ジョルジ・ワグネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジ・ワグネル Football pictogram.svg
名前
本名 Jorge Wagner Goés Conceição
カタカナ ジョルジ・ワグネル・ゴエス・コンセイソン
ラテン文字 JORGE WAGNER
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1978年11月17日(35歳)
出身地 ブラジルの旗 バイーア州フェイラ・デ・サンタナ
身長 178cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 鹿島アントラーズ
ポジション FW / MF / DF (SB)
背番号 7
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2000 ブラジルの旗 バイーア 24 (9)
2001-2002 ブラジルの旗 クルゼイロ 33 (4)
2003-2006 ロシアの旗 ロコモティフ・モスクワ 18 (2)
2003 ブラジルの旗 コリンチャンス (loan) 18 (0)
2005-2006 ブラジルの旗 インテルナシオナル (loan) 46 (12)
2006-2007 スペインの旗 レアル・ベティス 10 (0)
2007 ブラジルの旗 サンパウロ (loan) 34 (4)
2008-2010 ブラジルの旗 サンパウロ 91 (9)
2011-2013 日本の旗 柏レイソル 91 (20)
2014 ブラジルの旗 ボタフォゴ
2014- 日本の旗 鹿島アントラーズ
1. 国内リーグ戦に限る。2014年8月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョルジ・ワグネル・ゴエス・コンセイソンJorge Wagner Goés Conceição, 1978年11月17日 - )は、ブラジル連邦共和国バイーア州フェイラ・デ・サンタナ市出身のプロサッカー選手J1鹿島アントラーズ所属。ポジションはフォワードミッドフィールダーディフェンダーSB)。

来歴[編集]

1998年バイーアでキャリアをスタート。

2001年以降、クルゼイロコリンチャンスインテルナシオナルサンパウロロコモティフ・モスクワレアル・ベティスといった国内外の名門クラブを渡り歩き、ブラジル全国選手権コパ・リベルタドーレスといったビッグタイトルを含め、ベティスを除く全てのクラブでタイトルを獲得している[1]

2011年Jリーグディビジョン1柏レイソルへ移籍。第1節清水エスパルス戦で得意のフリーキックから先制点を挙げ、鮮烈なJリーグデビューを飾った[2]。開幕当初は左サイドバックとして起用されていたが、大津祐樹の移籍に伴い、7月頃から本職の中盤へポジションを移した[3]。このコンバートが功を奏し、夏場以降は本領を発揮[3]。リーグ戦11得点を挙げてクラブ初のJ1優勝に大きく貢献し、Jリーグベストイレブンに選出された。2011 FIFAクラブワールドカップでは、サンパウロ時代の恩師・ラマーリョとの対戦も実現させた[4]

2012年、リーグ戦33試合に出場し、7得点を記録。第92回天皇杯決勝ガンバ大阪戦では、 コーナーキックから渡部博文の決勝点をアシストし、天皇杯優勝に貢献した[5]

2013年AFCアジアチャンピオンズリーグ参加による過密日程やレアンドロ・ドミンゲスの長期離脱に苦しんだクラブを献身的に支え続け、ヤマザキナビスコカップ決勝浦和レッズ戦では、決勝点の起点を作り勝利に貢献した[6]。在籍3年間でJリーグ3大タイトルを全て獲得した「優勝請負人」は、同年限りで柏を退団し、母国ブラジルのボタフォゴへ移籍した[7]

2014年8月5日鹿島アントラーズへ完全移籍[8]した。

人物[編集]

  • たいへんな人格者として知られ、柏レイソルでの最終戦となった2013年J1最終節終了後、指揮官のネルシーニョは「彼はプロ選手として、1人の人間として、本当に人格者ですから、人としてもプロとしても常に態度が一流で、監督として彼に助けられたことがとても多いので感謝しています」と惜別の言葉を送った[9]
  • 2011年、J1優勝争いの佳境で迎えた第33節セレッソ大阪戦では、幾度か訪れたフリーキックのチャンスでゴールを決められず、引き分けに終わったことを悔やみ、試合後のロッカールームで涙を流していた[10]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 1996年 - 1998年 ブラジルの旗 ECバイーア
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1998 バイーア セリエB
1999
2000 セリエA
2001 クルゼイロ
2002
ロシア リーグ戦 ロシア杯 オープン杯 期間通算
2003 ロコモティフ プレミア
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2003 コリンチャンス セリエA
ロシア リーグ戦 ロシア杯 オープン杯 期間通算
2004 ロコモティフ プレミア
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2005 インテルナシオナル 23 セリエA 37 10 - - 37 10
2006 9 2 - - 9 2
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2006-07 ベティス 17 プリメーラ 10 0 0 0 - 10 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2007 サンパウロ 7 セリエA 34 4 - - 34 4
2008 36 2 - - 36 2
2009 34 7 - - 34 7
2010 21 0 - - 21 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2011 15 J1 31 11 2 0 3 1 36 12
2012 33 7 3 1 5 0 41 8
2013 27 2 5 2 0 0 32 4
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2014 ボタフォゴ 10 セリエA
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2014 鹿島 7 J1 - -
通算 ブラジル セリエA
ロシア プレミア
スペイン プリメーラ 10 0 0 0 - 10 0
日本 J1 91 20 10 3 8 1 109 24
総通算

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2011 15 - 4 0
2012 7 0 -
2013 10 2 -
通算 AFC 17 2 4 0
出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ブラジルの旗 ECバイーア
ブラジルの旗 クルゼイロEC
ブラジルの旗 コリンチャンス
ロシアの旗 FCロコモティフ・モスクワ
ブラジルの旗 SCインテルナシオナル
ブラジルの旗 サンパウロFC
日本の旗 柏レイソル

個人[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]