野猿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野猿
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1998年 - 2001年
レーベル avex trax
共同作業者 秋元康(作詞)
後藤次利(作曲)
石橋貴明(プロデュース)
メンバー
石橋貴明
木梨憲武
平山晃哉
神波憲人
成井一浩
飯塚生臣
大原隆
網野高久
星野教昭
半田一道
高久誠司
旧メンバー
神原孝1998年 - 1998年5月21日
太田一矢1998年 - 1998年8月13日

野猿(やえん)は、フジテレビの『とんねるずのみなさんのおかげでした』から生まれた音楽ユニット。1998年4月29日デビュー、2001年5月13日に解散。とんねるずとその番組のスタッフから構成されていたため、解散のことを「撤収」と呼んだ。撤収理由は、本業の人事異動などによる。

来歴・人物[編集]

結成・デビュー[編集]

1997年、『とんねるずのみなさんのおかげでした』内で、TBSうたばん』のパロディとして「ほんとのうたばん」という音楽コーナーをやっていた。その中で、KinKi Kidsモノマネをするとんねるずの後ろで踊っていた番組スタッフを「ジャニーズシニア(?)」と名づけたことがきっかけ。これが好評となり、石橋がメンバーを「野猿」と命名。avex traxからCDデビューしたらカッコいいと盛り上がり、番組内でMAX松浦に電話で直接交渉。すると「もうそのつもりでいました」と返答、デビューが決定した。

その後、メンバーの中からボーカルを決めようとオーディションを行うが(当時の予定では平山、神波、成井、飯塚)いまいちインパクトに欠けるということになり、秋元康が追加メンバーとしてとんねるずの2人を加えることを提案したことにより、石橋・木梨が加わり、男性メンバー13人でのデビューとなった。デビューシングル『Get down』がオリコンチャート初登場10位の大ヒットとなり、基本メンバーとなってからの2ndシングル『叫び』で自身で最高位の初登場2位を記録した。

1999年と2000年にメンバーの人気投票を行い、人気のないメンバーは脱落していった。当初の予定では次々に脱退させていき、最後は2人になると発表されたが、結果的に太田以降は正式脱退するメンバーは出なかった。人気投票では主に半田、高久、網野による最下位争いであった。

2000年には、妹分の『女猿』という女性アイドルグループもオーディションの末に結成された。当初、女猿は当番組の女性スタッフのことを指しており、番組内「ほんとのうたばん」コーナーでモーニング娘。などのパロディ(スタッフの漢字書き間違いから「モーニング嫌。」と呼ばれていた)を行っていたが、後に全く別の形となってスタートすることとなった。オーディションから選ばれた『女猿』からは、小林紗貴が野猿のボーカルチーム(とんねるずの2人と平山・神波の計4人)をフィーチャーしたユニットyaen front 4men feat.sakiのボーカルに抜擢、また島田麻依子もソロとしてシングル「stardust」をリリースした。

基本的にとんねるず以外のメンバーの野猿活動はノンギャラ(無給)であり、とんねるずがメンバーを焼肉につれていくことが、見返りであった。

撤収[編集]

これ以降もトップ10圏内を維持し続け、売上も20~40万枚の高水準であった。また、当時はその人気にあやかりゲストを呼ばずに「モジモジくん」やコント、スペシャル企画「アメリカちょっとだけ横切りウルトラクイズ」などにも出演して根本から番組を支えていた。しかし2000年頃から徐々に人気に陰りが見えだし、2001年に本業に専念するほか人事異動のためもあり「とんねるずのみなさんのおかげでした」内で撤収(解散)が発表され、同年5月に撤収となった。

撤収後、ボーカルチームの平山・神波がWill callを結成し番組内の企画の応援歌をリリースした。さらに、その流れで(野猿活動中からではあるが)石橋を中心とした3人組「関東裸会」が結成され、シングルを2枚リリースした後解散した。

撤収後[編集]

活動中はオリコンCDランキングにて一度も1位を獲得することはなかったが、撤収後の2001年7月に発売されたビデオ・DVD「完全撤収 四時間伝説」で初めてオリコンビデオランキング初登場1位を獲得した。現在でも『おかげでした』スタッフに数人のメンバーが残っており、大原、飯塚、網野、半田らが時折、スタッフたちの中に混ざって姿を見せていることがある。

