林卓人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
林 卓人 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハヤシ タクト
ラテン文字 HAYASHI Takuto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1982年8月9日(31歳)
出身地 大阪府茨木市
身長 188cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム サンフレッチェ広島
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
ユース
茨木小FC(茨木小
1995-1997 茨木市立養精中学校
1998-2000 金光大阪高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000 セレッソ大阪 (強化指定) 0 (0)
2001-2004 サンフレッチェ広島 2 (0)
2005-2009 コンサドーレ札幌 71 (0)
2007-2009 ベガルタ仙台 111 (0)
2010-2013 ベガルタ仙台 136 (0)
2014- サンフレッチェ広島
代表歴
2012-2013 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年1月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

林 卓人(はやし たくと、1982年8月9日 - )は、大阪府茨木市出身のサッカー選手[1]。ポジションはゴールキーパー金光大阪高等学校卒業。Jリーグサンフレッチェ広島所属。

来歴[編集]

茨木小学校FC、市立養精中出身[1]。中学までは全国的には無名な存在で、金光大阪高等学校へ進学後頭角を現す[2]。高校の2年先輩に斉藤大介、 1年後輩に中田洋平田中淳也がいる。2000年高校3年時インターハイ出場[1]、同年セレッソ大阪強化指定選手として登録された。

2001年、サンフレッチェ広島とプロ契約[1]。同期入団は、河野淳吾田中マルクス闘莉王西嶋弘之寺内良太梅田直哉李漢宰[2]。2002年から下田崇の控え、2ndGKとなる[3]。同年J1最終節対コンサドーレ札幌戦にて下田の負傷により途中出場、これがJリーグ初出場となった。この試合は札幌にVゴールを許して敗戦、広島はJ2降格となった[4]。同年の天皇杯では下田の怪我によりレギュラーとして出場、広島を準決勝まで進出させる原動力となった[5]。2003年、下田が怪我から復帰すると全く出場機会が与えられなかった[6]

一方で林はプロ入り以来、各年代の日本代表に選ばれた。2003年カタール国際親善トーナメントでU-22日本代表に、アテネオリンピック最終予選では全6試合に出場し、日本チームをオリンピック出場へと導いた[7]。しかし2004年アテネ五輪本大会においては、正GKにオーバーエイジ枠として曽ヶ端準が抜擢され、さらに腰痛のため控えの座も黒河貴矢に奪われて選外(補欠)となりベンチ外となった[3]

2005年、藤ヶ谷陽介の移籍に伴い正GKを探していたコンサドーレ札幌へ完全移籍[1][3]。移籍金8000万円(移籍金#日本国内におけるシステム参照)[3]。正GKを務めたが慢性的に腰の故障を抱えていたことに加え不用意なミスにより[8]信頼を失い、正GKを佐藤優也に、のち2ndGKも高木貴弘に明け渡した。

2007年6月、シュナイダー潤之介の長期離脱に伴いGKを欲していたベガルタ仙台期限付き移籍[7][9]。移籍早々から正GKとして起用されるようになり、2008年J1・J2入れ替え戦進出、2009年J2優勝およびJ1昇格に貢献する[9]。札幌の復帰要請を断り仙台にとどまることを選択し[10]、2010年仙台に完全移籍[9]。以降も正GKとしてチームを支え、2011年J1で4位、2012年J1で2位躍進を支え、仙台のAFCチャンピオンズリーグ2013初出場に導いた[9]。2013年は共同主将の一人に起用された。

この仙台での活躍により2012年2月、初のA代表入りを果たした[9]。24日のアイスランドとの親善試合でベンチ入りしたが、出場機会なし。2013年7月の東アジアカップ2013で2度目の代表選出も、またも出場機会なしに終わった。

2014年、西川周作の移籍に伴い正GKを探していたサンフレッチェ広島に完全移籍[9]。10年ぶりの古巣復帰となった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2001 広島 21 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 1 0 0 0 4 0 5 0
2003 J2 1 0 - 0 0 1 0
2004 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2005 札幌 1 J2 33 0 - 0 0 33 0
2006 38 0 - 1 0 39 0
2007 0 0 - - 0 0
仙台 16 19 0 - 0 0 19 0
2008 41 0 - 1 0 42 0
2009 51 0 - 4 0 55 0
2010 J1 34 0 6 0 0 0 40 0
2011 34 0 4 0 2 0 40 0
2012 34 0 7 0 1 0 42 0
2013 34 0 1 0 3 0 38 0
2014 広島 1
通算 日本 J1 137 0 19 0 12 0 166 0
日本 J2 183 0 - 6 0 189 0
総通算 320 0 19 0 16 0 355 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2013 仙台 16 6 0
2014 広島 1
通算 AFC 6 0

その他の公式戦

代表・選抜歴[編集]

  • 2001年 U-20日本代表
  • 2002年 U-21日本代表
  • 2003年 U-22日本代表
  • 2004年 U-23日本代表
  • 2004年10月10日 日本選抜 (1964年東京オリンピック40年記念イベント)
  • 2012年 日本代表
  • 2013年7月 東アジアカップ2013・日本代表

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 林 卓人選手の移籍について”. J's GOAL (2005年1月6日). 2014年4月13日閲覧。
  2. ^ a b 戦う喜び さよなら涙 GK(21) 林 卓人”. 中国新聞 (2001年2月14日). 2014年1月24日閲覧。
  3. ^ a b c d GK林、札幌移籍”. 中国新聞 (2005年1月7日). 2014年1月24日閲覧。
  4. ^ 完全燃焼 矢折れ力尽く”. 中国新聞 (2002年11月30日). 2014年1月24日閲覧。
  5. ^ 京都に1―2 追い上げ及ばず 天皇杯準決勝”. 中国新聞 (2002年12月28日). 2014年1月24日閲覧。
  6. ^ 下田、全治4ヶ月”. 紫熊倶楽部 (2005年10月17日). 2014年1月24日閲覧。
  7. ^ a b GK林 期限付きで獲得 J2仙台”. 河北新報 (2007年6月15日). 2014年1月24日閲覧。
  8. ^ <1> GK・林卓人(23)”. 北海道新聞 (2006年2月20日). 2014年1月24日閲覧。
  9. ^ a b c d e f J1仙台の林、広島に完全移籍”. 河北新報 (2014年1月6日). 2014年1月24日閲覧。
  10. ^ GK林仙台残留熱望、札幌交渉諦めた”. 日刊スポーツ (2009年10月26日). 2014年1月24日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]