ブルーノ・エベルトン・クアドロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルーノ・クアドロス Football pictogram.svg
名前
本名 ブルーノ・エベルトン・クアドロス
Bruno Everton Quadros[注 1]
愛称 ブルーノ[1]、青野さん
ラテン文字 BRUNO QUADROS
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1977年2月3日(37歳)
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ[2]
身長 185cm[3]
体重 76kg[3]
選手情報
ポジション DF (CB[3])、MF (DH[3])
利き足 右足[1][4]
ユース
1991-1996 フラメンゴ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1999 フラメンゴ 32 (2)
1998 ボタフォゴ 12 (1)
1999-2000 ガラタサライ (0)
2000 イスタンブルスポル 9 (0)
2000-2001 フラメンゴ
2001 スポルチ・レシフェ 3 (0)
2002 サンカエターノ
2002-2003 グアラニ 59 (2)
2004 クルゼイロ 14 (0)
2005-2006 セレッソ大阪 56 (0)
2007 コンサドーレ札幌 43 (1)
2008-2009 FC東京 25 (0)
2010 アルキ・ラルナカ 16 (0)
2011-2012 リネンセ 23 (0)
代表歴
1996 ブラジルの旗 ブラジル U-20/21
監督歴
2012- リネンセ
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ブルーノ・クアドロス(Bruno Everton Quadros[4][注 1], 1977年2月3日 - )は、ブラジル出身のサッカー指導者、元サッカー選手。現役時代のポジションディフェンダー(センターバック)、ミッドフィールダー(ボランチ)。

来歴[編集]

7歳の頃にフットサルを始め、サッカーに本格的に取り組むようになる[9][10]

1997年CRフラメンゴでプロデビューし、エスタジオ・ド・マラカナンでのプレーという目標を叶えた[10]。当時のポジションはボランチ[11]

2005年Jリーグセレッソ大阪に加入[4]。Jリーグでのプレー経験がある代理人のジルマールや、親交のあったジーコ[注 2]から日本のサッカーやC大阪について詳しい情報を得ていたこともあって[11]、早々にチームにフィット。3バックの中央に入って[12]守備陣を統率し[13]、巧みなカバーリングで活躍[11]。この年のJリーグ優秀選手賞にも選ばれた[14]2006年9月、J1第23節千葉戦でオーバーヘッドをした際に骨折し、戦線を離脱[15]。リーグ最終戦には出場したが、チームのJ2降格を食い止められなかった[15]。降格に伴う運営費圧縮から翌年の契約交渉が折り合わず[13]、C大阪を退団。

守備の建て直しを図るコンサドーレ札幌から高いプロ意識[16]とリーダーシップを評価され[13]2007年より札幌に移籍[17]。目標のフル出場[15]こそ達成できなかったものの、守備の核となり[1]札幌のJ2優勝・J1昇格に大きく貢献した[18]。しかし、札幌は翌年のJ1での戦いに向けて、DFを日本人選手のみで揃える(主に攻撃陣に外国籍枠を割く)方針を採ったため、ブルーノは構想外となり[18]放出された[19]

2008年はCB陣の層が薄かった[20]FC東京からオファーを受け完全移籍した[7][21]。しかし開幕直前に肩を負傷[22][23]。シーズン中にも負傷がたて続き[24][25][23]、10月初旬には左足底部の筋損傷を完全に治療するためにブラジルに帰国するなど[26][23]出場機会は乏しかった。怪我が癒えた2009年はCBで今野泰幸とコンビを組み[27]レギュラーに定着。丁寧なビルドアップを志向するチームにあって、足元の技術の高さを発揮し[28]配球役も担った[29]同年のナビスコカップ決勝にもフル出場し、無失点勝利に貢献。C大阪、札幌では果たせなかったJ1でのタイトルを獲得した。敬虔なキリスト教徒[1]であり、試合後にはチャンスを掴んだことに対し、神に祈りを伝えていた[30]。12月に同年限りでの退団が発表された[8]

日本語の習得に熱心に取り組んだ結果[15]、ピッチ上での指示は全て日本語でこなし、日常会話程度なら通訳なしで話せるまでに上達していた[9][15]

2011年、ブラジルのCAリネンセに加入[3]2012年6月、現役を引退し、リネンセの監督に就任することが発表された[31]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 1991 - 1996年 ブラジルの旗 CRフラメンゴユース
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1997 フラメンゴ セリエA 20 1
1998 12 1
ボタフォゴ 12 1
1999 フラメンゴ
トルコ リーグ戦 トルコ杯 オープン杯 期間通算
1999-00 (en ガラタサライ シュペルリガ 0
イスタンブルスポル 9 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2000 フラメンゴ AZUL (セリエA) 1 0
2001 セリエA
スポルチ 3 0
2002 サンカエターノ
グアラニ 18 1
2003 41 1 50 1
2004 クルゼイロ 14 0 22
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2005 C大阪 2 J1 33 0 8 1 4 1 45 2
2006 23 0 7 0 1 0 31 0
2007 札幌 15 J2 43 1 - 0 0 43 1
2008 FC東京 4 J1 2 0 4 2 0 0 6 2
2009 23 0 8 0 3 1 34 1
キプロス リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2010-11 (en アルキ ラルナカ 2 ファースト 16 0 4
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2011 (en リネンセ 4 サンパウロ州 14 0
2012 (en 9 0
通算 ブラジル セリエA
トルコ シュペルリガ 9 0
日本 J1 81 0 27 3 8 2 116 5
日本 J2 43 1 - 0 0 43 1
キプロス ファースト 16 4
総通算
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
UEFA UEFA EL CL予選
1999-00 C / CL (en ガラタサライ 2 2[3] 0
CONMEBOL スダメリカーナ杯 リベルタドーレス杯
2002 サンカエターノ - 5[3] 0
2004 S (en / L (en クルゼイロ 2 0 1 0
通算 UEFA 2 0
CONMEBOL 2 0 6 0
総通算 8 0

