東慶悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東 慶悟 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヒガシ ケイゴ
ラテン文字 HIGASHI Keigo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1990年7月20日(24歳)
出身地 福岡県北九州市若松区[1][2]
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム FC東京
ポジション MF[3] / FW[4]
背番号 38
利き足 右足[5][6]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2010 大分トリニータ 52 (8)
2011-2012 大宮アルディージャ 53 (9)
2013- FC東京 32 (2)
代表歴2
2006  日本 U-16
2010-2012  日本 U-21/22/23
2013- 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年3月2日現在。
2. 2012年5月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

東 慶悟(ひがし けいご、1990年7月20日 - )は、福岡県北九州市出身のプロサッカー選手JリーグFC東京所属。ポジションは主にミッドフィールダー

来歴[編集]

兄の影響で6歳の時にサッカーを始める[6]。中学校のコーチが大分トリニータスタッフの立石敬之の甥であり、同クラブを見学する機会を得て好印象を抱く[7]

当時は周囲とのレベル差もあって王様然としたプレースタイルが身に付いており[8]、中学3年生時にU-15高円宮杯県予選でアビスパ福岡U-15に大敗したことを機に、高レベルの環境を求めてJリーグクラブのアカデミー入りを決心[9]

大分トリニータ[編集]

2006年より大分トリニータU-18へ加入。大きな環境の変化の中、オフ・ザ・ボールの動きの重要性を実感して意識を改め[10]練習に励んだ。

2009年、U-18からトップチームへ昇格[3]ランコ・ポポヴィッチ監督の下で[11]、ボランチからトップ下やウイングなどの攻撃的なポジションに移されると[12]、高卒ルーキーながら23試合に出場した。J1第20節名古屋戦でプロ初得点を記録[13]。スコア1-1の試合終了間際、金崎夢生からのパスを浮かせて[14]、GK楢崎正剛の横を抜くという劇的な決勝弾だった[15][16]。2010年には、主力のほとんどが移籍した大分の中心選手として、J2で6得点を記録。U-21日本代表としても2010年アジア競技大会に出場し、日本の金メダル獲得に大きく貢献した。

大宮アルディージャ[編集]

2011年に大宮アルディージャへ完全移籍[17]。同年、アルベルト・ザッケローニが指揮を執るA代表候補に初選出された[18]。U-22/U-23日本代表としてもロンドンオリンピックのアジア2次予選及び最終予選の全8試合に先発出場し、予選突破に貢献。本大会でも背番号10を背負い[19]ベスト4入りを果たした[11][6]

大宮ではクラブの象徴的存在だった藤本主税からポジションを奪取[20]。トップ下やサイドハーフを務めたものの、ボールを貰うため後方に下がらざるを得ず[19]、守備の負担もあって[20][21]、ゴール前でのチャンスメイクに専心できない場面もあった[19]。大宮からの契約延長オファーを固辞し[11]2012年限りで退団。

FC東京[編集]

鹿島C大阪などが獲得に動く中[22]、恩師ポポヴィッチが監督を務め[15]梶山陽平の後釜を求める[11]FC東京が獲得に成功[23][24]。加入早々にして東京のパスサッカーにフィットし[21]、攻撃をリード[19]。巧みな動き出しでスペースを作り[25]FWを活かした。

2013年5月、複数のポジションでプレーでき、ゴールへ向かう積極性[注 1]を評価され[27]キリンチャレンジカップ及びワールドカップアジア最終予選に臨む日本代表に初めて選出された[6]

2014年はポジションを3ボランチの一角[28]、インサイドハーフへと下げ、守備にも奔走[29]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 大分 21 J1 23 2 3 0 2 1 28 3
2010 8 J2 29 6 - 2 1 31 7
2011 大宮 J1 27 8 1 0 1 0 29 8
2012 26 1 3 0 3 2 32 3
2013 FC東京 38 32 2 6 1 5 0 43 3
2014
通算 日本 J1 108 13 13 1 11 3 132 17
日本 J2 29 6 - 2 1 31 7
総通算 137 19 13 1 13 4 163 24

その他の国際公式戦

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 0試合 0得点 (2013年 - )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2013 0 0
通算 0 0

