船山貴之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
船山 貴之 Football pictogram.svg
名前
愛称 たかゆき
カタカナ フナヤマ タカユキ
ラテン文字 FUNAYAMA Takayuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1987年5月6日(27歳)
出身地 千葉県成田市[1]
身長 170cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 川崎フロンターレ
ポジション FW
背番号 15
利き足 右足
ユース
1997-1999 柏レイソルジュニア
2000-2002 柏レイソルJr.ユース
2003-2005 柏レイソルユース
2006-2009 流通経済大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005 柏レイソル (2種登録) 0 (0)
2010-2011 栃木SC 15 (0)
2011-2014 松本山雅FC 140 (47)
2015- 川崎フロンターレ
代表歴
2002-2004  日本 U-15/16/17
2005  日本 U-18
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

船山 貴之(ふなやま たかゆき、1987年5月6日 - )は、千葉県出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(FW)Jリーグ川崎フロンターレ所属。サッカー選手の船山祐二は実兄。

来歴[編集]

ユース時代[編集]

幼稚園在籍中より長兄の影響で次兄(祐二)と共にサッカーを始める[2]。小学校4年次で柏レイソルのジュニアチームに入団。この頃バスケットボールにも出会い、双方の競技を掛け持ちするようになった[2]。2000年にジュニアユースチームに昇格後もバスケットボールを続けたが、中学校2年次、双方の試合日程重複の結果バスケットボール側の試合出場を選んだ事に罪悪感を感じたのをきっかけに、「バスケットボールは趣味で」と決意した[2]。ジュニアユース時代は日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会で優勝を1度、ベスト4を2度経験した。2002年にはジュニアユースのチームメートであった柳澤隼らと共にU-15日本代表に選出された。ちなみに、女子マラソン選手の田中智美第一生命)とは成田市立成田中学校時代の同級生である。

2003年にユースチームに昇格。在籍中、ユースの各種大会では目立った実績を挙げることはなかったが、代表チーム・選抜チームでは実績を残している。2003年7月にU-16日本代表の一員として出場した第4回豊田国際ユースサッカー大会では優勝を経験、少年男子千葉県選抜チームの一員として出場した第60回国民体育大会においても優勝を経験した。高校3年次にはトップチームに2種登録選手として在籍したが、昇格はならず、2006年に流通経済大学に入学し同大サッカー部に入部した。

大学では2006年、2008年、2009年に関東大学サッカーリーグ1部優勝を経験した他、2007年には第31回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントで優勝を経験した。

プロ契約後[編集]

2010年J2栃木SCに入団。

2011年8月、松本山雅FC期限付き移籍[3]。完全移籍した2012年からは3年連続で二桁得点を記録。特に2014年は自己最多の19得点を挙げ、チームのJ1昇格の立役者となった。

2014年12月26日、川崎フロンターレへ完全移籍することが発表された[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2005 35 J1 0 0 0 0 - 0 0
2005 Y 10 - - - 1 0 1 0
2006 流経大 - JFL 19 8 - 19 8
2007 15 13 4 - 0 0 13 4
2008 16 7 - 1 1 17 8
2009 9 12 1 - 1 1 13 2
2010 栃木 20 J2 12 0 - 1 1 13 1
2011 3 0 - - 3 0
2011 松本 32 JFL 17 5 - 3 1 20 6
2012 J2 40 12 - 0 0 40 12
2013 10 41 11 - 1 0 42 11
2014 42 19 - 1 0 43 19
2015 川崎 15 J1
通算 日本 J1 0 0 0 0 - 0 0
日本 J2 138 42 - 3 1 141 43
日本 JFL 77 25 - 5 3 82 28
日本 - - 1 0 1 0
総通算 215 67 0 0 9 4 224 71

タイトル[編集]

個人

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]