仙石廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仙石 廉 Football pictogram.svg
名前
カタカナ センゴク レン
ラテン文字 SENGOKU Ren
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1990年10月2日(23歳)
出身地 埼玉県志木市[1]
身長 170cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ファジアーノ岡山
ポジション MF (DH)
背番号 7
利き足 右足
ユース
2000-2008 柏レイソル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2011 柏レイソル 1 (0)
2011 →ファジアーノ岡山 (loan) 16 (0)
2012- ファジアーノ岡山 69 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

仙石 廉(せんごく れん、1990年10月2日 - )は、埼玉県志木市出身のプロサッカー選手Jリーグディビジョン2ファジアーノ岡山所属。ポジションはミッドフィールダーDH)。

来歴[編集]

小学4年生から柏レイソルの下部組織に所属。U-12からU-18まで一貫してキャプテンを務め[1]、後に仙石、酒井宏樹工藤壮人武富孝介山崎正登比嘉厚平指宿洋史島川俊郎畑田真輝という計9名のプロ選手を輩出した柏レイソルユース「黄金世代」の中心選手として活躍。

2008年第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で準優勝を飾り、MIPに選出。直後に参加した第11回ビジャレアル国際ユーストーナメントでは、リヴァプールアヤックスセルティックといった強豪を破って3位に輝き、自身も大会MVPに選出された[2]。この活躍が海外スカウトの目に留まり、11月にはエールディヴィジ(オランダ1部)・フェイエノールトのユース練習に参加[3]プリメーラ・ディビシオン(スペイン1部)・マジョルカからもプロC契約のオファーが届いたが、最終的に国内残留を決断し、酒井、工藤らと共にトップチームへ昇格した[4][注 1]

柏では出場機会に恵まれず、2010年末にはスペイン1部・エルクレスのBチーム練習に参加[5]。翌年1月11日ファジアーノ岡山への期限付き移籍が発表された[6]

2012年、岡山へ完全移籍[7]ボランチのポジションでレギュラーに定着し、累積警告により出場停止となった第12節横浜FC戦を除くリーグ戦全試合に出場した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 35 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 27 J2 1 0 - 0 0 1 0
2011 岡山 28 16 0 - 2 1 18 1
2012 14 41 3 - 1 1 42 4
2013 7 28 0 - 2 0 30 0
2014 -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 86 3 - 5 2 91 5
総通算 86 3 0 0 5 2 91 5

タイトル[編集]

クラブ[編集]

柏レイソル

個人[編集]

経歴[編集]

代表歴[編集]

  • U-15日本代表
    • 2005年 - ディズニーアディダスカップ[8]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ この年ユースから昇格したのは仙石、酒井、工藤、武富、山崎、比嘉の計6名で、クラブ史上最多人数(2013年現在)。
出典
  1. ^ a b c d e 柏レイソルU-18所属 仙石廉選手 新加入内定 - 柏レイソル公式サイト 2008年12月16日
  2. ^ 柏ユースがスペインのファンを魅了 - サポティスタ 2008年8月17日
  3. ^ 柏ユース仙石がフェイエの練習に参加 - ゲキサカ 2008年11月23日
  4. ^ 【特集】09年J1ニューフェイスの決意(第3回、柏・仙石廉) - ゲキサカ 2009年1月19日
  5. ^ スペイン留学の仙石廉「自分ができることを確かめる」 - ゲキサカ 2010年12月7日
  6. ^ 仙石廉選手 ファジアーノ岡山へ期限付き移籍 - 柏レイソル公式サイト 2011年1月11日
  7. ^ 仙石廉選手 ファジアーノ岡山へ移籍 - 柏レイソル公式サイト 2011年12月15日
  8. ^ U-15日本代表チームメンバーに柏レイソルU-15から2選手 - 柏レイソル公式サイト 2005年12月20日

関連項目[編集]