ジウベルト・カルロス・ナシメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベッチーニョ Football pictogram.svg
名前
本名 ジウベルト・カルロス・ナシメント
愛称 ベット、平塚の闘将
カタカナ ベッチーニョ
ラテン文字 BETINHO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1966年6月14日(48歳)
出身地 サンパウロ州イピランガ
身長 172cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1988 ブラジルの旗 ブラジル 1(0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ベッチーニョことジウベルト・カルロス・ナシメントGilberto Carlos Nascimento (BETINHO)1966年6月14日-)は、ブラジルサンパウロ州イピランガ出身の元サッカー選手。愛称はベット。また、「平塚の闘将」とも言われる。

人物[編集]

ブラジル代表に選出された経歴を持ち、1993年に当時ジャパンフットボールリーグにあったフジタ(後にベルマーレ平塚、現湘南ベルマーレ)でプレーし、Jリーグ昇格に貢献した。1995年の元日天皇杯を制し、その年のアジアカップウィナーズカップでも優勝に導いた。ベルマーレの助っ人史上最高のプレーヤーと言われている。

フジタ加入時は線が細い選手であったが、ヘッドコーチであったニカノールの指導の下、体も強くなり、かつ鋭いドリブル、高い決定力を誇った。利き足は右であるが、1995年ゼロックススーパーカップでは左足での鋭いミドルシュートを決めている。フリーキックはアウミール岩本輝雄が争って蹴る状態であったために、あまり蹴ってはいなかったが、アウミール退団後は数度蹴るようになり、ゴールも決めている。PKの名手でもあり、ベッチーニョ出場停止時に野口幸司が蹴って外し、次はアウミールが蹴って外すという珍しいシーンがあり(1994年ジェフユナイテッド市原戦)、ベッチーニョは当時のベルマーレにはプレーのみならず、精神的にも不可欠な選手であった。

1993年のジャパンフットボールリーグベストイレブン、1994年Jリーグベストイレブンに選出されている。Jリーグ出場試合数115試合で通算得点は56点である。ちなみにJリーグではハットトリックを2回記録している。

2003年4月には「Legend of Bellmare(レジェンド・オブ・ベルマーレ)」の初代受賞者として表彰された。

応援ソングは後にベンチーニョ(川崎ほか)、シルビーニョ(仙台、新潟)、梁勇基(仙台)の応援にも流用されている。サポーターが肩を組んで左右に動くスタイルはベルマーレでは見られず(ごく一部のサポーターはやっていた)、フロンターレサポーターによる改造である。ベルマーレ時代は「ベッチーニョ ベットゴール ベッチーニョ」。ベットとは愛称である。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1988 クルゼイロ セリエA 13 4 13 4
1989 18 2 18 2
1990 パルメイラス 20 6 20 6
1991 17 4 17 4
1992 16 3 16 3
クルゼイロ 0 0 0 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1993 フジタ 旧J1 17 11 6 3 1 0 24 14
1994 平塚 - J 37 24 0 0 5 3 42 27
1995 50 25 - 2 1 52 26
1996 28 7 14 1 3 1 45 9
1997 川崎 10 旧JFL 28 19 - 3 3 31 22
1998 4 1 3 1 0 0 7 2
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1998 インテルナシオナル セリエA 20 3 20 3
1999 0 0 0 0
グアラニ 7 0 7 0
2000 サンジョゼ 0 0 0 0
ガマ 5 1 5 1
2001 サント・アンドレ 0 0 0 0
2002 イパチンガ 0 0 0 0
2003 フランカナ 0 0 0 0
通算 ブラジル セリエA 116 23 116 23
日本 J 115 56 14 1 10 5 139 62
日本 旧JFL 49 31 9 4 4 3 62 38
総通算

その他の公式戦

関連項目[編集]