高崎寛之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高崎 寛之 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヒロ ヒロくん
カタカナ タカサキ ヒロユキ
ラテン文字 TAKASAKI Hiroyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1986年3月17日(28歳)
出身地 茨城県結城郡八千代町
身長 188cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 徳島ヴォルティス
ポジション FW
背番号 13
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011
2009
2012
2013-
浦和レッドダイヤモンズ
水戸ホーリーホック(loan)
ヴァンフォーレ甲府
徳島ヴォルティス
22 0(3)
46 (19)
27 0(5)
25 0(2)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高崎 寛之(たかさき ひろゆき、1986年(昭和61年)3月17日 - )は、茨城県出身のサッカー選手。ポジションはフォワード徳島ヴォルティス所属。

来歴[編集]

高校時代は全国大会への出場はなく、駒澤大学に進学。巻佑樹と2トップを組んだ。3年次の2007年関東大学サッカー連盟の関東選抜Aチームに選ばれ、デンソーカップチャレンジでは最優秀選手となった。2007年夏季ユニバーシアードに日本代表として参加。 駒澤大学の同期からは菊地光将大宮アルディージャ)、塚本泰史大宮アルディージャ)、八角剛史ギラヴァンツ北九州)、小林竜樹ザスパ草津)がJリーグに進んだ。

2008年浦和レッドダイヤモンズと契約。リーグ2試合に出場した。

2009年水戸ホーリーホックにレンタル移籍。当初は荒田智之、荒田の負傷離脱後は吉原宏太との2トップでJ2で5位の19得点をあげた。そして12月25日2010年より浦和レッドダイヤモンズに復帰することが発表された。[1]

2010年、リーグ戦では開幕からベンチにも入れない状態が続いていたが、3月31日に行われたナビスコ杯予選リーグBグループ第1節、対磐田戦で浦和復帰後初となる公式戦先発出場を果たした。それ以降も基本的にFWがエジミウソンの1TOPで固定されていた為、中々出番に恵まれていない状況が続いていたが、9月5日に行われた天皇杯2回戦、対東京国際大学戦で浦和では初となる公式戦ゴールを記録。その後、9月12日に行われたJリーグ第22節、対FC東京戦で今シーズンリーグ戦初出場。10月2日の第25節、対大宮戦では今季リーグ戦初先発出場・J1初ゴールを記録した。その後引き続き天皇杯3回戦、対徳島ヴォルティス戦で先発出場したものの結果が出せず、Jリーグ第26節、対C大阪戦では負傷した田中達也に替わり前半途中から交代出場したが、試合に入ることが出来ず後半途中に交代を命じられベンチに下がった。以降は出場機会に恵まれず、このシーズンは公式戦10試合出場、2ゴールという成績に終わった。

2012年から、ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍。ハーフナー・マイクの穴を埋める役割として期待され開幕スタメン出場を果たしたがなかなかゴールを奪えず、中盤戦以降はチームが1トップ戦術を採用したこともあり出場機会が減少。27試合に出場したもののわずか5ゴールという成績に終わった。

2013年徳島ヴォルティスへ完全移籍[2]。シーズン前半はスタメン出場もあったが、シーズン後半は主に試合終盤の途中出場が多く、2ゴールに終わる。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2008 浦和 26 J1 2 0 3 0 0 0 5 0
2009 水戸 11 J2 46 19 - 0 0 46 19
2010 浦和 16 J1 5 1 3 0 2 1 10 2
2011 15 2 3 0 3 1 21 3
2012 甲府 9 J2 27 5 - 1 0 28 5
2013 徳島 13 25 2 - 1 0 26 2
通算 日本 J1 22 3 9 0 5 2 36 5
日本 J2 98 26 - 2 0 100 26
総通算 120 29 9 0 7 2 136 31

その他公式戦

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]