小島秀仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小島 秀仁 Football pictogram.svg
名前
カタカナ コジマ シュウト
ラテン文字 Kojima Shuto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1992年7月30日(22歳)[1]
出身地 栃木県下都賀郡野木町[1]
身長 178cm[1]
体重 65kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 徳島ヴォルティス
ポジション MF
背番号 7
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-
2014-
日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ
日本の旗 徳島ヴォルティス (loan)
36 (2)
0 (0)
代表歴
2009 日本の旗 U-17日本代表 3 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年1月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小島 秀仁(こじま しゅうと、1992年(平成4年)7月30日 - )は、栃木県下都賀郡野木町出身のサッカー選手。ポジションミッドフィールダーJ1徳島ヴォルティス所属[1]スターポリスとマネジメント提携[2]

来歴[編集]

前橋育英高校2年生の時に高校総体で優勝を経験[3]。3年生の時は第89回全国高等学校サッカー選手権大会に主将として出場した[4]。チームは3回戦で敗れたものの、今大会の優秀選手37人の1人に選ばれた[5]。その37人から選ばれる日本高校サッカー選抜のメンバーに選ばれ[6]2011 FUJI XEROX SUPER CUPの前座試合として、U-18Jリーグ選抜と試合を行った[7]

2010年(平成22年)9月13日に、2011年(平成23年)シーズンからの浦和レッドダイヤモンズ加入内定が発表され[8]、2011年1月19日に、加入記者会見が行われた[9]。6月22日に埼玉スタジアム2002で行われた、J1第17節のアビスパ福岡で公式戦初先発、初出場ながらフル出場を果たし、チームのリーグ戦ホーム2ヶ月ぶりの勝利に貢献した[10]。以降は出場機会になかなか恵まれなかったが、最終的に公式戦14試合に出場した。

宇佐美貴史宮市亮等と共にプラチナ世代と呼ばれ、その世代屈指のボランチと評価された[11]2009 FIFA U-17ワールドカップではレギュラーとしてグループリーグ全試合に出場、グループリーグ第2戦のスイス戦ではゴールも記録したが[12][13]、チームは3戦全敗でグループリーグ敗退した。

2014年1月8日徳島ヴォルティスへの期限付き移籍が発表された[14]

プレースタイル[編集]

第88回全国高等学校サッカー選手権大会開催前にはMFの注目選手としてYahoo! JAPANが運営しているスポーツ総合情報サイト「スポーツナビ」で、広範囲をカバーできる頭脳派ボランチと評価され[15]第89回開催前には、長短の正確なパスを巧みに使い分け、パス&ゴーの質も高いと評価した[16]。浦和加入時には浦和の公式サイトで視野が広く長短のパスを使ってゲームを作ることができ、2列目からの飛び出しで積極的にゴールを狙えるのが特徴だと紹介されている[8]

所属クラブ[編集]

ユース経歴[1]

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2011 浦和 27 J1 6 0 5 0 3 0 14 0
2012 12 0 6 1 1 0 19 1
2013 1 0 0 0 2 1 3 1
2014 徳島 7
通算 日本 J1 19 0 11 1 6 1 36 2
総通算 19 0 11 1 6 1 36 2
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2013 浦和 27 0 0
通算 AFC 0 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “小島 秀仁”. 浦和レッドダイヤモンズ 公式サイト. http://www.urawa-reds.co.jp/team/2011/27.html 2011年8月14日閲覧。 
  2. ^ 小島 秀仁”. スターポリス. 2014年1月7日閲覧。
  3. ^ “前橋育英MF小島秀仁「プレッシャーの厳しいエリアで決定的な仕事ができるか」”. Youth star voice. (2010年5月26日). http://smartphone.gekisaka.jp/?u=%2F%3Ftwm%3Dv%26amp%3Bmenu%3Dfl%26amp%3Bguid%3DON%26amp%3Bkey%3DXxp0myW8%26amp%3Btwi%3D56618 2011年8月14日閲覧。 
  4. ^ “柴崎岳「昨年と同じ失敗を繰り返さない」 (1/2)第89回全国高校サッカー選手権大会抽選会”. スポーツナビ. (2010年11月22日). http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/hs/89th/text/201011220006-spnavi.html 2011年8月14日閲覧。 
  5. ^ “優秀選手に樋口、浜口ら”. スポーツナビ. http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/hs/89th/data/player/best_data.html 2011年8月14日閲覧。 
  6. ^ “日本高校選抜チームメンバー Fuji XEROX SUPER CUP 2011 「NEXT GENERATION MATCH U-18Jリーグ選抜 vs 日本高校選抜」”. 日本サッカー協会. (2011年2月18日). http://www.jfa.or.jp/match/topics/2011/14.html 2011年8月14日閲覧。 
  7. ^ “急造チーム同士の対戦は、勝利への意欲で勝ったJ選抜が積極的な仕掛けで勝利”. J's GOAL. (2011年2月27日). http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00114493.html 2011年8月14日閲覧。 
  8. ^ a b “小島秀仁選手(前橋育英高校)、加入内定”. 浦和レッドダイヤモンズ 公式サイト. (2010年9月13日). http://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/news_6175.html 2011年8月14日閲覧。 
  9. ^ “新たに仲間となった4選手がクラブへの献身を誓う!”. 浦和レッドダイヤモンズ 公式サイト. (2011年1月19日). http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=6561 2011年8月14日閲覧。 
  10. ^ “vs福岡「リーグ戦、ホームで2ヵ月ぶり完封勝利」”. 浦和レッドダイヤモンズ 公式サイト. (2011年6月23日). http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=7032 2011年8月14日閲覧。 
  11. ^ “『挫折の刻印』前橋育英高校・小島秀仁【伊藤寿学】”. Soccer Journal. (2011年1月18日). http://news.livedoor.com/article/detail/5276149/ 2011年8月14日閲覧。 
  12. ^ “FIFA U-17 World Cup Nigeria 2009 Switzerland - Japan” (英語). FIFA. (2009年10月27日). http://www.fifa.com/tournaments/archive/tournament=102/edition=251806/matches/match=300102242/report.html 2011年8月14日閲覧。 
  13. ^ “スイスに3-4で敗れる FIFA U-17ワールドカップ ナイジェリア2009 グループB第2戦 対スイス戦 チームレポート”. 日本サッカー協会. (2009年10月28日). http://www.jfa.or.jp/national_team/topics/2009/384.html 2011年8月14日閲覧。 
  14. ^ 小島秀仁 徳島ヴォルティスへ期限付き移籍のお知らせ 2014年1月8日付 浦和レッズ公式サイト
  15. ^ “全国高校サッカー選手権大会 第88回 注目選手 MF編”. スポーツナビ. http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/hs/88th/data/player/pickup_mf.html 2011年8月14日閲覧。 
  16. ^ “全国高校サッカー選手権大会 第89回 注目選手 MF編”. スポーツナビ. http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/hs/89th/data/player/pickup_mf.html 2011年8月14日閲覧。 

関連項目[編集]