硝子の少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硝子の少年
KinKi Kidsシングル
収録アルバム B album
リリース 1997年7月21日
2007年12月26日 (再発)
規格 シングル
ジャンル J-POP
時間 9分22秒
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
作詞・作曲 作詞:松本隆 作曲:山下達郎
プロデュース 藤島メリー泰子
山下達郎
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(3週連続、オリコン
  • 1997年度年間2位(オリコン)
KinKi Kids シングル 年表
硝子の少年
1997年
愛されるより 愛したい
1997年
テンプレートを表示

硝子の少年」(ガラスのしょうねん)は、KinKi Kidsデビュー曲。1997年7月21日に発売。発売元はジャニーズ・エンタテイメント

制作[編集]

この楽曲を制作する際、作詞者の松本隆と作曲者の山下達郎には、ジャニー喜多川らからオリコンチャートでの初登場1位とミリオンセールスが必要最低条件として課されていたため、山下は「この楽曲を製作する時は、かなりのプレッシャーだった」と語っている。作曲にはかなりの困難を極めたが、今までのジャニーズの楽曲の流れを踏まえて「今、筒美京平だったら、どういう曲を書くのか?」という視点で製作。完成後、関係者に聞かせた際、「古臭い」、「踊れない」等の批判を浴びる中、「ジャニーズの歴史を踏まえてイメージした楽曲でもあり、二人に合った曲はこれしかない!」と断言。デビューシングルの楽曲として選ばれた。

販促用のパンフレットには「フォーリーブスを生きたママたちと、今まさにKinKiを生きる娘たちとが、時を越えてつながる何かを表現できたらと思い、この曲を作りました」とのコメントを寄せている。

松本隆は、この曲のタイトルがなかなか決まらず、一晩悩んでいた時にふとテレビをつけた際、偶然KinKi Kidsの二人がテレビに映り、その姿を見て「壊れやすそうだけど、したたかそうだな」とひらめき、そのひらめきをもとに2 - 3時間で書き上げたという[1]

チャート成績[編集]

オリコン調べで初登場1位、シングルチャート100位以内には31週間ランクインとなった。ジャニーズ・エンタテイメント発表によると、出荷枚数は現在265万枚になるという。

また当時のCDシングル市場では低価格の500円で販売され、初回プレス分は「硝子の少年」と『A album』が卓上カレンダーと一緒にセット販売された。このセット販売の発案者は、小杉理宇造。初回プレス数は100万枚製作され完売した。その結果『A album』もおよそ100万枚を売り上げ、オリコンチャートで同一週のシングル・アルバムどちらも全く同じ売り上げ枚数となった。

カバー[編集]

2012年9月26日に発売された山下達郎のベストアルバム『OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜』の初回限定ボーナスディスクには、山下によるセルフカバー版が収録されている。

収録曲[編集]

  1. 硝子の少年 (作詞:松本隆 作曲・編曲:山下達郎
  2. 硝子の少年 (Instrumental) (作曲・編曲:山下達郎)

出版者:ジャニーズ出版

クレジット[編集]

  • Arrange,Background Vocal,Keyboards,Electric Guitar: 山下達郎
  • Programmer: 橋本茂昭
  • Electric Guitar: 佐橋佳幸
  • Keyboards,Acoustic Piano: 難波弘之

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHK 音楽のチカラ 2010年5月27日放送分[要高次出典]