学校法人桐蔭学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

学校法人桐蔭学園(がっこうほうじんとういんがくえん)は、1964年昭和39年)に創立された学校法人で、幼稚園から大学・大学院を擁する巨大総合学園である。横浜市青葉区鉄(くろがね)町に広大な敷地のキャンパスを所有し、ドイツにも一時期ドイツ桐蔭学園を開校していた。また、関連法人として横浜総合病院(総合病院)も有している。

概要[編集]

1964年昭和39年)に、公教育ではできない、私立ならではの教育を目指して設立、同時に高校を開校する。設立当初から能力(学力)別クラス編成により、能力別の授業を行っている。

1965年工業高等専門学校(男子校)を開校(1991年閉校)、1966年に中学校、翌年1967年に小学部、1969年には幼稚部(2年保育)を設立する。

1971年(昭和46年)に桐蔭学園高等学校硬式野球部が第53回全国高等学校野球選手権大会において甲子園初出場・初優勝の快挙を遂げ、全国的にその名が知られることになる。

1981年には女子部設立、1987年には大学を設置する。1992年にはドイツ桐蔭学園を開校する(2012年閉校)。

1998年、メモリアルホール竣工(現・桐蔭シンフォニーホール)。1,700席以上を誇るこの芸術ホールでは、音楽、演劇、映画、講演などが催され、学園内の生徒たちが様々な芸術・文化にじかに接することができる、学校としては他に類を見ない施設である。

2001年(平成13年)4月、難関大学の受験に特化するために、学校教育法1998年の改定(「中等教育学校」の設置)を利用し、超マンモス校である桐蔭学園中学・高等学校から、男子4クラス約180人を中高一貫校の「桐蔭学園中等教育学校」とし分離・設置した。しかし同じ校舎内に存在し、中等6年時には高等学校・女子部との合同の授業も行われ、また校舎の設備・グランドなども共用、制服も同一、同一法人が経営しており事実上の同一校である。

2004年法科大学院を設立。

中学校および高等学校は男女別学制、中等教育学校は男子校、幼稚部・小学部・大学・法科大学院は男女共学制を敷いている。

学園創立者・初代理事長は、三菱化成工業(現三菱化学)社長、茗渓会会長、茗渓学園理事長、科学技術学園理事長なども務めた柴田周吉。柴田周吉理事長のもとで桐蔭学園の理事会の監事をしていた長男・柴田矩雄が1977年3月に死去し、後任監事として次男の柴田紘次が就任したが、1982年10月2日に柴田周吉理事長が亡くなった後、鵜川昇が学園創立以来の理事を一掃し、理事長と校長の両ポストに就いて学園長と称するようになり権力の集中を図った。また鵜川は後に、柴田と同様、茗渓会会長、茗渓学園理事長にも就任している。鵜川には、『一流校合格への父親学』など、いくつかの著書がある。2007年11月27日、多臓器不全のため横浜総合病院にて逝去。

2007年12月8日の理事会において、学園創立以来の教諭であり、1971年に硬式野球部が全国優勝したときの責任教諭であった榊原滋が第3代の理事長に就任、中学・高校・中等教育学校の校長も兼ねていたが、2012年4月より、校長を退任、理事長専任となる。

2012年6月より、弁護士の平岩敬一が理事長となる。

沿革[編集]

校章・学園歌[編集]

校章、学校名の由来[編集]

桐蔭学園の校章は、「五三の桐」である。桐には瑞鳥・鳳凰が宿るとされ、鳳凰が千里万里を天翔る前に、その力を養うのが桐樹の蔭である。 これは、歴代理事長の母校である、旧制東京高等師範学校東京教育大学を経た、現在の筑波大学)にちなんだ校章となっている。 創立者であり初代理事長である柴田周吉や、2代目理事長である鵜川昇は、茗渓会(現・筑波大学同窓会)の会長を務めた。

学園歌[編集]

鵜川昇が東京高等師範学校の先輩であり人間探求派の俳人として知られる加藤楸邨に作詞を依頼して作られた。学園内のそれぞれの学校の校歌は学園歌と称し、1970年に制定された。ちなみに校歌には学校名が入っていない。作曲は、鵜川昇教え子の荒川よう

交通[編集]

電車・バス

キャンパス[編集]

歴代理事長[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]