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 順位 勝点 試合 備考
2013 (en リネンセ サンパウロ州1部 9位 27 19 7 6 6 インテリオール ベスト4
2014 (en

タイトル[編集]

ブラジルの旗 ブラジル
トルコの旗 トルコ
日本の旗 日本

代表歴[編集]

  • U-20 ブラジル代表[4]
  • U-21 ブラジル代表[4]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ a b 自身の公式ウェブサイトを始め[5]、「Bruno Ewerton Quadros」の表記も多い[6][7][8]
  2. ^ ブルーノの父は、CFZ(ジーコが創立したクラブ)で広報を務めていた[11]
出典
  1. ^ a b c d 選手データベース ブルーノ・クアドロス FC東京 - ウェイバックマシン(2010年1月10日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン
  2. ^ a b c d e f g Bruno Quadros sambafoot(ポルトガル語)
  3. ^ a b c d e f g CAL, apresenta zagueiro Bruno Quadros(ポルトガル語)CAリネンセ (2011年1月21日)
  4. ^ a b c d e ブルーノ クアドロス選手・ファビーニョ選手・ゼ カルロス選手獲得のお知らせ セレッソ大阪 (2005年1月22日)
  5. ^ a b c Historia(ポルトガル語)brunoquadros.com
  6. ^ a b c 登録選手一覧表 Jリーグ 2009.12.06
  7. ^ a b ブルーノクアドロス選手 FC東京へ完全移籍のお知らせ コンサドーレ札幌 (2008年1月10日)
  8. ^ a b ブルーノ クアドロス選手 来季契約について - ウェイバックマシン(2009年12月5日アーカイブ分) FC東京 (2009年12月2日)
  9. ^ a b 『FC東京ファンブック 2008』 毎日新聞社2008年、68-71頁。
  10. ^ a b [07コンサドーレ新戦力](1) ブルーノの夢「コンサでJ1再昇格」 - ウェイバックマシン(2007年10月24日アーカイブ分) スポーツ報知 (2007年2月5日)
  11. ^ a b c d インタビュー「SWITCH」ノーカット版! - ウェイバックマシン(2006年6月25日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン
  12. ^ 変化の予感(1/2)宮崎キャンプリポート第4回 セレッソ大阪 スポーツナビ (2005年02月13日)
  13. ^ a b c J2札幌が前C大阪クアドロスに白羽の矢 - ウェイバックマシン(2007年11月30日アーカイブ分) 日刊スポーツ (2007年1月7日)
  14. ^ a b 【 2005Jリーグアウォーズ 】優秀選手賞/優秀新人賞 受賞選手決定 Jリーグ (2005年12月8日)
  15. ^ a b c d e DFブルーノ・クアドロス/07年札幌NEWウエーブ1 - ウェイバックマシン(2007年3月12日アーカイブ分) 日刊スポーツ (2007年1月26日)
  16. ^ <6> DF ブルーノクアドロス=背番号15 - ウェイバックマシン(2007年9月26日アーカイブ分) 北海道新聞 (2007年2月7日)
  17. ^ ブルーノ クアドロス選手 2007年 新加入決定のお知らせ コンサドーレ札幌 (2007年1月19日)
  18. ^ a b 札幌が来季純国産最終ラインでJ1残留へ - ウェイバックマシン(2007年11月30日アーカイブ分) 日刊スポーツ (2007年12月5日)
  19. ^ ジャイアントキリングを狙う北のプロビンチャ コンサドーレ札幌の挑戦 (2008年3月4日)
  20. ^ CB難解消へ ブルーノ獲り - ウェイバックマシン(2007年12月21日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2007年12月19日)
  21. ^ ブルーノ クアドロス選手 完全移籍加入決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2008年1月11日アーカイブ分) FC東京 (2008年1月10日)
  22. ^ ブルーノ クアドロス選手の検査結果について - ウェイバックマシン(2008年2月1日アーカイブ分) FC東京 (2008年1月29日)
  23. ^ a b c ブルーノ「年内に帰ってくる」 東京中日スポーツ (2008年10月10日)
  24. ^ ブルーノ クアドロス選手の検査結果について - ウェイバックマシン(2008年5月11日アーカイブ分) FC東京 (2008年5月2日)
  25. ^ ブルーノ クアドロス選手の検査結果について - ウェイバックマシン(2012年7月14日アーカイブ分) FC東京 (2008年7月4日)
  26. ^ ブルーノ クアドロス選手の帰国について - ウェイバックマシン(2008年10月11日アーカイブ分) FC東京 (2008年10月8日)
  27. ^ 5/22(金) 5/24(日)J1リーグ戦:第13節 FC東京 vs 川崎F プレビュー Jリーグ (2009年5月22日)
  28. ^ FC東京、“魅せる”サッカーで旋風を J2で身に付けた自信とたくましさを武器に スポーツナビ (2012年3月13日)
  29. ^ 【J1:第29節 F東京 vs 柏】プレビュー J's GOAL (2009年10月17日)
  30. ^ 【ヤマザキナビスコカップ:決勝 F東京 vs 川崎F】試合終了後のブルーノ クアドロス選手(F東京)コメント J's GOAL (2009年11月3日)
  31. ^ Novidades: Bruno Quadros é o novo treinador do CAL(ポルトガル語)CAリネンセ (2012年6月15日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の監督:
ピンタード
ブラジルの旗 CAリネンセ 監督
2012-
次の監督: