遠藤ミチロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遠藤 ミチロウ
基本情報
出生名 遠藤 道郎
別名 ミチロウ
出生 1950年11月15日(64歳)
出身地 日本の旗 日本 福島県二本松市
血液型 O型
学歴 山形大学卒業
ジャンル パンク・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1972年 -
レーベル 北極バクテリア
公式サイト 遠藤ミチロウ公式ホームページ
イギー・ポップ
セックス・ピストルズ
ジャックス
早川義夫
ドアーズ

遠藤ミチロウ(えんどう みちろう、1950年11月15日 - )は、日本ロックミュージシャン。本名、遠藤道郎

福島県二本松市出身。1980~90年代に活動していたパンク・ロックバンドザ・スターリンの結成者でありヴォーカリスト。スターリン解散以降はソロ、アコースティックバンドで活動し、還暦を越えた現在も精力的にライブ活動を行っている。

略歴[編集]

1950年
  • 11月15日 - 福島県二本松市に生まれる。少年時代を福島県で過ごし、福島県立福島高等学校卒業後、山形大学人文学部へ進学。「東北地方のさらに奥である『北』へ行ってみたかった」というのが山形県へと向かった理由の1つであるらしい。高校2年までは全く勉強が出来ず,3年時に猛勉強して合格した。大学時代はイベンターとしてフォークシンガーのライブを企画したり、山形市の花小路という飲食店街でロック喫茶『ジェスロタル』を経営したりしていた。また旅行も好きだった模様で、ヒッチハイクで山形から九州まで行ったという逸話もある。
1972年
1980年
  • 6月6日 - ドラムの乾純を固定メンバーとしてその後【バラシ】、【自閉体】を経てザ・スターリンを結成。演劇的とも呼べる派手なライブ活動で社会的なムーブメントを起こす。映像作家である石井聰亙とも交流があり、映画『爆裂都市 BURST CITY』にも【マッドスターリン】という役名でバンドとして出演している。映画の中で遠藤は臓物・豚の頭を客席に投げ込むなどのパフォーマンスを行い、当時のザ・スターリンの過激なステージングが疑似体験できる。また石井聰亙ザ・スターリンPV、ラストライブビデオの監督も務めた。
1982年
  • 7月1日 - 徳間音工(現在の徳間ジャパン)からシングル『ロマンチスト』、アルバム『STOP JAP』でメジャーデビュー。オリコン50位内に食い込み、バンドのスキャンダラス性と共に話題になる。
1983年
1984年
1985年
  • 2月 - ザ・スターリン解散。その後、ソロプロジェクトを始動。【Michiro,Get the Help!】というユニット名でG.N.P(グロテスク・ニュー・ポップ)をテーマに三部作を発表。
1986年
  • 5月21日 - THE ROOSTERZのギタリスト下山淳と共に【ゲイノーブラザーズ】を結成し、アルバム『破産』を発表する。
1987年
  • 【パラノイア・スター】や【ビデオ・スターリン】を結成し、並行して活動を行う。
  • 7月5日 - 【パラノイア・スター】として制作したアルバム『TERMINAL』を発表する。
1989年
1990年
1993年
  • 【スターリン】解散。以後アコースティック・ソロの形態でソロ活動に入る。『お百度参りツアー』など、全国のライブハウスを転転とギター1本で廻るツアー活動も開始。バンドとはまた違った、自由でユニークなソロ活動を展開。ここで演奏を行った全国のライブハウスやバーを、書籍として「音泉Map 150」で紹介している。
1994年
1995年
  • 8月15日 - 戦後五十周年のこの年には今井寿らをゲストにザ・スターリンを復活させ(名義は【THE STALIN15】)、ON AIR EASTにて一夜限りのライブを行う。ザ・スターリンはその後、1996年元スターリンのベーシストである杉山晋太郎追悼ライブにて、2001年スターリンのトリビュートアルバム発売記念ライブにて復活している。
2001年
  • 正月に奄美大島へ向かう飛行機内で当時BLANKEY JET CITYのドラマーであり、元ザ・スターリンのドラマーでもあった中村達也と邂逅し、奄美大島のライブでアンコールにてセッションを行う。これを機にそれまでソロとして活動を続けていた遠藤であったが、中村達也とのユニット【TOUCH-ME】を結成し、以降の複数のアコースティックバンド結成へとつながっていく。
2002年
  • 石塚俊明とのユニット【NOTALIN'S】の活動がスタート。
2003年
  • 上記のユニットにチェロの坂本弘道を迎えて、トリオバンドとして活動。
2004年
2005年
  • 東口トルエンズ、MOSTの山本久土が参加し、より音に厚みを持った<アコースティックスターリン>とも呼ばれる新たなサウンドを提示した。宮藤官九郎主催のイベント『グループ魂』への出演や、フジ・ロック・フェスティバルでの演奏も行う。映画『アイデン&ティティ』にも冒頭のインタビューシーンで登場。
2005年
  • 自身の55歳になる11月15日の誕生日を最終日とした五日間連続ライブを敢行。その模様はDVD『Just Like a Boy』に収められている。
2008年
  • ハードコアバンドGAUZEのドラム・HIKOとのユニット【道HIKO】結成、【COMMENT ALLEZ-VOUS?】一夜限りの復活ライブを行う。
2011年

人物[編集]

