ドリーミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ドリーミュージック
DREAMUSIC Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前三丁目35番19号
バティマン・イケダ4階
設立 2001年8月
業種 情報・通信業
事業内容 音楽・映像ソフト制作、販売
代表者 代表取締役会長:依田巽
代表取締役社長兼CEO:高久光雄
資本金 310,210,000円
従業員数 33名(2009年9月現在)
主要株主 ティー ワイ リミテッド
タイトー
タカラトミー
ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)
主要子会社 株式会社FOGHORN
関係する人物 新田和長武市智行(創業者)
外部リンク http://www.dreamusic.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ドリーミュージック: DREAMUSIC Inc.)は、2001年平成13年)8月に発足した新興レコード会社である。日本レコード協会正会員。

2005年(平成17年)10月に新CIを導入し、「ドリーミュージック・」のように社名の後にが付いた。なお、・は当社のレーベルの証を現す。

概要[編集]

新田和長武市智行らがみずほキャピタル日本アジアホールディングス日本コロムビアみずほコーポレート銀行などらの有力企業とともに出資し、設立した。

以前はファンハウス(当時)の創立者でもあった音楽プロデューサーの新田がBMGファンハウス(現:ソニー・ミュージックレーベルズアリオラジャパンレーベル)から独立。同社の社長を務め、後に会長職に就き元スクウェア出身の武市が務めた。2005年4月に元エイベックス会長の依田巽が会長を務め、同会長が代表取締役を務めるティー ワイ リミテッドの筆頭株主となり、新田は取締役社長代行を経て、現在は一取締役エグゼクティブプロデューサーになっている。現在の代表取締役社長兼CEOは高久光雄

北野武監督の『座頭市』など、映画のサウンドトラック盤も発売している。また、所属アーティストの楽曲によっては日本テレビ系の番組のテーマソングに起用される事も多い。

CD・DVD等の音楽ソフトの製造販売を企業発足当初はソニー・ミュージックエンタテインメントに委託していたが、2003年7月からコロムビアミュージックエンタテインメント(現:日本コロムビア)に委託先を変更、さらに2007年4月からはキングレコードに委託先を変更したのち、2010年4月よりソニー・ミュージックディストリビューション(現:ソニー・ミュージックマーケティング)に販売・流通を委託している。

なお新田和長は2012年8月31日付で、同社、ならびにドリーミュージックパブリッシング、ドリーミュージックアーティストマネージメント3社の取締役を辞任し、退社した。

2013年4月には、子会社ドリーミュージックパブリッシングがティー ワイ エンタテインメントの音楽レーベル事業を譲渡した。

主なアーティスト[編集]

メインレーベル[編集]

FOGHORN[編集]

FEEL MEE[編集]

関連会社『ドリーミュージックパブリッシング』のレーベル。『ティー ワイ エンタテインメント』から音楽事業を移管。

過去に所属した主なアーティスト[編集]

Teenage Symphony レーベル[編集]

2002年~2009年8月まで存在したレーベル。一時期は関西のインディーズレーベル「ギューンカセット」などと提携した。

FOGHORN[編集]

いずれも契約期間満了。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]