福盛和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福盛 和男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県北諸県郡高崎町(現:都城市
生年月日 1976年8月4日(37歳)
身長
体重
182 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト3位
初出場 NPB / 1995年10月3日
MLB / 2008年3月31日
最終出場 NPB / 2010年3月27日
MLB / 2008年4月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

福盛 和男(ふくもり かずお、1976年8月4日 - )は、宮崎県北諸県郡高崎町(現:都城市)出身の元プロ野球選手投手)。

妻は元フジテレビアナウンサー福元英恵

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

都城高等学校時代は甲子園に縁がなく、3年間すべて県大会決勝で敗退した。なお、3年生の時の対戦相手は延岡学園高校で、その時の主軸打者だったのが楽天でチームメイトとなった草野大輔である。

1994年のドラフト横浜ベイスターズから3位指名を受けて入団。同期には多村仁(現:横浜DeNAベイスターズ)、相川亮二(現:東京ヤクルトスワローズ)がいる。

横浜時代[編集]

1997年7月3日中日ドラゴンズ戦で初勝利。1998年は怪我によりシーズンの大半を棒に振ったが、優勝間近に迫った9月に復帰、登板が僅か3試合ながらも大事な時期の先発ローテーションの谷間を埋めた。1999年は先発として活躍、規定投球回数こそ満たさなかったものの自己最多の9勝を挙げた。2001年には登録名を「和男」から「福盛 一夫」へ変更。2003年に登録名を「和男」へ戻した。オフには門倉健宇高伸次との交換トレードで矢野英司と共に大阪近鉄バファローズへ移籍。

近鉄時代[編集]

2004年1月、フジテレビアナウンサー(当時)の福元英恵と結婚(2005年6月には長男が誕生している)。シーズン途中から抑え投手に指名されるが、不安定で完全には定着出来なかった。

その後、近鉄球団合併による選手分配ドラフトで新規参入の東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。

楽天時代[編集]

2005年、抑え投手を担当。同年4月13日福岡ソフトバンクホークス戦で球団史上初の公式戦セーブ記録。

2006年、不調の小山伸一郎に代わってシーズン途中から抑え投手を担当。前半は好調で26回無失点を記録し、オールスターに初出場。しかしシーズン後半に調子を落とし、セーブ失敗が続いたことから中継ぎに降格。徐々に調子は上向き、9月22日の西武戦にて8、9回を無失点に抑え1-0で勝利し、久しぶりにセーブを挙げた。その後2試合連続でセーブを成功させ復活。最終的に防御率2.17、21セーブと自身最高の成績を挙げた。同年オフ、シーズン中に扁桃腺炎に悩まされたことから扁桃腺除去手術を行った。

2007年、抑え投手として4・5月期のチームの好調を支えたが、6月に入り不安定な投球が続き交流戦ではリリーフ失敗が相次いだ。その後、遊離軟骨の除去手術とリハビリのため後半戦開始まもなくチームを離脱。この年「ベストファーザーin東北 スポーツ部門」受賞。

海外移籍も視野に入れ、アラン・ニーロを代理人として11月7日にFA権を行使。12月13日、テキサス・レンジャーズと2年300万ドルの契約に合意、翌日本拠地レンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンで入団会見が行われた。彼が楽天から初の大リーグ移籍となった。

レンジャーズ時代[編集]

2008年、3月31日のシアトル・マリナーズ戦で大リーグデビューを果たし、1/3回2安打2四球3失点。4月13日にマイナーへ降格。再び大リーグに昇格するものの1試合登板して再びマイナーへ降格。5月11日に大リーグ契約を解除された。マイナーでも1勝6敗2セーブ、防御率5.48に終わり、10月に椎間板ヘルニアの手術を受ける。

2009年、故障者リスト入りしたまま、マイナーでキャンプを迎える。 同年6月、福盛自身が日本でのプレーを希望して、レンジャーズ側も了承し解雇された。大リーグ通算4試合0勝0敗、防御率20.25。

楽天復帰[編集]