撤収してからメンバーが集まることはなかったが、2009年4月9日の21周年スペシャルで解散後初めて再招集され、「Be cool!」を披露した。ただメンバーは歌うことを全く知らされていなかったため、終始グダグダな状態だった。

2011年3月9日には、撤収から10周年を記念して携帯サイト「レコチョク」にて全50曲の着うた&着うたフルの配信が開始され、平山と神波からコメントが寄せられた[1]

事件[編集]

叫び事件

PVの撮影で訪れたアメリカで、舞い上がっていたタカクがまったくダンスを覚えていなかったため、石橋が激怒し脱退を言いつけた事件。最終的にはタカクの男泣きで難を逃れる。実はとんねるずの2人以外には内緒の「ドッキリ」仕掛けであった。

坊主事件

2ndシングル「叫び」の手売り販売会などのプロモーション期間中は禁酒が言い渡されていたのにも関わらず、ゴテが飲酒して「ロンリー・チャップリン」を熱唱していたことが発覚。坊主にしなければ解散と言い渡されるも、ゴネたため一気に解散の危機に。最終的にシュウなどのほかのメンバーが連帯責任で坊主にされている姿を見て、自分も坊主にした(なぜか木梨まで坊主になった)。

紅白事件

1999年の紅白初出場の際、ダンサーの大原が急性胃腸炎で40度の熱を出してダウン。紅白出場が不可能かと思われたが、なんとか体調を取り戻し見事にステージで踊りきった(また翌年は石橋が体調不良を起こしたが、この際もなんとかステージで踊りきった)。

赤玉事件

「夜空を待ちながら」発売の際、オリコン1位にならなかった場合は、その順位によってメンバーが脱退になると発表。そして結果は6位だったため二人のメンバー脱退が決定。

脱退となるのは赤玉を引いた人という抽選の結果、メインボーカルのテルとカンだったために野猿に激震が走る。石橋はそこでもボーカルだからといって免除にすることなく二人の脱退が決定。視聴者からは、「SMAPで言えば中居君木村君が抜けるようなものです」といった抗議が殺到した。

しかし、最終的に次のシングルで参加することになっていたCAが「二人が復帰しなければ歌わない」と条件を出して復帰。1ヶ月にも及んだ野猿の危機はここで終結した。

解散ファン自殺事件

2001年5月15日、福岡から野猿の解散コンサートを見るために上京した女子高生2人が、港区海岸のマンションから投身自殺する事件が起きた。2人は「野猿が解散するならどうなってもいい」などと、解散を悲観するような言葉を友人に漏らしていたという。しかしそれが直接の原因だったかはさだかではない。

主な出演歴[編集]

ユニット名の由来[編集]

  • 野猿街道にあるラブホテルホテル野猿」(とんねるずのオールナイトニッポン時代に石橋が「すごい名前のホテルの看板(当初「のざる」と誤読)を見た」とその強烈なネーミングに感心していた)
    • ホテル野猿では野猿のCDやファンクラブ「大道具通路」の会員カードやを持参すると割引サービスがあった。(CDデビューから一ヶ月限定)
  • FIFAワールドカップ予選で日本初出場を決めるゴールを挙げた岡野雅行のニックネーム「野人」より由来(「岡野は野人だから、君たちは野猿」と石橋が名づけた)。しかしこれは他の番組に出演する為に後から付けられたものである。

メンバー[編集]

ボーカルチーム[編集]