  • ザ・スターリン時代、ライブなどで過激で暴力的、破滅的なパフォーマンスを繰り返していたが、実際の遠藤は朴訥な東北訛りで気さくにしゃべる、知的で温厚な人物である。
  • スターリン時代のポップなパンク・ロックとハードコアの要素を交えた音楽性、暴力的かつセンセーショナルなパフォーマンスはザ・ジャームズの影響を受けていると思われるが、本人は公式に否定しており、スターリンの音楽性の構築は初期のギタリストである金子あつしに負うところが多かったと述懐している。[1]
  • スターリン時代に映画「爆裂都市」に陣内孝則率いる「バトルロッカーズ」のライバルバンド「マッドスターリン」のボーカル役として出演し、拡声器でのアジテーションや放尿、豚の生首を客席に投入する等のバンドのギグと同じように過激なパフォーマンスを繰り広げた。しかし、本人はこの時の自分の演技力の無さに愕然として、役者は二度とやらないようにしようと決めたという。
  • ザ・スターリン時代、同時期に活動していた忌野清志郎とメイクが似ていると言う事でよく間違われることを嫌がっていた。
  • 明石家さんまに似ていると評判になり、本人と対談したり、ライブに花を贈った事もあった。
  • 坂本龍一とは犬猿の仲で、お互い名指しで批判し合っている。その理由は、ラジオ番組でゲスト出演したデヴィッド・ボウイに対してザ・スターリンを中傷する発言をしたことや、対談で村上龍に対して「なぜ吉本隆明は遠藤を評価するのか」などと発言したことによる[2]。しかし、2011年8月15日に開催された「8.15世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!」において共演を果たしている。
  • 大槻ケンヂの著作の中で、2人で遠藤賢司のライブにゲスト出演した際に舞台裏で「大槻君、舞台に出たら、俺・遠藤、俺・ケンヂって言おうよ、これがホントの遠藤ケンジ」と嬉しそうに言われたという、駄洒落好きな面もある。
  • 思想家の吉本隆明、元パンクロッカーで現在は小説家の町田康、コピーライターの糸井重里グループ魂宮藤官九郎らと交流がある。吉本隆明には強い影響を受けており、彼を非常に尊敬している。アコースティック・ギターを抱えて吉本宅を訪れ、対談はおろか、生演奏を行ったこともある(吉本は目を細めて聞き入った)。
  • ラーメンが大好物で、(インスタントは含まない)1日には必ず1杯ラーメンを食べることを心がけている。ツアーなどで各地を回る時は、必ず現地で有名なラーメンを食べてからライブに行く。そのためコンサート前後のブログやtwitterには必ずと言ってもいいほどラーメンの事も併記される。

トリビア[編集]

  • グループ魂のメンバー港カヲルの母に、打ち上げで「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」を生演奏してあげたら、カヲルの母がうつになってしまったという事があった。
  • タレントの千秋もスターリンのファンで、雑誌で遠藤の特集が組まれた際に、「結婚して私も遠藤になりました」というメッセージを送っていた(千秋はお笑いコンビココリコ」の遠藤と結婚していたが、現在は離婚している)。

作品[編集]

シングル[編集]

  • 仰げば尊し(1984年、B.Q.RECORDS)
  • 仰げば尊し(1985年、東芝EMI)
  • オデッセイ・1985・SEX(1985年)
  • LUCKY BOY(1987年)

アルバム[編集]

  • ベトナム伝説(1984年)
  • THE END(1985年)
  • オデッセイ・1985・SEX3連作 ※Michiro,Get the Help!名義
    • オデッセイ・1985・SEX(1985年)
    • アメユジュトテチテケンジャ(1985年)
    • GET THE HELP!(1985年)
  • 破産(1986年)
  • TERMINAL(1987年)
  • 死目祟目(1993年)
  • 空は銀鼠(1994年)
  • 50 (HALF)(1995年)
  • 愛するためにはウソがいる(1995年)※コマンタレブ名義
  • 愛と死をみつめて(1996年)※コマンタレブ名義
  • 道郎(1997年)
  • OFF(2000年)
  • AIPA(2000年)
  • NOTALIN'S(2004年)※NOTALIN'S名義
  • I,My,Me/AMAMI(2005年)
  • unplugged punk(2006年)※M.J.Q名義
  • 飢餓々々帰郷(2007年)
  • 天罰なんかクソ喰らえっ!!!(2011年)※M.J.Q名義

トリビュート・アルバム[編集]

ビデオ[編集]

  • Hysteric To Eden(1986年)
  • GREENED(1997年)
  • Just Like a Boy(2006年)

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

書籍[編集]

  • 嫌ダッと言っても愛してやるさ!(1982年、KKダイナミックセラーズ)
  • バターになりたい(1984年、ロッキングオンISBN 4947599103
  • ビデオスターリンのチャンネル大戦争(1987年、JICC出版社ISBN 488063333X
  • 真っ赤な死臭(1994年、思潮社ISBN 4783705127
  • お母さんいい加減あなたの顔は忘れてしまいました(2001年、ソフトマジックISBN 4921181217
  • 嫌ダッと言っても愛してやるさ! 2003リミックス版(2003年、マガジン・ファイブ)ISBN 4434030418
  • お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました。 2007年完全版(2007年、マガジン・ファイブ)ISBN 4921181217
  • 嫌ダッと言っても愛してやるさ! リミックス新装版(2007年、マガジン・ファイブ)ISBN 4434107828
  • クロニクルFUKUSHIMA(2011年、青土社)ISBN 479176627X
    大友良英、坂本龍一等との共著。

写真集[編集]

  • 吐き気がするほどロマンチックだぜ(2003年、マガジン・ファイヴ)ISBN 4434033964
  • 我自由丸(2003年、マガジン・ファイヴ)ISBN 4434035096

関連人物[編集]

脚注・参照[編集]

  1. ^ http://natalie.mu/music/pp/stalin/page/2
  2. ^ 『ザ・スターリン伝説』 マガジン・ファイブ、2004年、157頁。ISBN 4434047906

外部リンク[編集]