F album

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
F album
KinKi Kidsスタジオ・アルバム
リリース 2002年12月26日
ジャンル J-POP
時間 59分47秒
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
プロデュース KinKi Kids
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2003年度年間29位(オリコン)
ゴールド等認定
KinKi Kids 年表
E album
2001年
F album
2002年
G album -24/7-
2003年
F album 収録の シングル
  1. Hey! みんな元気かい?
    リリース:2001年11月14日
  2. カナシミ ブルー
    リリース:2002年5月2日
  3. solitude 〜真実のサヨナラ〜
    リリース:2002年10月23日
テンプレートを表示

F album』(エフ・アルバム)は、KinKi Kidsの6枚目のアルバム2002年12月26日発売。発売元はジャニーズ・エンタテイメント

解説[編集]

およそ1年5ヶ月ぶりにもなる6枚目のオリジナルアルバム。

本作はデビューから続いていたオリコン週間アルバムチャートでの連続1位獲得記録が途切れた作品である。2012年現在もKinKi Kidsのアルバムとしては唯一オリコンチャートで1位になっていない作品である。

2人のソロ曲は従来通り1曲ずつだが、それぞれが製作した曲を2人で歌ったものが収録された。これは初めての試みである。光一自作曲のソロ、剛自作曲のソロ、そしてそれぞれの自作曲を2人で歌ったもの、そしてそれぞれが作詞・作曲を共作した「愛のかたまり」である。この楽曲はシングル「Hey! みんな元気かい?」c/wに収録されていたものの別テイクであり、曲自体は新曲ではない。

シングルでは「Hey! みんな元気かい?」から行われていた初回盤・通常盤の発売が、アルバムとしては初めて行われた。初回盤と通常盤はジャケット違い。収録曲の相違はない。

収録曲[編集]

※シングル曲の解説は各シングルのページを参照のこと。

  1. ルーレットタウンの夏
    (作詞:谷中敦 作曲・編曲:清水昭男)
    歌詞の内容はタイトル通り、メリーゴーランドにストーリー性を付けたもの。
  2. solitude 〜真実のサヨナラ〜 (New Edit)
    (作詞・作曲:K.Dino 編曲:ha-j)
    15thシングル。これまでの作品同様、シングルとは別バージョンになっている。これまでのアルバムバージョンの曲は細かなアレンジのみだったが、本作はフェードアウトだった部分を録り直しで演奏が終了する形に変更している。光一の曲を2人で歌ったパターン。
  3. ライバル
    (作詞・作曲・編曲:オオヤギヒロオ)
  4. 冬のペンギン
    (作詞・作曲:樋口了一 編曲:林部直樹)
    1番を剛、2番を光一、最後は2人で歌っている。このパート分けは次作『G album -24/7-』の「世界中のみんなで・・・」でも行われている。
  5. WINTER KILL
    (作詞・作曲:堂本剛 編曲:林部直樹 / 石塚知生)
    剛ソロ曲。
  6. ハルカナウタ
    (作詞:伊勢華子 作曲:谷中たかし 編曲:吉岡たく)
    エレクトリックギターを基調としている。
  7. ひらひら
    (作詞・作曲:堂本剛 編曲:ha-j & 吉岡たく)
    ブラスが基調になっている。こちらは剛の曲を2人で歌ったものになっている。
  8. 月夜ノ物語
    (作詞・作曲:堂本光一 編曲:ha-j & 吉岡たく)
    光一ソロ曲。光一の出演している舞台「SHOCK」でも歌われた。
  9. 愛のかたまり (Acoustic Version)
    (作詞:堂本剛 作曲:堂本光一 編曲:白井良明)
    13thシングル「Hey! みんな元気かい?」c/wであるが、タイトルにアコースティックバージョンとあるように、単なるアレンジではなく完全なる別テイクによるバージョンである。2人のボーカルテイクはもちろんのこと、テンポや間奏までもアレンジされ、アコースティックな雰囲気が色濃く出ている。作詞を剛、作曲を光一が担当した。製作者の2人も演奏に参加している。
  10. Hey! みんな元気かい?
    (作詞・作曲:YO-KING 編曲:F.L.P.)
    13thシングル。
  11. テノヒラ
    (作詞:浅田信一 作曲:オオヤギヒロオ 編曲:CHOKKAKU)
  12. カナシミ ブルー (New Mix)
    (作詞・作曲:堂島孝平 編曲:CHOKKAKU)
    14thシングル。本作ではアルバムバージョンとして収録されている。


出版者 2:日本テレビ音楽株式会社、10:日音&ジャニーズ出版、その他全曲:ジャニーズ出版