竜崎勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りゅうざき かつ
竜崎 勝
本名 高島 史旭
たかしま ふみあき
生年月日 1940年3月25日
没年月日 1984年12月18日(満44歳没)
出生地 日本の旗 日本高知県
死没地 日本の旗 日本東京都
職業 俳優
ジャンル  映画、テレビドラマ、紀行番組
活動期間 1961年 - 1984年
著名な家族 高島郷(長男)
高島彩(長女)
主な作品
映画
白昼の死角』 etc.
テレビドラマ
ワン・ツウ アタック!』 etc.

竜崎 勝りゅうざき かつ1940年3月25日 - 1984年12月18日)は、日本俳優。本名および旧芸名は高島 史旭たかしま ふみあき)。

長男は元俳優の高島郷、長女は元フジテレビアナウンサー及びフリーアナウンサー高島彩

略歴[編集]

東京都世田谷区出身(生まれは高知県高知市)。

大学4年在学中に、日活ニューフェイス(第5期)に合格。第5期の同期には、高橋英樹中尾彬がいる。

その後、劇団俳優座付属養成所を経て文学座に入団。俳優座養成所には1963年に第15期生として入所しており、同期は夏八木勲栗原小巻原田芳雄前田吟林隆三地井武男高橋長英秋野太作浜畑賢吉赤座美代子太地喜和子小野武彦村井国夫柴田侊彦溝口舜亮らがおり、後に「花の15期生」と呼ばれた。文学座では劇団員になれぬまま退団した[1]1969年NETテレビドラマ絢爛たる復讐』の主役に抜擢された[1]

俳優座(第15期)の同期で仲の良かった、夏八木勲、地井武男、小野武彦、村井国夫、高橋長英、前田吟、竜崎勝の7名で、俳優事務所「どりいみい7」を作ったことがある。

彫りの深い容貌とバリトンボイスの持ち主で、知的で温厚な二枚目から時代劇の凄腕剣客、さらには冷酷非情な悪役や白スーツのギャングなどの現実離れした役まで、様々な役柄を演じ、映画テレビドラマで活躍した。

1984年12月18日午前1時、肝硬変により国立東京第二病院(現・国立病院機構東京医療センター)で死去。享年44。この日は遺作となったTBS系ドラマ『転校少女Y』の放送日でもあり、番組の最後に追悼のテロップが出されている(この回では、竜崎が作中で演じた「筒井俊信」の逝去・葬儀の場面が放送された)。長女の彩は父の月命日の墓参を欠かさないという。

エピソード[編集]

フジテレビ系列のトーク番組ボクらの時代』(2008年11月9日放送)では、同期の地井武男小野武彦村井国夫が対談し竜崎の思い出を語っており、村井はフジテレビに入社した高島に会った際、涙が出たとコメントしている。また、2010年12月11日フジテレビONEで『フジアナスタジオ まる生・アヤパン卒業記念まるごと高島彩生出演4時間スペシャル!』が放送された際は、高島の実家に小野が訪れており、高島の母とともに番組を視聴、連名で番組宛にFAXでメッセージを送り、村井国夫も妻の音無美紀子と番組を観ており、こちらもFAXでメッセージを送っている。

主な出演[編集]

映画[編集]

高島史旭名義>

竜崎勝名義>

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 佐貫百合人『役者烈々 俳優座養成所の軌跡』、三一書房、1995年、228頁

関連項目[編集]