愛国行進曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

愛国行進曲(あいこくこうしんきょく)は、戦前に広く歌われた国民的愛唱歌である。

作曲[編集]

愛国行進曲(ポリドール)
愛国行進曲(キング)
愛国行進曲(コロムビアレコード歌詞カード)

1937年(昭和12年)8月に閣議決定された国民精神総動員の方針のもと、「国民が永遠に愛唱すべき国民歌」として同年に組織された内閣情報部(のちの情報局)によって歌詞が公募され「美しき明るく勇ましき行進曲風のもの」「内容は日本の真の姿を讃え帝国永遠の生命と理想とを象徴し国民精神作興に資するに足るもの」などの規定が設けられた。国民歌謡で放送。

応募は57,578点にのぼり、その中から鳥取県境町で印刷業を営んでいた森川幸雄の歌詞が選ばれた。任命された審査員は、乗杉嘉寿片岡直道穂積重遠佐佐木信綱河合酔茗北原白秋および島崎藤村の7名であった。ただし審査員によって補作が行われ、ほとんど原詞は変えられている。審査員の北原白秋佐佐木信綱は補作のやり方をめぐって対立し、生涯和解しなかった。また、その歌詞に対する曲の応募も10,000点を超え(一書に9,555点)、こちらは「軍艦行進曲」の作曲でも有名な元海軍軍楽隊長の瀬戸口藤吉の曲が選ばれた。任命された審査員は、岡田国一内藤清五橋本国彦信時潔山田耕筰小松耕輔堀内敬三および近衛秀麿の8名であった。

同年12月24日、首相官邸で内閣情報部内発表会として初めて公の場で演奏され、2日後の26日に日比谷公会堂で一般聴衆に発表された。

なお、2位に当選したのは「若しも月給が上がったら」の平岡照章の曲で、3位は一般人の山中しづえであった。

曲想はあくまで明るく勇壮であり、「見よ東海の空明けて」の歌い出しに始まり、八紘一宇皇国などのスローガンも織り込まれた歌詞はまさしく時代の高揚した精神を物語るものである。

影響[編集]

内閣情報部はこの曲の著作権をフリーとしたためレコード各社が競って録音し、1937年12月に一斉に発表された。日本コロムビアだけでも5種類の録音があったとされ、累計売り上げは100万枚を超えるという。その他、ビクターやキング、ポリドール、テイチク、タイヘイレコードと有名各社でもレコードが制作されたが、下記に記入した有名歌手の吹き込み以外にも、歌い方指導や軍楽隊、合唱団のみの吹き込みも存在し、その数は20種類以上にも及ぶ。

当時の評価は賛否両論あり、近衛秀麿が「ああいう選者の顔ぶれでああいう募集方法で絶対といっていい位、詩と曲とが本当に融合した国民が永遠に歌い得る『国民行進曲』などは出来るはずはない」(東京朝日新聞1937年10月22日)と述べたほど、一般募集の方法に批判的な意見が相次いだ。特に詩は時代に合わない表面的なものだけと厳しい意見が多かったが、瀬戸口の曲には「あれに追随するものはない」(橋本国彦)というような高い評価が与えられた。

1937年日中戦争(日華事変)が勃発したが、当時の軍人送迎などには、『赤い夕日』『陸軍の歌』などもっぱら日清日露の軍歌が歌われていた。新たに作曲された軍歌もあったが、古関裕而の『露営の歌』など少数をのぞけば、国民のこころをとらえる曲は少ないと見なされたのである。

支那事変太平洋戦争でアジア各地を占領した日本軍はこの歌を広めた。そのため戦後40年ほどまでは日本を代表する曲だと思っていた外国人が多かった。作家の阿川弘之は1966年山本五十六の搭乗機の残骸を探しにブーゲンビル島に行った際ガイドの住民が「ミヨトウカイノ」と歌っていたことを『私のソロモン紀行』に記述している。パラオでは『パラオの夜明け』という替え歌になっている。また、インドネシアの独立記念行事では独立戦争の関係者達によって歌われ、1994年に日本の報道機関によって取材されている。