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 相手ペナルティーエリア内への進入回数でMF最多を記録[26]
出典
  1. ^ 【トリニータ】アウェー、きょう北九州戦 大分合同新聞 (2010年10月2日)
  2. ^ a b ロンドン五輪:サッカーで4強、東選手が帰省報告会−−若松/福岡 毎日新聞 (2013年1月6日)
  3. ^ a b c d 【トリニータ】MF東が入団会見 大分合同新聞 (2009年01月24日)
  4. ^ a b キリンチャレンジカップ2013 SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ブルガリア代表 (5/30@豊田スタジアム) 2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 SAMURAI BLUE (日本代表) 対 オーストラリア代表 (6/4@埼玉スタジアム2002) SAMURAI BLUE (日本代表) メンバー・スケジュール samuraiblue.jp (2013年5月23日)
  5. ^ 2012年 J1選手名鑑 大宮アルディージャ 東 慶悟 (cache) スポーツニッポン
  6. ^ a b c d 本田が無理ならトップ下は東! 代役候補に期待大 スポーツ報知 (2013年5月24日)
  7. ^ サッカースターへの道のり プロになった17人の少年時代. 学研パブリッシング. (2014). p. 114-115. 
  8. ^ ロンドンオリンピック日本代表の背番号10 東慶悟が見せ始めた明らかな変化と可能性 (3/4) サッカーマガジンZONE WEB (2014年4月25日)
  9. ^ 『ジュニアサッカーを応援しよう VOL.30』 カンゼン2013年、12-19頁。
  10. ^ ロンドンオリンピック日本代表の背番号10 東慶悟が見せ始めた明らかな変化と可能性 (4/4) サッカーマガジンZONE WEB (2014年4月25日)
  11. ^ a b c d 大宮MF東 FC東京移籍が決定的! 恩師の存在が決め手に スポーツニッポン (2012年12月24日)
  12. ^ 『フットボールサミット第12回』 カンゼン2013年、185頁。ISBN 9784862551795
  13. ^ a b c 選手出場記録 Jリーグ (2009年12月5日)
  14. ^ 【J1:第20節 大分 vs 名古屋】試合終了後の各選手コメント J's GOAL (2009年8月1日)
  15. ^ a b フットボールサミット第11回』 カンゼン2013年、49-51頁。
  16. ^ 公式記録 2009Jリーグ ディビジョン1 第20節第1日 Jリーグ (2009年8月1日)
  17. ^ 東慶悟選手、大分トリニータより完全移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2011年1月2日アーカイブ分) 大宮アルディージャ (2010年12月30日)
  18. ^ a b 日本代表候補トレーニングキャンプメンバー (2011/8/1-3@札幌) samuraiblue.jp (2011年7月28日)
  19. ^ a b c d 五輪で10番を背負った男が変身中! FC東京をリードする東慶悟の存在感。 Numver Web (2013年3月22日)
  20. ^ a b ニューカマー・レコメンド J's GOAL (2013年2月10日)
  21. ^ a b 東慶悟 FC東京のパスサッカー支える“走れるトップ下” スポーツニッポン (2013年2月26日)
  22. ^ 大宮・東 東京入りへ 東京中日スポーツ (2012年12月24日)
  23. ^ 東 慶悟選手 FC東京へ移籍のお知らせ 大宮アルディージャ (2012年12月29日)
  24. ^ 東慶悟選手 完全移籍加入決定のお知らせ”. FC東京 (2012年12月29日). 2012年12月29日閲覧。
  25. ^ 【第93回天皇杯 4回戦 大宮 vs F東京】プレビュー J's GOAL
  26. ^ FC東京 代表初招集の東、超攻撃的アピールだ! スポーツニッポン (2013年5月25日)
  27. ^ ザック監督、新戦力招集の理由「複数ポジションできる」工藤&東への期待 スポーツニッポン (2013年5月23日)
  28. ^ 本職で結果を出したF東京MF東「トップ下は、すごくやりやすかった」 ゲキサカ (2014年4月26日)
  29. ^ ロンドンオリンピック日本代表の背番号10 東慶悟が見せ始めた明らかな変化と可能性 (2/4) サッカーマガジンZONE WEB (2014年4月25日)
  30. ^ AFCがW杯予選予備登録メンバーリストを公表、宮市や中澤、闘莉王の名も ゲキサカ (2011年9月3日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]