石橋貴明(いしばし たかあき / とんねるず
愛称:タカ
野猿の設立者であり総監督。
木梨憲武(きなし のりたけ / とんねるず)
愛称:ノリ
野猿のムードメーカー。
平山晃哉(ひらやま てるちか 1965年11月4日 - 、アクリル装飾 / ナカムラ綜美所属)
愛称:テルリン(後に平山ちゃん)、勘違い1号、赤玉ブラザース(兄)
必殺技:テープ貼り(どこにでもなんにでも貼れる)、午前4時過ぎ「エロチカ」に変身、実は涙もろい
北海道虻田郡虻田町(現・洞爺湖町)出身でマリモを愛する。その歌唱力はプロ以上とも言われている(ゴッキー曰くGI馬)。唯一ソロ曲を持っているメンバー(アルバム「STAFF ROLL」に収録)。野猿人気投票ではトップ3以下になったことはない。野猿の活動での実績が認められ、洞爺湖の観光親善大使に抜擢された。スノーボード2級の腕前。ギターを弾きながら神波と一緒にボーカルの練習をするシーンが映される事もあった。
神波憲人(かんなみ のりひと 1971年5月8日 - 、衣装 / 東京衣装所属(当時)) 
愛称:カンちゃん、勘違い2号、赤玉ブラザース(弟)
必殺技:メジャー縛り、泣き上戸、ゲラ
新潟県上越市出身。DNAレベルで一族がみな同じ顔。甘いルックスと笑顔で女性ファンの人気の的。矢沢永吉の大ファンで、自身の野猿での大躍進を矢沢の著書「成り上がり」と照らし合わせていた。撤収ツアー初日に腰をいためるが、リハビリをしながら完全撤収まで完走をした。現在は独立し自身の"E'dge"を立ち上げデザイナー・スタイリストとして活動中。趣味でバンドを結成。2013年5月に結婚を報告(ちなみに野猿活動中では彼女イナイ暦=年齢)。

ダンサーチーム[編集]

成井一浩(なるい かずひろ 1970年5月10日 - 、大道具 / 東宝舞台所属)
愛称:ナルナル
必殺技:ナグリ(トンカチ)で自分の指を叩く(よく爪もはがす)
2ndシングルまでボーカルチーム。3rdシングルよりダンサーチームへ移行(「SNOW BLIND」リリース時に開催された野猿ドラフトではヴォーカルチームとして紹介されている)。ボーカル時代もテルリンとカンちゃんに比べれば、ソロパートが少なめだった。大食い。野猿としての活動以前に番組内でプロポーズ大作戦のフィーリングカップル5vs5のパロディで「成井フィーリングカップル1vs50」と題して彼女を募集していたこともあり、視聴率20%を叩き出した。これらのことから、野猿デビュー前ではメンバー1人気者であった(秋元康曰くスター性がある)。非常に奥手な性格で27歳まで恋人がいなかった。メンバーで唯一酒が全く飲めない。撤収ツアーはリハーサル中の体調不良を訴え、診断結果「肺気胸」となりツアー出場を断念。通院の結果「完全撤収」に間に合った。
飯塚生臣(いいづか いくおみ 1972年1月3日 - 、 / 特殊効果 / 東京特殊効果所属※)
愛称:ジェリー
必殺技:おならファイアー キャバクラ王
デビュー前ボーカルオーディションでボーカルに選ばれたものの、レコーディング前にはずされてしまう。(ゴッキー曰くポニー)ダンスの実力は野猿内でも1、2を争う。実家は埼玉県川口市内で電器屋を営む。愛称の由来は「ジェリー藤尾に似ているから」。撤収後、自転車でトラックと正面衝突する事故で野猿当時の記憶をすべて失くしてしまったが、2009年4月9日の放送中でダンスを踊った際には、「こんなようなことを、やっていた気がする」と言って、少しではあるが思い出していた。
大原隆(おおはら たかし 1974年3月5日 - 、 / 大道具 / 東宝舞台所属)
愛称:バカ
必殺技:AV男優と一緒に○○できる
「バカ」の愛称が表す通りのキャラクターで、パスポートを「旅のしおり」と呼ぶなど、数々の伝説を残す。メンバー最年少だが、ダンサーチームでも実力があったため、ある時期までリーダー格だった(ただの「リーダー」ではなく「パシリーダー」だった、という話もあり)。2007年、担当番組「アイドリング!!!」の企画「スタッフ飲み!!!」(小ジョッキの水を連続で飲むことが出来る数を競う)に登場し15杯という記録で優勝した。
網野高久(あみの たかひさ 1966年2月3日 - 、 / 持道具 / 京阪商会所属)
愛称:シュウ
必殺技:酔拳(酔えば酔うほど強くなる) 説教上戸(石橋貴明に説教したことも有)
野猿総選挙で浅野と交替したため、9thシングル「太陽の化石」には不参加。浅野脱退後復帰。常にマイペースで表情が読みにくいせいか、石橋には「やる気がない」と言われたり、プロモーションビデオの撮影中に石橋が体調不良を起こした際には「毒盛り」の嫌疑をかけられた事がある。愛称の由来は「周富徳に似ているから」。
星野教昭(ほしの みちあき 1963年10月18日 - 、 / ロケ車両ドライバー/(有)ホッシー代表※)
愛称:ホッシー、鴨川のミックン
必殺技:女口説き 扇風機の回っている羽根を舌で止める
「CHASER」(「SNOW BLIND」C/W曲)などでボーカルも担当している。昔はかなりの不良で「鴨川ではシャチより有名」だったが、見かけによらず好きなものはプリン
半田一道(はんだ かずみち 1963年11月27日 - 、 / スチール / ダイアカラー所属)
愛称:ゴテ
必殺技:パンチラの瞬間を逃さない反射神経
スキンヘッドにならなければ野猿の存続が危ぶまれるという事件を起こす。当初は勤務先の方針を理由に拒んでいたが、野猿のためにバッサリ剃った。また、1999年の紅白歌合戦から1年間髪を「ト」の形に剃り残したまま過ごす(2000年の紅白歌合戦終了後、断髪)。愛称の由来は「はんだごて」。番組内でのスチル撮影の他『笑っていいとも!』のテレホンショッキング時に画面左側にある日付ボードの出演者写真の撮影を担当している。
高久誠司(たかく せいじ 1967年8月27日 - 、カメラクレーン / 明光セレクト所属)
愛称:タカク
必殺技:酔ったふり
野猿結成以前から度々番組内のコントに出演していた。無類の酒好きで、そのせいで問題を起こした事も。半田をライバル視しており、4thシングル「Be Cool!」のプロモーションビデオの撮影本番中にどちらが目立つかで争いになり(取っ組み合いをするシーンがそのままPVに採用されている)、番組内で本気の闘いの場を設けられたこともある。その後、半田とは大親友になった。成井と同じく野猿活動以前では彼女を募集していた。現在は一児の父親。