また、歌詞を「見よ東條禿頭」または「見よ東京の関東焚(カントダキ)=関東煮、おでん」などに変えたパロディも密かに流行したという。

戦時中の愛唱歌で、山田耕筰作曲の『なんだ空襲』や、『進め一億火の玉だ』の間奏部には、本曲の一部が流用されている。

1938年2月16日に内閣情報部が創刊した『写真週報』の創刊号表紙には、『愛国行進曲』の楽譜を持って合唱する子ども達が写されている。

映画「釣りバカ日誌」(松竹)の中に登場する鈴木建設の社歌は、この曲の前半部分のメロディをモチーフにしている。

歌詞[編集]

1番

見よ(みよ) 東海(とうかい)の空(そら)明(あ)けて
旭日(きょくじつ)高く(たかく)輝けば(かがやけば)
天地(てんち)の正気(せいき) 潑溂(はつらつ)と
希望(きぼう)は踊る(おどる)大八洲(おおやしま)
おお晴朗(せいろう)の朝雲(あさぐも)に
聳(そび)ゆる富士(ふじ)の姿(すがた)こそ
金甌(きんおう)無欠(むけつ)揺るぎなき
わが日本(にっぽん)の誇りなれ

2番

起て(たて) 一系(いっけい)の大君(おおきみ)を
光(ひかり)と永久(とわ)に頂き(いただき)て
臣民(しんみん)我等(われら)皆(みな)共(とも)に
御稜威(みいつ)に副(そ)はむ大使命(だいしめい)
往け(いけ) 八紘(はっこう)を宇(いえ)となし
四海(しかい)の人(ひと)を導きて(みちびきて)
正しき(ただしき)平和(へいわ)打ち立てむ(うちたてん)
理想(りそう)は花(はな)と咲き(さき)薫(かお)る

3番

今(いま)幾度(いくたび)か我(わ)が上(うえ)に
試練(しれん)の嵐(あらし) 哮(たけ)るとも
断乎(だんこ)と守れ(まもれ)その正義(せいぎ)
進まむ道(みち)は一つのみ
嗚呼(ああ) 悠遠(ゆうえん)の神代(かみよ)より
轟く(とどろく)歩調(ほちょう)受け継ぎて(うけつぎて)
大行進(だいこうしん)の行く(ゆく)彼方(かなた)
皇国(こうこく)常(つね)に栄え(さかえ)あれ

愛国行進曲

英語歌詞[編集]

AIKOKU KOSHIN KYOKU
“Patriotic March”
Lo ! above the eastern sea
  Clearly dawns the sky ;
Glorious and bright the sun
  Rideth up on high.
Spirit pure of heaven and earth
  Fills the hearts of all,
Hope abounding springs--O sweet
  Isles Imperial.

    Yonder where the clouds of morn
      Shed a radiant glow,
    Fuji Mountain, Nippon's pride,
      Rears its crown of snow.
    Fair of form without a blot
      Nobly doth it stand,
    And unshakable--a ture
      Symbol of our land.

He who reigns above in power
  And in virtue dight,
Sovereign of unbroken line,
  Is our changeless light.
We will follow--one and all
  Loyal subjects, we--
Follow Him aright: fulfil
  Our great destiny !

    Onward, east, west, north and south.
      Over land and main !
    Let us make the world our home,
      Call to fellow-men
    Everywhere on the four seas,
      Let us build the tower
    of just peace--let our ideal
      Bloom forth like a flower !

Though again and yet again
  Trials we may meet,
Over us may tempests roar,
  Storms upon us beat,
Resolute in heart and mind
  Justice we defend.
But one road we know to gain
  Triumph in the end.

    Hark ! far from the hallowed past
      Of the Age Divine
    Sounds our fathers' measured tread.
      O come fall in line !
    As we, sons and daughters, march,
      Shines our path before.
    Glory be unto our land
      Ever, evermore !

吹き込み歌手[編集]