6月19日、入団テストに合格し、2年ぶりに楽天へ復帰した[1]。楽天球団の慰留を断ってメジャーリーグに挑戦したことから、野村克也監督は福盛の獲得には消極的だったが、福盛が野村監督の宿泊するホテルに出向いて入団を直談判した。6月後半からの戦列復帰であったが、抑え投手として7勝1敗10セーブ・防御率2.18の成績を挙げ、チームの2位躍進に貢献した。特にレギュラーシーズンではセーブ失敗はわずか1度(その試合も最後まで投げて勝利投手になった)で、7勝のうち6勝は同点またはビハインドの場面で登板して味方が勝ち越したために勝利投手になったものであった(唯一の敗戦は同点時での登板)。しかし、10月21日のクライマックスシリーズ第2ステージ、北海道日本ハムファイターズとの初戦、楽天が4点リードした9回裏に登板すると、ターメル・スレッジの逆転サヨナラ満塁ホームランも含めて1/3回5失点と打ち込まれ敗戦投手となった。なお、2010年から背番号は「62」から「11」に変更した。

2010年、開幕時は不調で2戦連続で救援に失敗し、3月28日に右ひじ違和感のため登録抹消となった[2]。5月に右ひじの手術を受けたが経過が思わしくなく、9月には球団から引退が発表された[3]。引退後はプロ野球の世界から身を引き、都内で会社を経営する叔父のもとで経営者の道を歩むという[4]

引退後[編集]

叔父の経営する携帯電話の販売・修理会社で、取締役を務めている[5]2011年にはマスターズ甲子園2011に都城高校OBチームで出場した。県予選決勝では本塁打を放つ活躍もみせた[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 横浜 2 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 23 5.0 5 0 3 0 0 4 0 0 0 0 0.00 1.60
1996 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 1.0 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 2.00
1997 25 10 0 0 0 4 4 0 -- .500 296 71.1 58 7 28 0 4 42 2 1 26 23 2.90 1.21
1998 3 3 0 0 0 1 2 0 -- .333 82 18.2 20 1 6 0 1 13 3 0 8 6 2.89 1.39
1999 30 19 1 0 1 9 9 0 -- .500 576 132.2 151 15 45 2 3 96 8 0 65 63 4.27 1.48
2000 40 8 0 0 0 6 6 10 -- .500 380 88.0 92 7 27 1 2 49 9 1 40 35 3.58 1.35
2001 5 5 0 0 0 1 2 0 -- .333 120 31.0 20 5 10 0 0 23 0 0 12 12 3.48 0.97
2002 33 2 0 0 0 2 3 2 -- .400 211 48.2 45 2 15 1 3 47 1 0 21 16 2.96 1.23
2003 62 0 0 0 0 1 3 1 -- .250 255 60.0 55 6 17 2 4 34 3 0 32 30 4.50 1.20
2004 近鉄 43 0 0 0 0 2 5 10 -- .286 218 48.2 53 5 24 4 3 27 0 0 29 28 5.18 1.58
2005 楽天 49 0 0 0 0 4 3 11 3 .571 286 63.0 75 5 24 7 2 36 4 0 26 25 3.57 1.57
2006 50 0 0 0 0 0 3 21 10 .000 253 58.0 50 2 27 4 3 55 7 0 18 14 2.17 1.33
2007 34 0 0 0 0 4 2 17 0 .667 167 36.0 44 1 17 2 2 33 1 0 20 19 4.75 1.69
2008 TEX 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 4.0 11 2 4 1 0 1 2 0 9 9 20.25 3.75
2009 楽天 35 0 0 0 0 7 1 10 4 .875 187 45.1 42 2 13 2 1 34 3 0 11 11 2.18 1.21
2010 2 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 10 1.0 6 1 1 0 0 1 0 0 5 5 45.00 4.00
NPB:15年 414 48 1 0 1 41 45 82 17 .477 3068 708.1 718 59 257 25 28 495 41 2 313 287 3.65 1.38
MLB:1年 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 4.0 11 2 4 1 0 1 2 0 9 9 20.25 3.75

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 34 (1995年 - 2000年)
  • 37 (2001年 - 2002年)
  • 24 (2003年)
  • 15 (2004年 - 2007年)
  • 14 (2008年)
  • 62 (2009年)
  • 11 (2010年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 福盛和男選手との契約合意について、東北楽天ゴールデンイーグルス、2009年06月19日。
  2. ^ 福盛を登録抹消 楽天、47NEWS、河北新報、2010年03月29日。
  3. ^ 福盛引退を発表=プロ野球・楽天、時事ドットコム、2010年09月24日。
  4. ^ 楽天 引退右腕の新たな夢 叔父の会社「一部上場させたい」、スポニチ、2010年12月15日。
  5. ^ 特別読み物 サラリーマンにもなれない!? はじめての「就活」元プロスポーツ選手 現実は厳しい
  6. ^ マスターズ甲子園2011ガイドブック

関連項目[編集]

外部リンク[編集]