※はユニット「アニマルズ」メンバー

一時加入[編集]

荒井千佳(あらいちか / 音声 / ニユーテレス所属)
愛称:CA
素人ながら高い歌唱力は持っているものの、本人は歌手活動に対する興味・憧れが全く無く、石橋の説得と平山・神波が復帰することを条件に1枚のシングルと1枚のアルバムに参加。2000年の武道館ライブで卒業。
ドラマ「お見合い結婚」に平山、高久と共にワンシーンのみ出演。
2004年2月に吉本興業社員で当時ナインティナインのマネージャーであった坪倉大輔と結婚。
浅野吉朗(あさのよしろう / 放送作家
愛称:ヨシロウッチ
「自ら野猿に加入することで野猿の幅が広がる」と石橋に豪語し、野猿総選挙にて松村匠に勝利。また、人気投票及び番組内テレゴングの結果網野が離脱。『太陽の化石』よりダンサー正式加入。その後「star」のプロモ初公開時までメンバーでいるもののゴッキー曰くいまいち戦力にならないとし脱退させられ、網野が自分の意思で復帰した。
元「とんねるずのオ-ルナイトニッポン」のハガキ職人
小林紗貴(こばやしさき / 女猿
愛称:Saki
野猿のフロントボーカル4人にフィーチャリングボーカルとして"女猿"から参加する。
撤収ライヴでは『First impression』を歌う。

元メンバー[編集]

結成時及び1stシングル『Get down』当時のメンバー。

神原孝(かんばらたかし / ディレクター(当時) / フジテレビ音組所属
愛称:カンバラ
おかげでした』内の『Get down』のスタジオライブで集まった、野猿ファンクラブ350人による第一回人気投票で最下位になり、「ほんとのうたばん」内での最下位発表後卒業。  
太田一矢(おおたかずや、1965年11月11日 - 、173cm / ディレクター/ フジテレビ所属(当時))
愛称:ヤン
第一回人気投票後の視聴者による第二回人気投票で最下位となり、2ndシングル「叫び」の踊りの振り付けを覚えたにもかかわらず、PV録りで海外へ行く飛行機搭乗直前の成田国際空港で卒業。残留メンバーが海外に行く中で、空港内での控え室で取り残されるハメに。卒業後もスペシャル企画「アメリカちょっとだけ横切りウルトラクイズ」や、「ほんとのうたばん」(宇多田ヒカルのパロディ等)に出演。野猿のCDやDVDにディレクターとして参加していた。

サポート[編集]

