 2 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

京都パープルサンガ

個人[編集]

  • Jリーグ優秀新人賞 (2000年)
  • ベストエレガントプレイヤー賞 (トゥーロン国際大会、2002年)

代表歴[編集]

松井大輔、2010W杯予選(2009年)

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 31試合 1得点 (2003年 - 2011年)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2003 1 0
2004 0 0
2005 3 1
2006 0 0
2007 2 0
2008 7 0
2009 8 0
2010 8 0
2011 2 0
通算 31 1

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2005年11月16日 日本東京 アンゴラの旗 アンゴラ ○ 1-0 キリンチャレンジカップ2005

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 松井 大輔”. サッカー日本代表データベース. 2014年10月22日閲覧。
  2. ^ 2011年6月22日に結婚。松井は再婚、加藤は初婚。
  3. ^ 松井が信頼寄せる恩師”. 日刊スポーツ. 2010年5月9日閲覧。
  4. ^ Joueur du mois de Ligue - ウェイバックマシン(2007年10月13日アーカイブ分)UNFP、2006年1月
  5. ^ 「落選を糧に」松井 飛躍の3季目 - ウェイバックマシン(2007年7月2日アーカイブ分)スポーツニッポン、2007年6月9日
  6. ^ 松井が今季4得点目 来季に向けて意味深なコメントも - ウェイバックマシン(2007年6月2日アーカイブ分)スポーツナビ、2007年6月9日
  7. ^ 松井大輔、サンテティエンヌでの新たな挑戦 - ウェイバックマシン(2008年8月4日アーカイブ分)スポーツナビ、2008年8月5日
  8. ^ “ドリブル技術の高さ 空中戦の強さ FIFAが評価した日本代表3人”. スポーツニッポン. (2010年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/09/03/kiji/K20100903Z00000230.html 
  9. ^ “グルノ松井「移籍はフランス1部を希望」”. 日刊スポーツ. (2010年8月5日). http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20100805-662101.html 
  10. ^ 松井フランス2部復帰!グルノーブルかルマンへ - ウェイバックマシン(2010年12月28日アーカイブ分)スポーツ報知、2010年12月25日
  11. ^ 今だから明かせる、松井大輔スポルティング移籍破断劇の裏側”. フットボールチャンネル (2010年12月25日). 2014年10月22日閲覧。
  12. ^ “松井大輔のトム移籍が正式決定”. 日刊スポーツ. (2010年8月31日). http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/f-sc-tp2-20100831-672760.html 
  13. ^ “ディジョンが松井大輔の獲得を正式発表「今年は違うところを見せたい」”. livedoor ニュース. サッカーキング. (2011年7月28日). http://news.livedoor.com/article/detail/5741282/ 
  14. ^ 松井大輔、ディジョン移籍の顛末 待ちに待ったリーグ1へ”. スポーツナビ (2011年8月8日). 2014年10月22日閲覧。
  15. ^ “Славия привлече японски национал” (プレスリリース), PFCスラヴィア・ソフィア, (2012年9月11日), http://www.pfcslavia.com/pages.aspx?id=629 2014年10月22日閲覧。 
  16. ^ “Daisuke Matsui zawodnikiem Lechii” (プレスリリース), レヒア・グダニスク, (2013年7月3日), http://www.lechia.pl/news,1927-daisuke-matsui-zawodnikiem-lechii.html 2014年10月22日閲覧。 
  17. ^ “松井大輔選手が完全移籍加入” (プレスリリース), ジュビロ磐田, (2013年12月24日), http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=3463 2014年10月22日閲覧。 
  18. ^ 新キャプテン・松井大輔は「ジュビロの太陽」になれるか?”. Sportiva (2014年4月5日). 2014年10月22日閲覧。
  19. ^ 2014 Jリーグ 34 VS.愛媛FC”. ジュビロ磐田. 2014年10月22日閲覧。
  20. ^ “今井翼は松井の8番ホルダーつけ必勝祈願”. 日刊スポーツ. (2010年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100629-647098.html 
  21. ^ サッカー日本代表!!”. JRA騎手 高田潤のFEEL潤 (2009年7月10日). 2014年10月22日閲覧。
  22. ^ “泣くな駒野! 主将・川口「胸張って帰ろう」”. サンケイスポーツ. (2010年7月1日). http://www.sanspo.com/worldcup2010/news/100701/wca1007010509004-n1.htm 
  23. ^ 実は。。。”. 畑田亜希オフィシャルブログ (2010年12月20日). 2014年10月22日閲覧。

出版物・参考文献[編集]

  • 名波浩対談集〜日本サッカーが勝つためにすべきこと 名波浩著 [単行本] 集英社 (2010年5月25日) ISBN 4087805697
  • 松井大輔のサッカー ドリブルバイブル DVD抜き技&魅せ技スペシャル(DVD付) [単行本] カンゼン (2009年3月18日) ISBN 4862550282
  • PETIT `a PETIT―松井大輔フランスの日々 [単行本] ベースボールマガジン社 (2011年6月) ISBN 4583103859
  • 独破力 [単行本] PHP研究所 (2010年3月20日) ISBN 4569777368
  • D-VISIONS [単行本] 大村克巳 (写真) 集英社 (2011年9月26日) ISBN 4087806251

関連項目[編集]

外部リンク[編集]