G album -24/7-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
G album -24/7-
KinKi Kidsスタジオ・アルバム
リリース 2003年10月22日
ジャンル J-POP
時間 63分36秒
レーベル ジャニーズ・エンタテイメント
プロデュース KinKi Kids
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2003年度年間43位(オリコン)
ゴールド等認定
KinKi Kids 年表
F album
(2002年)
G album -24/7-
(2003年)
KinKi Single Selection II
(2004年)
G album -24/7- 収録の シングル
  1. 永遠のBLOODS
    リリース:2003年4月9日
  2. 心に夢を君には愛を/ギラ☆ギラ
    リリース:2003年6月18日
  3. 薄荷キャンディー
    リリース:2003年8月23日
テンプレートを表示

G album -24/7-』(ジー・アルバム トゥエンティー・フォー・セヴン)は、KinKi Kidsの7thアルバム2003年10月22日発売。発売元はジャニーズ・エンタテイメント

解説[編集]

2001年以来2年ぶりに、更に5ヶ月という短期間で計3枚のシングルをリリースし、精力的に活動した2003年を締め括る約10か月ぶり通算7枚目のアルバム。

これまで、デビューアルバム『A album』のAからアルファベットをタイトルの冠にしてきたが、本作は初めて別にサブタイトルが付けられた。このサブタイトル『24/7』には、24Hours(24時間), 7Days(7日間=1週間)で“いつも、いつまでも”という意味や、24という本作発売当時の2人の年齢、7は本作が7枚目のオリジナルアルバムということが掛け合わされている。収録曲の歌詞中にも、24と7という数字が登場し、ある種本作の1つのコンセプトともなっている。このサブタイトルを用いて、KinKi Kidsが視力検査のパロディーを演じたコント仕立てのCMも製作されている。

こういったユーモアのあるCMのほか、本作では初めて2人のソロ曲が2曲収録されており、それぞれ自作曲と提供曲が1曲ずつ収録されている。徐々に自作曲が収録される傾向も強くなり、前年には2人がそれぞれソロ活動を行っていたこともあった。

しかし、この後グループとしてのCDリリースの間隔が極端に長くなり、2004年ベストアルバムKinKi Single Selection II』がリリースされたこともあり、遂にデビュー以来初めてオリジナルアルバムのリリースが途切れる。そのため、次作『H album -H・A・N・D-』まで約2年近く待つこととなる。

初回盤“BLACK”仕様は、豪華ブックレット付き。通常盤“WHITE”は通常盤仕様のブックレットのほか、メンバーによるライナーノーツ付きという初めての試みがされている。また、この2つの盤は単なるジャケットの色違いだけでなく、通常盤には初回盤と異なり、ジャケットにはKinKi Kidsが写っていないという違いもある。シングルとは違い、内容の相違はない。

同年リリースしたシングル3枚のA面を全て収録しているが、「永遠のBLOODS」はバージョン違いであり、両A面シングル「心に夢を君には愛を/ギラ☆ギラ」は「心に夢を君には愛を」のみの収録になっている。

収録曲[編集]

※シングル曲の解説は各シングルのページを参照のこと。

  1. Bonnie Butterfly
    (作詞・作曲:井手コウジ 編曲:米光亮 / 井手コウジ)
    いきなり英語詞から入るアダルトなナンバー。ラップパート、メロディーコーラスなどを交互に歌い分けている。
  2. 永遠のBLOODS (G-mix)
    (作詞:浅田信一 作曲:堂島孝平 編曲:ha-j ストリングスアレンジ:村山達哉)
    コカ・コーラCMソングのタイアップが付いた16thシングル。G-mixとあるように、重低音が強調されたアレンジがされ、シングルとはバージョン違いになっている。
  3. Destination
    (作詞・作曲:Gajin 編曲:DANCE☆MAN ブラスアレンジ:川松久芳)
    編曲にダンス☆マンを迎えたディスコ風ナンバー。全編にブラスが使われている。
  4. 世界中のみんなで…。
    (作詞・作曲:周水 編曲:Fredrik Hult, Ola Larsson コーラスアレンジ:知野芳彦)
    反戦歌と取れる平和やその裏にある悲しみをテーマにした楽曲。1番を剛、2番を光一、ラストのサビを2人で歌うというパート構成になっている。最後のサビは剛が主唱、光一が所謂ハモリのパートに徹している。
  5. 黒い朝・白い夜
    (作詞・作曲:堂島孝平 編曲:知野芳彦)
    剛ソロ曲。作詞曲には携わっていない。エレクトリックギターを基調としたハードな楽曲。
  6. 消えない悲しみ 消せない記憶
    (作詞・作曲:堂本光一 編曲:佐藤泰将)
    光一ソロ曲。全編ピアノストリングスで構成された楽曲。
  7. 薄荷キャンディー
    (作詞:松本隆 作曲・編曲:Fredrik Hult, Ola Larsson, Öystein Grindheim, Henning Harturng コーラスアレンジ:三谷泰弘)
    ロングヒットになった18thシングル。シングルでは久々となったスローテンポなバラード。
  8. Another Christmas
    (作詞:久保田洋司 作曲:Larry Forsberg / Sven-Inge Sjoberg / Lennart Wasttesson)
    タイトル通りクリスマスをテーマにしたラブソング。今までのクリスマスをテーマにした楽曲とは違う雰囲気、ということを意識して作られた。
  9. Virtual Reality
    (作詞:double S 作曲・編曲:松本良喜)
    光一ソロ曲。作詞曲には携わっていない。この頃から光一への提供曲はどれも英語詞が多いものになっている。
  10. ORANGE
    (作詞・作曲:堂本剛 編曲:吉田建 ストリングスアレンジ:斎藤ネコ)
    剛ソロ曲。
  11. 停電の夜には -On the night of a blackout-
    (作詞:秋元康 作曲:Mats MP Persson / Christer schill)
    停電の夜の恋人達をテーマにした楽曲。
  12. どらごん・ろ~ど
    (作詞:Satomi 作曲・編曲:松本良喜 ストリングスアレンジ:村山達哉)
    ストリングス中心の構成。作詞・作曲・編曲は「心に夢を君には愛を」と同じ組み合わせである。
  13. 心に夢を君には愛を
    (作詞:Satomi 作曲・編曲:松本良喜 ブラスアレンジ:下神竜哉)
    17thシングル。


出版者 7:ジャニーズ出版&REACTIVE SONGS INTERNATIONAL AB(サブ出版者:ジャニーズ出版&日音)、8:REACTIVE SONGS INTERNATIONAL AB(サブ出版者:日音)、その他全曲:ジャニーズ出版