寺岡呼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寺岡 呼人
基本情報
出生 1968年2月7日(46歳)
出身地 日本の旗 日本 広島県福山市
学歴 帝京大学文学部卒業
ジャンル J-POP
職業 ミュージシャン
音楽プロデューサー
ベーシスト
担当楽器 ベース
活動期間 1988年 - 現在
レーベル トイズファクトリー
1988年 - )
共同作業者 JUN SKY WALKER(S)
ゆず
下記を参照
公式サイト 寺岡呼人公式ページ

寺岡 呼人(てらおか よひと、1968年2月7日 - )は、日本のミュージシャン音楽プロデューサーである。

人物[編集]

広島県福山市出身。広島県立松永高等学校を経て、帝京大学文学部卒業。

JUN SKY WALKER(S)ベーシストで、フォークデュオ『ゆず』や植村花菜などのプロデュースでも知られる。

略歴[編集]

1986年昭和61年)

  • RIP VAN WINKのギタリスト兼リーダーとして音楽活動しながら弟の先輩のバンドJUN SKY WALKER(S)のローディーや手伝いをし始める。

1988年昭和63年)

  • 2月 JUN SKY WALKER(S)の前ベーシスト伊藤毅の脱退に伴い後釜として寺岡に白羽の矢が立つ。寺岡はRIP VAN WINKを円満脱退しJUN SKY WALKER(S)のベーシストとして正式加入。作詞作曲も担当。

1991年平成3年)

  • JUN SKY WAKER(S)がオフの時に「寺岡呼人&ヒズフレンズ〜かわいい子には旅をさせろツアー〜」を行う。このツアーに藤井謙二(THE BARRET在籍時)、デビュー前の桜井和寿川西幸一伊藤ツヨシらが参加。また、奥田民生とライブユニット「寺田」を組み演奏している。

1993年平成5年)

  • 9月 JUN SKY WALKER(S)を脱退。11月シングル「revolution」でソロデビュー。

1997年平成9年)

  • ゆずのプロデュースを始める。

1999年平成11年)

  • 12月 ゆずと結成したユニット「The Little Monsters Family」としてシングル「星がきれい」をリリース、オリコンシングルチャート6位を記録。

2001年平成13年)

2002年平成14年)

  • 寺岡呼人&Golden Circle of Friends名義での音源リリース

2007年平成19年)

  • 松任谷由実、ゆずと組んだGolden Circleの「ミュージック」でオリコンシングルチャート1位を獲得。寺岡にとってオリコンシングル1位はJUN SKY WAKER(S)時代の「白いクリスマス」以来。また、9月にはJUN SKY WALKER(S)を5月に行われた渋谷La.mamaでのライブを経て、10年ぶりに再結成した。

2011年平成23年)

2012年平成24年)

  • 10月~ Inter FMで「TERAOKA MUSIC」放送開始[2]

2013年平成25年)

  • 7月~ FM COCOLOで「CIRCLE OF MUSIC」放送開始[3]

その他[編集]

  • 他のミュージシャンとコラボレートするライブイベント"Golden Circle" を立ち上げ、奥田民生とライブユニット「寺田」を組み、CD(限定版)を通販で発売もしたことがある。奥田民生と堂珍嘉邦でユニット「寺田堂」をライブで組んだこともある。
  • 他アーティストと共作をすることがあり、Mr.Children桜井和寿と「星になれたら」(Mr.Childrenの2ndアルバム「Kind of Love」に収録)と「妄想満月」(Mr.Childrenのシングル「Sign」C/W)と「12月のメリーゴーランド」(寺岡呼人ソロシングル)を、プロデュースしているゆずと組んだユニット「The Little Monsters Family」のシングル「星がきれい」を岩沢厚治と共作している。
  • ソロ作品制作にはこれまでに、松任谷正隆(共同プロデュース)、藤井謙二(MY LITTLE LOVER)、中山加奈子奥居香布袋寅泰かまやつひろし、桜井和寿(Mr.Children)らが参加した。
  • 自身が結成した寺岡呼人&Golden Circle of Friendsとしても活動し(バンドメンバーは流動的)、初期は同郷の藤井謙二(ex.MY LITTLE LOVER)と活動した。現在も自身が主催するライブイベント「Golden Circle」を行っており、これまでにスペシャルゲストとして、仲井戸麗市ムッシュかまやつ木村充揮矢野顕子宮田和弥忌野清志郎遠藤ミチロウなぎら健壱泉谷しげる小田和正らを迎えている。旧友である宮田和弥や森純太、桜井和寿、奥田民生、ゆずも出演している。また自身がプロデュースしていた藤木直人スナッパーズP.I.MONSTERなども出演している。
  • その他、寺岡呼人マンスリーライブ「呼人の部屋」や、不定期ながら一人弾語り全国ツアー「徒然道草」も行っている。
  • プライベートスタジオ「STUDIO CRYBABY」を所有しており、自身のソロアルバムやゆずの「すみれ」 、寺田「寺田ワンマイク・セッションズ」等をレコーディングしている。
  • NHK衛星第2テレビの「ウエンズデー J-POP」にも出演していた。
  • 大学時代には、幕末歴史サークルに籍を置いていた。

私生活[編集]

浜田省吾のファンで、よくコンサートにも顔を出している。

人生で初めて見たコンサートはさだまさし[4]

ディスコグラフィ[編集]

斜体文字は「寺岡呼人 & Golden Circle of Friends」( - ゴールデンサークル オブ フレンズ)名義作品。

シングル[編集]

  1. revolution
  2. 潮騒
  3. 君を見つめてた 月が照らしてた
  4. 12月のメリーゴーランド
  5. これが僕の愉快なヒューマンライフ
  6. 真夏の虹
  7. 陽のあたる場所
  8. 胸いっぱいの愛を
  9. ブランニュージェネレーション
  10. 悲しいほど青く美しいこの世界で
  11. 潮騒e.p
  12. グロリア
  13. Beautiful days
  14. アイラブユー
  15. 競争るためだけに生まれてきたわけじゃねぇ
  16. Smile

アルバム[編集]

  1. RHAPSODY
  2. waiting for the sun
  3. GOLDEN CIRCLE
  4. LOVE/LIFE(ベスト・アルバム)
  5. 呼人
  6. COSMOS
  7. CRY BABY(ミニ・アルバム)
  8. KINDER BOOK(ミニ・アルバム)
  9. the great escape
  10. BUTTERFLY
  11. LIVES
  12. 独立猿人
  13. MASTER PIECE(2枚組ベスト・アルバム)
  14. Baton

参加作品[編集]

  1. 星がきれい - The Little Monsters Family
  2. OVER THE FUTURE! - Golden Circle of Friends
  3. キヨシローに憧れて - Golden Circle of Friends feat.斉藤和義,北川悠仁,岩沢厚冶
  4. LIVE no media 2002
  5. ミュージック - Golden Circle feat. 寺岡呼人・松任谷由実・ゆず
  6. Golden Circle - Golden Circle of Friends

プロデュース・楽曲提供[編集]

出版物[編集]

  • 待ち遠しかった待ち合わせ―寺岡呼人対談集

注釈[編集]

  1. ^ 寺岡自身が撮影した辞令の写真。(2011年4月23日撮影。)
  2. ^ TERAOKA MUSIC - Inter FM(火曜・22時0分~23時0分)
  3. ^ CIRCLE OF MUSIC - FM COCOLO(日曜・18時0分~19時0分)
  4. ^ 33年ぶりのさだまさしさん”. 寺岡呼人オフィシャルブログ「LONG GOOD-BYE」. 2014年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]