メンバー入れ替えを提案し、抽選にて平山・神波が抜けると、本人が新メンバーと豪語して参加。しかしダンスの練習にてついていけず謝ると、木梨に激怒され抜ける。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. Get down(1998年4月29日)
  2. 叫び(1998年9月17日)
  3. SNOW BLIND(1998年12月16日)
  4. Be cool!(1999年2月24日)
  5. Selfish(1999年8月4日)
  6. 夜空を待ちながら(1999年11月10日)
  7. First impression(野猿 feat. CA)(2000年2月2日)
  8. Chicken guys(2000年5月31日)
  9. 太陽の化石(2000年10月12日)
  10. star(yaen front 4 men feat.saki)(2001年1月24日)
  11. Fish Fight!(2001年2月28日)

アルバム[編集]

  1. STAFF ROLL(1999年3月10日)
  2. evolution(2000年3月1日)
  3. 撤収(2001年3月14日) - ベストアルバム+新曲5曲

ビデオ・DVD[編集]

  1. YAEN CONCERT IN YOKOHAMA ARENA 1999(1999年7月7日・ビデオのみ)
  2. YAEN 2000GTR Budokan Limited Inter Cooler Daihappyokai(2000年7月19日)
  3. 野猿のビデオクリップと歴史 ザ・グレイテスト・ヒッツ(2001年5月3日)
  4. 完全撤収 四時間伝説(2001年7月25日)

関連本[編集]

  • 野猿の本(扶桑社刊、1998年発売)

コンサート[編集]

1999年

  • 3月25日 野猿コンサート in 横浜アリーナ神奈川県横浜アリーナ)
  • 野外コンサートツアー
    1. 8月15日 MID SUMMER YAEN THE GIG (青森県森田村円形劇場)
    2. 8月20日 関ヶ原Live Wars '99 (岐阜県関ヶ原メナードランド 野外スケートリンク)
    3. 8月21日 MUSIC CAMP '99 in IOX-ARORA (富山県IOX-AROSAスキー場)
    4. 8月28日 九州初見参!野猿 海の中道スーパーライブ (福岡県海の中道海浜公園 野外特設会場)

2000年

  • 3月15~17日 野猿 2000GTR 武道館リミテッドインタークーラー付大発表会東京都武道館)
  • 明治生命ライフアカウントL.A.プレゼンツ 『夏の集会』
    1. 7月22日 山梨県富士急ハイランドコニファーフォレスト
    2. 7月29日 岐阜県花フェスタ記念公園野球場
    3. 8月05日 宮崎県シーガイアイベントスクエア
    4. 8月11日 新潟県新潟東港内野外特設会場
    5. 8月13日 宮城県スポーツランド菅生SP広場
    6. 8月19日 兵庫県姫路城三の丸広場特設ステージ
  • 10月09日 感動市場2000 北海道有珠昭和新山会場

2001年

  • 明治生命ライフアカウントL.A.プレゼンツ 野猿コンサート『撤収』
    1. 4月06日 国立代々木競技場第一体育館
    2. 4月07日 国立代々木競技場第一体育館
    3. 4月08日 国立代々木競技場第一体育館
    4. 5月02日 大阪城ホール
    5. 5月03日 大阪城ホール
    6. 5月05日 名古屋レインボーホール
    7. 5月06日 名古屋レインボーホール
  • 明治生命ライフアカウントL.A.プレゼンツ 野猿コンサート『完全撤収』
    1. 5月12日 国立代々木競技場第一体育館
    2. 5月13日 国立代々木競技場第一体育館
  • イベント(1998年東京都六本木のヴェルファーレで行われたオリコンイベントに出演している。)

出演した番組[編集]

音楽番組[編集]

ラジオ[編集]

関連項目[編集]

番組のディレクター陣によるユニット「ひょうきんディレクターズ」としてレコード『ひょうきんパラダイス』をリリースした。
同時期に活躍していたテレビ番組から生まれた多人数グループ。うたばんにて対決企画を行ったり、女猿がモーニング娘を参考にして結成されるなど、野猿とは縁が多い。
元メンバーのひとりである神原孝がプロデュースする番組「クイズ!ヘキサゴンII」から誕生した男性ユニット。音楽活動休止を野猿同様「撤収」と表現した。
野猿のプロデューサーのひとりである秋元康がプロデュースするアイドルグループ。総選挙行うなど共通している部分がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]