エジミウソン・ドス・サントス・シルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エジミウソン Football pictogram.svg
Edmilson dos Santos Silva 2011.jpg
アル・ガラファ所属時(2011年)
名前
本名 エジミウソン・ドス・サントス・シルバ
Edmílson dos Santos Silva
愛称 エジ[1]
ラテン文字 EDMÍLSON
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1982年9月15日(32歳)
出身地 バイーア州サルヴァドール[2]
身長 183cm[2]
体重 85kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 CRヴァスコ・ダ・ガマ
ポジション FW
背番号 7
利き足 右足[1]
ユース
パルメイラス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2004 パルメイラス
2004-2007 アルビレックス新潟 116 (62)
2008-2011 浦和レッズ 110 (47)
2011-2013 アル・ガラファ 10 (04)
2012 FC東京 10 (02)
2013- ヴァスコ・ダ・ガマ 45 (19)
1. 国内リーグ戦に限る。2014.08.15現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エジミウソン・ドス・サントス・シルバ(Edmílson dos Santos Silva, 1982年9月15日 - )は、ブラジル出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(FW)

来歴[編集]

5歳の時にサッカーを始める[3]。 15歳からSEパルメイラスの下部組織で育ち、19歳でトップデビュー[3]2003年ブラジル全国選手権2部にて12試合で7得点を挙げ、名門チームの1部復帰に貢献した。

2004年Jリーグアルビレックス新潟期限付き移籍[4]得点を量産すると、2005年に約3億円の移籍金で完全移籍。新潟には2007年まで在籍[5]。公式戦138試合出場・76得点を記録しエースとしてチームのJ1定着に貢献した。

2008年浦和レッドダイヤモンズに完全移籍[6]。加入当初は、チームへの適応に時間を要したことから、サポーターからブーイングや応援ボイコットを受けた時期もあったが、高原直泰らとのポジション争いを制し、コンスタントに得点を重ねチームの得点源として活躍した。また、前線での積極的なチェイシングにより守備面でも大きく貢献。2009年6月13日ナビスコカップ第7節、対大宮戦で日本での通算100得点を達成[7]。J1において新記録となる6シーズン連続10得点以上も達成した。2010年もエースストライカーとして君臨。J1通算200試合出場の節目の試合でもあった8月21日の対湘南ベルマーレ戦で2得点を挙げ、史上最年少でのJ1通算100得点を達成[8]、初の20代で達成した選手となった。また自身が持つJ1連続10得点以上の記録を7シーズンに更新、チームの調子が上がらない中でもリーグ3位となる16得点を記録、自身初のリーグ戦全試合出場を果たした。

2011年、これまでの実績を買われ永井雄一郎が退団して以来欠番になっていた9番に背番号を変更してシーズンを迎えたが、カタールアル・ガラファから正式オファーが届きクラブ間で合意[9]。自身が望まない形で[10]離日し、アル・ガラファへ完全移籍することとなった[11]

2012年7月、アル・ガラファからFC東京に半年間の期限付き移籍[12]。約1年ぶりのJリーグ復帰となった。ボールを引き出す動きには秀でたものを見せたが、試合勘の無さから[13]目立った活躍は出来ず、同年12月、契約期間満了により退団した[14]

2013年4月、母国ブラジルのCRヴァスコ・ダ・ガマへ移籍[2]

人物[編集]

  • 好物はラザニア[1]、チャーシューメン[3]、ハンバーガー。油断すると直ぐに太る体質らしく、サポーターを心配させている。
  • ゴールを決めた後の動きは「エジダンス」「くねくねダンス」と言われている。
  • 毎年得点王を狙うと明言している。
  • 日本の生活にもなじみ、購入した車は日本車、スパイクには「エジ」と日本語の刺繍がしてある(なお、スパイクはそれまでのアディダス製からナイキ製に変更し、現在はプーマ製を使用している)。
  • 「オレはエディー・マーフィーに似ている」と気取っているが、周囲からは浦和在住のタレント、ボビー・オロゴン似と言われ、すぐに「ボビー・オロゴン」と自身の使用しているスパイクに日本語の刺繍を入れるというノリの良さを見せていた[15]
  • ヴァグネル・ラヴとはパルメイラス・ユース時代からの友人であり、彼が「ラヴ」というあだ名をつけられる原因となった事件にも関わっている[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2001 パルメイラス セリエA
2002
2003 (en 11 セリエB 12 7
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2004 新潟 10 J1 29 15 5 4 1 0 35 19
2005 33 18 6 4 1 0 40 22
2006 25 10 1 2 2 1 28 13
2007 29 19 5 3 1 0 35 22
2008 浦和 17 31 11 6 3 2 0 39 14
2009 33 17 7 3 1 0 41 20
2010 34 16 6 2 4 3 44 21
2011 9 12 3 1 1 - 13 4
カタール リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011-12 (en アル・ガラファ 9 QSL 10 4
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2012 FC東京 9 J1 10 2 3 0 0 0 13 2
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2013 ヴァスコ・ダ・ガマ 19 セリエA 27 8 3 1
2014 (en 7 RJ州 18 11
2014 (en セリエB
通算 ブラジル セリエA 27 8 3 1
ブラジル セリエB 12 7
日本 J1 236 111 40 22 12 4 288 137
カタール QSL 10 4
総通算 285 130 43 23 12 4 340 157
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2008 浦和 17 4 2
通算 AFC 4 2

タイトル[編集]

個人

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 選手データベース - ウェイバックマシン(2010年1月14日アーカイブ分)WEBサッカーマガジン (2008年2月21日)
  2. ^ a b c d e f g Atacante Edmilson foi apresentado no Vasco(ポルトガル語)CRヴァスコ・ダ・ガマ (2013年4月9日)
  3. ^ a b c d 本誌連動インタビュー「HUMANE」ノーカット版! - ウェイバックマシン(2010年1月10日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2005年5月)
  4. ^ エジミウソン 選手 加入のお知らせ アルビレックス新潟 (2004年1月29日)
  5. ^ エジミウソン選手との契約についてお知らせ アルビレックス新潟 (2007年12月1日)
  6. ^ エジミウソン選手 加入のお知らせ 浦和レッドダイヤモンズ (2007年12月28日)
  7. ^ 【ヤマザキナビスコカップ 浦和vs大宮】試合終了後の各選手コメント J's GOAL 2009.06.13
  8. ^ a b 2010J1 第20節 エジミウソン 選手(浦和)J1通算100得点達成! Jリーグ 2010.08.21
  9. ^ エジミウソンにカタールから正式オファー アーカイブ 2011年7月1日 - ウェイバックマシン 浦和レッドダイヤモンズ (2011.06.23)
  10. ^ エジミウソン途中出場でゴールも…柱谷GMは移籍否定せず スポーツニッポン (2011年6月22日)
  11. ^ エジミウソン、アルガラファに完全移籍 浦和レッドダイヤモンズ (2011.06.29)
  12. ^ エジミウソン選手期限付き移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2012年7月19日アーカイブ分) FC東京 2012.07.15
  13. ^ 新助っ人のエジミウソン選手が、明治大との練習試合で“FC東京デビュー” blogola (2012年7月21日)
  14. ^ エジミウソン選手期限付き移籍期間満了のお知らせ FC東京 (2012年12月3日)
  15. ^ [オ~レ! オレ、オレ、俺]浦和FW・エジミウソン (27) - ウェイバックマシン(2009年12月3日アーカイブ分) スポーツ報知 (2009.11.29)
  16. ^ Al Gharafa vs. Qatar SC(英語) SOCCERWAY

関連項目[編集]

外部リンク[編集]