アグレミアソン・スポルチーヴァ・アラピラケンセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ASA
原語表記 Agremiação Sportiva Arapiraquense
愛称 Alvinegro(黒と白)
Asa Gigante
(巨人の翼、または巨人ASA)
クラブカラー 黒・白
創設年 1952年
所属リーグ カンピオナート・アラゴアーノ
カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB
ホームタウン アラピラカ
ホームスタジアム エスタジオ・ムニシパウ・コアラシ・ダ・マッタ・フォンセカ
収容人数 10,000人
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ASAこと、アグレミアソン・スポルチーヴァ・アラピラケンセ(Agremiação Sportiva Arapiraquense)は、ブラジルアラゴアス州アラピラカにホームを置くサッカークラブである。ASA・デ・アラピラカ(ASA de Arapiraca)と表記されることもある。

クラブカラーは白と黒、[1]これはかつてのフェロヴィアリオ・デ・アラピラカと同様である。[2]そのクラブカラーから、アウヴィネグロAlvinegro、白と黒)というニックネームを持つ。[3]クラブのマスコットはディズニーキャラクターのインク怪人(ブラジルでの名前はマンシャ・ネグラ=Mancha Negra)である。[2]

歴史[編集]

かつて同じ都市にあったフェロヴィアリオ・デ・アラピラカ(Ferroviário de Arapiraca)というクラブがなくなった後、1952年9月25日に実業家と市当局によってアソシアソン・スポルチーヴァ・アラピラケンセ(Associação Sportiva Arapiraquense )として創設された。初代会長にはアントニオ・ペレイラ・ローシャが就いた。[4]

1953年、クラブにとって初のプロフェッショナル大会となるカンピオナート・アラゴアーノに参加した。ASAは決勝へと進んだが、対戦相手のフェロヴィアリオがASAとの対戦を拒否したため、アラゴアス州サッカー連盟はASAがチャンピオンであると宣言した。これはクラブにとって最初のタイトルでもあった。[4]

1977年9月4日、クラブ名を現在のアグレミアソン・スポルチーヴァ・アラピラケンセ(Agremiação Sportiva Arapiraquense)に改めた。[1]

1979年、ASAはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAに初参加し、40位となった。[5]クラブにはその好成績から「アラゴアスの亡霊」(Fantasma das Alagoas)というあだ名が付けられた。[4]

1982年、緑色がクラブカラーのひとつに採り入れられたが、すぐに除かれた。[4]

2000年代にクラブは州選手権で大きな成功をおさめ、2000、2001、2003、2005、2009シーズンに優勝した。[6]2000年にASAはコパ・ジョアン・アヴェランジェのモドゥロ・ヴェルデ(3部相当)に参加し、第1ステージで敗退した。[7]2001年、コパ・ド・ブラジルに初出場し、1回戦でヴィトーリアに敗れた。[8]2002年、ASAは再び同大会に出場した。1回戦ではパルメイラスを破る番狂わせを見せたが、2回戦でコンフィアンサに敗れた。[9]2009年、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエC決勝でASAはアメリカ・ミネイロに敗れ、2位となった。[10]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]