ハットトリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハットトリック英語:hat trick)とは、スポーツの試合中に一人の選手がゴールなど勝利に繋がるプレイを3回以上達成すること。元来はクリケットで、1つの回の中で3球で3人の打者をアウトにすること。これを達成したボウラー(投手)には、帽子(ハット)が贈られその名誉が讃えられたことに因む。現代では様々なスポーツで使われるようになった。

クリケット[編集]

投手が連続3球で3人の打者をアウトにすること。昔、これを成し遂げた投手には賞として帽子(ハット)が贈られた。スポーツでいうハットトリックの元はクリケット用語。その後サッカーなど他のスポーツでも用いられている。

サッカー[編集]

概要[編集]

サッカーでは1人の選手が1試合に3点以上得点することをハットトリックと呼ぶ。サッカーのストライカーにとって、ハットトリックを決めることは実力を証明する勲章としての意味合いを持ち、全世界で定着している。ただし、プロリーグや国際試合ではハットトリックの達成は非常に難しく、目にする事はまれである。イタリア語ではトリプレッタ[1]とも表記される。同一選手が同一試合に6点を挙げることはダブルハットトリックと呼ばれるがプロのトップレベルの試合では不可能に近いとされている。最近ではタジク・リーグでキーマのスクロブ・カミドフ (Suhrob Hamidov) が下位チーム相手にダブルハットトリックを行った[2]

記録[編集]

一般[編集]

同一試合での同一選手による最多得点は16であり、1942年12月13日にランス・レーシング・クラブステファン・デムビキドイツ語版クープ・ドゥ・フランスのオーブリー・アスチュリエ (Auby-Asturies) 戦で記録した[2]

ハットトリック連続世界記録は、中山雅史が記録した4試合連続(1998年4月15日4月29日Jリーグ)である。国際試合における最短時間でのハットトリック世界記録も中山であり、2000年2月16日に行われたアジアカップ予選ブルネイ代表戦において試合開始3分15秒でハットトリックを記録している。中山による上記2つの世界記録はギネスブックに掲載された。

FIFAワールドカップ[編集]

FIFAワールドカップでのハットトリックは49回記録されている[3]。FIFAワールドカップでの同一試合での同一選手による最多得点記録は、1994 FIFAワールドカップロシアカメルーン戦でのオレグ・サレンコ(ロシア)による5得点である

日本[編集]

日本代表の初のハットトリックは1930年5月25日のフィリピン代表戦で若林竹雄が記録した(4得点)[4]

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の初のハットトリックは、1993年Jリーグ開幕節鹿島アントラーズジーコが記録。以降年間11回ペース(J1リーグのみ、公式データより)でハットトリックが生まれている。Jリーグ最短のハットトリック記録は眞中靖夫2001年7月14日)で交代出場から5分、最初のゴールから3分で達成している。リーグ戦での1試合最多得点は野口幸司1995年5月3日)、エジウソン1996年5月4日)、中山雅史(1998年4月18日)呂比須ワグナー1999年5月29日)の5得点である。

Jリーグのリーグ戦でのダブルハットトリック(6得点)達成者は出ていないが、2005年12月10日J1・J2入れ替え戦第2戦でヴァンフォーレ甲府バレーがダブルハットトリックを記録した。日本サッカーリーグ(JSL)では、1974年日立松永章がダブルハットトリック(対トヨタ自動車)を記録した。

日本の女子サッカーのトップリーグにおける最高得点記録は1996年日興證券ドリームレディースリンダ・メダレンが第1節OKI FC Winds相手に達成した10ゴールが最高である。他にもリーグ内でのレベル差の激しくなる女子カテゴリーや地域リーグ、高校選手権の予選などで時折ダブルハットトリック以上の記録は生まれている。

ラグビー[編集]

ラグビーユニオンラグビーリーグの2つのコードの両方において、選手が1試合で3回以上のトライを記録することをハットトリックと呼ぶ。ラグビーユニオンでは、似た概念に「フルハウス」(1試合でトライ、コンバージョン、ペナルティゴール、ドロップゴールを決めること)がある。トライを2回記録した場合は、ブレイス(brace、2つの物を固定する留め具)と呼ばれることが多い。サッカーと同様に、ハットトリックを記録した選手には試合のボールが贈られる。

ケン・アーヴァイン英語版フランク・バーグ英語版はオーストラリアのラグビーリーグ1部で16回のハットトリックを記録した。

その他の球技[編集]

フィールドホッケーアイスホッケーでは1人の選手が1試合に3得点以上することをハットトリックと呼ぶ。

ダーツ[編集]

ダーツ競技においては、1スローの3本をすべてブルエリアに入れることをいう。なお、3本ともインブルに入れると「スリー・イン・ザ・ブラック」となる。

モータースポーツ[編集]

モータースポーツでは、1つのレースにおいて「ポールポジション獲得」、「決勝レースでのファステストラップ記録」、「優勝」の3つを成し遂げることをハットトリックと呼ぶ場合がある。あくまでも通称であり公式な名称ではなく、公式な記録として扱われることもないが、大変意義のあることとして賞賛される。

さらに上記の3つに「決勝レースでの全周回トップ走行」が加わると「グランドスラム」と呼ばれる[5]

脚注[編集]

  1. ^ : tripletta
  2. ^ a b 管野浩編 『雑学おもしろ事典』 p.158 日東書院 1991年
  3. ^ ウィキペディア英語版「List of FIFA World Cup hat-tricks」による
  4. ^ 第9回極東選手権大会 (1930.5.25)”. 日本サッカー協会. 2015年5月8日閲覧。
  5. ^ "Magic numbers - a statistical look at the 2013 season". Formula 1 - The Official F1 Website.(2013年12月20日)2013年12月27日閲覧。

関連項目[編集]