負けないで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
負けないで
ZARDシングル
収録アルバム 揺れる想い
B面 Stray Love
リリース 1993年1月27日
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
レーベル B-Gram RECORDS
作詞・作曲 坂井泉水
織田哲郎
川島だりあ
プロデュース 長戸大幸
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1993年2月度月間1位(オリコン)
  • 1993年度年間6位(オリコン)
  • 登場回数18回(オリコン)
ZARD シングル 年表
IN MY ARMS TONIGHT
1992年
負けないで
1993年
君がいない
(1993年)
テンプレートを表示

負けないで」(まけないで)は、ZARDの楽曲で、6枚目のシングル。CDコードは発売当初のポリドール時代はPODH-1137。B-Gram RECORDSに版権が移ってからはBGDH-1031。

概要[編集]

  • ZARDの知名度と人気を上げた最大のヒット曲である。
  • 坂井泉水は、「当時、何作かずっと恋愛の詞ばかり書いていたので、今度は違うタイプの詞も書きたいなと思っていた矢先でしたので、このテンポ感のある曲を聞いたときに"応援歌っぽいな"ってすぐにイメージが湧いてきて一気に書き上げました。いつものシングルに比べてすごく自分でも楽しみながら書けた一曲です。」[1]と話している。当時のスタッフも、「(発売された)時期的にも団塊ジュニア世代の受験生に向けてというコンセプトでした」[2]と話している。
  • ZARDは本作で、1993年2月5日テレビ朝日系列『ミュージックステーション』に5度目の出演をした。この時は坂井、町田文人、池澤公隆、黒瀬蛙一の布陣で出演した。これがZARDの最後の音楽番組出演となった。そのため、テレビ番組で本曲を歌っている映像はこれのみである。それと同時に町田、池澤も脱退となった。

チャート成績[編集]

  • オリコン初登場時は、とんねるずの「がじゃいも」により1位獲得はならなかったが、2位という当時のZARDにとって最高の初動を記録した。その後もトップ3を維持して、4週目にして1位を獲得。これはZARDのシングルで唯一初登場以外での1位獲得であり、首位は1週のみ獲得[3]
  • さらにこの年は、4thオリジナル・アルバム『揺れる想い』が年間チャート1位を獲得した。また、3rdアルバム『HOLD ME』もトップ10に返り咲き、1stアルバム『Good-bye My Loneliness』、2ndアルバム『もう探さない』もチャート圏外から50位台に再浮上し、年間アーティスト・トータルセールスで1位を獲得した。また、この作品から「世界はきっと未来の中」まで24作連続でトップ3入りしている。

応援ソングとしての「負けないで」[編集]

収録曲[編集]

  1. 負けないで [3:46]
    作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし コーラス参加[8]:大黒摩季栗林誠一郎生沢佑一
    • クライマックス部の「走り抜けて」という歌詞は、当初の「あきらめないで」から変更されている[9]
  2. Stray Love [4:04]
    作詞:坂井泉水 作曲:川島だりあ 編曲:明石昌夫
  3. 負けないで(オリジナルカラオケ)
  4. Stray Love(オリジナルカラオケ)

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

オリジナル
ベスト
ライブ
コンピレーション

「負けないで」のカバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Golden Best 〜15th Anniversary〜』付属、『Golden History 1991〜2006』より(坂井泉水談)
  2. ^ 『Golden Best 〜15th Anniversary〜』付属、『Golden History 1991〜2006』より(プロデューサー談)
  3. ^ ちなみに当時は、「ロード」(THE 虎舞竜)、「時の扉」(WANDS)、「YAH YAH YAH」(CHAGE&ASKA)、「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」(B'z)などの曲と首位獲得を競っていた。
  4. ^ ZARDファンクラブ会報「WEZARD」2005年8月発行号
  5. ^ ORICONアルバイト ZARD「負けないで」、14年経っても輝きは失われない
  6. ^ ZARD:「負けないで」が初のCM曲に NTTドコモ「応援inバンクーバー」編 - 毎日jp(毎日新聞) - 2010年2月9日閲覧
  7. ^ 負けないでプロジェクトとは
  8. ^ 『時間の翼』収録のリミックスに記載。
  9. ^ NHK総合テレビクローズアップ現代』 - 2007年6月18日放送分。
  10. ^ 織田哲郎ロングインタビュー第15回

関連項目[編集]